Skype将棋同好会

トータル 人のご訪問がありました。
本日は 人のご訪問がありました。
昨日は 人のご訪問がありました。
石川さんの写真 柏木さんの写真

さくらさんの写真 点字の付いた駒の写真

全体の写真

■Skype将棋同好会の説明

ご挨拶

皆さんこんにちは、スカイプ将棋同好会です。
私たちは、パソコンの無料電話ソフト「スカイプ」を用いた
視覚障害者による将棋のグループを作っております。
スカイプと言うのは、パソコンを使用している人なら誰でも
無料で使える便利なフリーソフトです。
現在の会員数は全国に70名程おります。
その中には女性会員も数名ほどおられます。
年齢層は20代から90代までと様々です。

■視覚障害者の将棋の指方。

視覚障害者がどのようにして将棋を指すのかと不思議に
思われる方もおられると思いますのでこの機会に
詳しく説明しておきます。
頭の良い人は全て局面をあんきして指されますが一般的には
視覚障害者用の将棋盤と駒を用いて行います。
将棋盤の表面の仕切り線が盛り上がったようになっており手で
触って升目を確認できます。
駒のおしりの部分にはそれぞれに印が付いており手で触って
何の駒か分かるようになっています。
この様な将棋盤と駒を用いて将棋を楽しんでおります。
お互いに駒を動かす際には棋譜を口で言い合うのがルールとなっております。

■本会の目的

本会の目的はただ単に将棋が好きな物同士の友好の場である事と
将棋初心者への指導と普及の場である事にあります。
どなたでも将棋の好きな人であるならば本会への参加は
自由ですが対局の時に指し手の棋譜を口で言ってもらうというルールがあります。
たとえば7六歩とか、3四歩の様にです。
年に何回か開かれる公式戦においては勝ち負けに
こだわることも必要ですが常に会員相互の
親睦を深める場であることを望んでいます。

■本会の組織

本会の組織としては 代表一名・副代表一名・管理人一名
審判員三名・合計六名の役員で運営しています。
役員はスカイプのホスト係・時間係・記譜係等を分担して行います。
このグループに興味を持たれて参加してみたいと言う方がおられましたら是非一度
管理人の以下のメールアドレスまでご連絡ください。

■本会へのお問い合わせ

メールは、こちらからどうぞ!

■日常の様子

毎晩のように午後8時ぐらいから11時ぐらいまで会員が集って
わいわいと将棋を指したり詰将棋を解いたり連将棋
「四人から十人ぐらいまでが二手に分かれてのチーム戦」
一人二手指しをしたりと楽しんでおります。
皆様のお問い合わせお待ちしてますので宜しくお願いいたします。

メーリングリストへのお誘い

以下のメールホームからメーリングリストへ参加できます。
あなたのメールアドレスを入力して参加ボタンを捺して下さい。

Skype将棋同好会」に参加しませんか?
powered by freeml

いろいろなLinkも見てね