手首の考察


下肢に於いて、足首の怪我は小さくても、後々とても重要な事に繋がることを指摘させて頂きました。

実は、上肢も下肢同様構造上同じなのでやはり、手首は同じく重要なポイントとなります。

人の動きは、「手関節」・「肘関節」・「肩関節」と一連の動きなるのは、下肢と同じ説明になります。

手首の動きに、何らかの障害が起きれば、動作に制限が生じるので、

そこの部分を庇う動きを無意識のうちにしてしまうのです。

庇った動きのしわ寄せは、可動域の一番狭い所の関節、つまり「肘」に集まるのは容易に想像出来ます。

テニス肘は、この典型だと考えられます。

これと同様にゴルフで肘を痛めている方も手首は、やはり固く可動域に制限が診られるのです。

また、テニス肩の方は、他の要因がプラスされている様に考えられるのです。

理由の一つに肩鎖関節(肩甲骨と鎖骨の合わさっている所)の歪みで

これは、脊柱の歪みから来るものがほとんどです。

歪の出方は、中心(脊柱)から遠ければ、遠いほど大きく出るものなので、脊柱からの調整が必要となります。

四十肩、五十肩に於いては、脊柱の調整と共に肩鎖関節と手関節の複合的な調整が必要となります。

 

手に於いては、「バネ指」・「ガングリオン」・「腱鞘炎」も手首の調整をしておくと症状は早い段階で改善できます。

また、頚椎の矯正をする時に、首の周りの筋肉が固すぎて矯正できない時があると思いますが、

そんな時は、手首を緩めてからもう一度矯正を試みます。

そうすると、大概すんなりと矯正が完了するはずです。

 

                                                             平成22年12月


もどる