インターネット・アニメーションで体育の学習・なわとび・かえし(かえしとび)

かえしのワンポイントレッスンコーナー(先生やおうちの人と読んで練習しよう!)



○ とばないなわとび「かえし」!これができたらクラスで人気者まちがいなし。実際はなわをとんでいないので、自由なとびかたと組み合わせるとまるでとんでいるように見えるよ!
○ かえしと組み合わせて、「よこふりとび」や「かけあし」とびをやってみよう。かっこいいよ。
○ とばなくてもできるので、つかれたときに呼吸を直しながら練習できます。



○ まず、なわを左にからぶりさせながら、左手の甲をせなかにつけ(前後交差とびのうでの形)なわを上に押し出す。右手は顔の前で「の」の字を書くように回すと、なわは頭の上を通って前に来ます。そうしたら、背中の左手をはずし、両うでをひらきます。これではじめの姿勢にもどりますので、同じ動きを左右逆にやります。そのくりかえしです。
○ はじめはなわを持たないで、うでの動きとリズムを練習します。イメージ的には、お笑いコンビ・ペナルティのワッキーのダンスに似ているので(シバカリーンのほうじゃなくて、ゴリラのような踊りです)いつも子どもといっしょに踊ってから練習します。
○ かえしのすぐれた練習方法については、「なわとびしよう!」のページを参照してください。



参考文献: 誰でもできる楽しいなわとび 榎木繁男・岡野進・和中信男 著 大修館書店
たのしいリズムなわとび 山市 孟 田渕規矩夫 著 不昧堂出版
図説なわとび運動 太田昌秀 著 大修館書店
なわとびしよう!ホームページ  大阪市立茨田小学校 池川佳志
(C)Copyright by Kiyotaka Nakajima
IES