インターネット・アニメーションで体育の学習・平泳ぎ

ワンポイントレッスンコーナー(先生やおうちの人と読んで練習しよう!)



○ 平泳ぎは、呼吸がクロールよりもやりやすいため、クロールの息つぎがうまくいかない子どもでも取り組みやすいという特徴があります。また、長くゆっくり泳ぐのに適した泳法なので、「自分のペースでゆったりと泳ぐ」楽しさを味わうことのできる泳ぎ方です。
○ とはいえ、本格的に指導しようとすると大変むずかしい泳法でもあります。4つの泳法の中でいちばん水の抵抗を受けやすい泳ぎ方なので、手と足のリズムが合わなければ前に進みにくいからです。
○ 手と足は同時に動かしているのではないことを、陸上で練習したり、ビート板を使ったりして体で覚える必要があります。手と足のリズムさえ習得すれば、足のかえしが正確にできていなくても、前に進みます。「あおり足」になっていても、初めはいいのではないでしょうか。徐々に修正していけばいいと思います。

○ 手足のリズムは「手ー・足ー・伸びるー」の順です。この「手ー・足ー・伸びるー」を泳がせながら何度も繰り返して身につけさせることが必要です。また、平泳ぎは4拍子のリズムで、体をしっかり伸ばすことが大切です。「イーチ・ニー・サン・パッ」のリズムで呼吸をさせます。 

参考文献: 基本からしっかり覚える水泳   (監修 アーデルスイミングクラブ 西東社)
水泳教室  (波多野 勲著 大修館書店)
図説 あなたの子どもは30分で泳げる (鈴木 勘三著 黎明書房)
学校体育実技指導資料第4集 水泳指導の手引き  (文部省 大阪書籍)
水泳指導の手引き(大阪市教育委員会)
木原光知子のレッツスイミング(木原光知子著 日東書院)
水泳・水遊び(京都市小学校体育研究会)

   
(C)Copyright by Kiyotaka Nakajima
IES