自転車スポーク発電機T型(改良型)
 
以前自転車のスポークにマグネットを取り付けて発電する方法を紹介しましたが、今回はスポークには一切手を加えずフレーム側のコイルとマグネット1個だけで発電してLEDを点滅させる改良品です。
 
以前のスポークにマグネットを取り付ける方式は、取り付けが面倒だが今回の方式だボルト1本で車体に取り付けられスポークもスッキリします。 ゆっくり走っても十分認識出来、タイヤーと非接触なので走行中の負荷も全く感じません。 

動画
動画を御覧下されば概要がわかります、細かな仕組みは以下の図のとうりです。
 
↑clickしてしばらくお待ち下さい
 
 
負荷が殆どかからないので惰性で回転を持続しています。

 
材料 
トランス : 1台(100V:9V、15VAのトランス)
マグネット : ネオジム13φ1個(ダイソー)
LED : 1個(赤色)VF;1.7〜1.8V       
ショットキーダイオードとコンデンサ :数個
リアレフレクタ(反射板):1個  
作り方
トランスは100v側の一次巻き線を利用する、トランスを解体してE字形とI字形の鉄心に分けE字形のみ利用して片面を開放する。併せて低圧側2次巻き線も取り去る。ネオジムを鉄心中央に置く。だがこれだけでは 起電力が小さく暗くて実用になりませんでした、いろいろ昇圧方法を試行した結果整流回路を工夫すれば発光が可能であることが判明しました。白色ダイオードも点灯します。整流にはショットキーダイオードを使用し電圧降下を0.2v程度に抑える。まだ性能アップの余地がありそうなので詳細は追って報告します。
 
 
 
リアレフレクタ(反射板)の内部に整流回路とLEDを入れ防水する。電圧が発生する原理は電磁誘導によるもので磁石の前をスポークが通過すると磁束が変化して鎖交するコイルに電圧が発生するものです。
世の中にはもっと高性能な特許品が既にあります、これはスポークが通過するとネオジムが回転して鎖交するコイルで発電するもです、明らかに輝度は高いです。
 
 
 
 
 
 

 
MENU(DIY工作に戻る)        HOME