エアバスA380関空に初飛来
 
秋晴れの関空に世界最大の旅客機エアバスA380がやってきました
2007年10月18日世界最大の旅客機がテスト飛行で関西空港に初飛来しました。全長73m総2階建てで高さ24m、翼幅79.8m、標準525席最大800席はボーイング747より長さで3.4m短いが、高さで5m翼幅で12m上回る巨大機です。胴体はずんぐりむっくりで垂直尾翼が際だって高く目立ちます。終日この機の動きを追跡しました。
 
 
 
 
新しく出来たB滑走路に着陸する瞬間(12:21)
 
 
 
 
 
 
タクシーウェイを駐機場(31番スポット)にむかっています
 
  
   見学バスの前を通過中です、バスの大きさと見比べてると大きさが推察出来ます
 
 
 
 
101番スポットに駐機
見ることが出来ない31番スポットから牽引車に引かれて移動してきました
エプロンを一周して駐機しました(15:51)、このあと歓迎式や施設のテストが行われました
 
 
 
夕闇せまる9番スポットへ移動
 
タクシーウェイを自走して駐機場に向かっています、離着陸する飛行機を避けるため時間がかかりました。
17:32に姿を見せてか駐機が完了したのは17:46でこの頃には完全に日が沈んでいました。
 
 
 
 
飛行機の窓の明かりが見え2階建ての様子が鮮明に見えます
9番スポットに駐機完了しました、この位置は展望ホールから一番近い場所で良く見えました。
 
 
HOME         NEXT(ビデオ1へ)    MENU(季節便り)
 
 
 
ビデオ1
「B滑走路に着陸」
 
 
                        ↑クリックしてしばらくお待ち下さい
 
 
 
 
ビデオ2
「101番スポットに駐機」
 
 
                        ↑クリックしてしばらくお待ち下さい
 
 
 
 
ビデオ3
「夕闇せまる9番スポットに駐機」
 
 
                        ↑クリックしてしばらくお待ち下さい
 
 
HOME         戻る(鉄道・航空機)       MENU(季節便り)