「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし 〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

マーラー 「大地の歌」 〜アルト、テノール独唱とオーケストラのための交響曲〜
Mahler: "Das Lied von der Erde"


マーラーの「大地の歌」は、1908年に作曲されています。
「大地の歌」というメインタイトルに続き、「テノールとアルト(またはバリトン)とオーケストラのための交響曲」という副題があり、通常マーラーが9番目に作曲した交響曲として位置づけられています。
6つの楽章で構成され、テノールとアルト(またはバリトン)が交互にソロで歌うもの。
歌詞は、李白等の唐詩に基づき、ドイツの詩人ハンス・ベートゲが翻訳・編集した詩集「中国の笛」から、詩を選んで、作曲したものです。

第1楽章 「大地の哀愁に寄せる酒の歌」 イ短調 3/4拍子 テノール独唱
詩は、李白「悲歌行」に基づくものですが、自由に改変されています。ホルンの斉奏で始まり、ペシミスティックな性格が打ち出されています。最初はト短調、変イ短調、イ調(長調と短調の間を揺れ動く)と半音ずつ上昇して強調されています。

第2楽章 「秋に寂しき者」 ニ短調 3/2拍子 アルト独唱 
詩は、銭起「效古秋夜長」だとされてきましたが、近年は疑問視され、張籍もしくは張継との説があります。

第3楽章 「青春について」 変ロ長調 2/2拍子 テノール独唱
詩は、李白「宴陶家亭子」に基づき、五音音階を用いて東洋的な雰囲気を醸し出しています。

第4楽章 「美について」 ト長調 3/4拍子 アルト独唱
詩は、李白「採蓮曲」に基づき、蓮の花を摘む乙女を描く甘美な部分と、馬を駆ける若者の勇壮な部分があります。

第5楽章 「春に酔える者」 イ長調 4/4拍子 テノール独唱
詩は、李白「春日酔起言志」に基づき、唐詩の内容に最も忠実とされるもの。管弦楽の間奏部分などに五音音階が用いられています。

第6楽章 「告別」 ハ短調 4/4拍子 拡大されたソナタ形式 アルト独唱
詩は、前半部分が孟浩然の「宿業師山房期丁大不至」で、後半部分は、王維の「送別」に基づくもの。マーラーが2つの詩を結合し、自由に改変、追加しています。この楽章だけでも、約30分という、長大な楽章です。

ラトル バーミンガム市交響楽団 1996年
Simon Rattle
City Of Birmingham Symphony Orchestra
テノール:ペーター・ザイフェルト Peter Seiffert
バリトン:トーマス・ハンプソン Thomas Hampson

う〜ん。どうだろ

録音状態は良い。通常、アルトで歌われるところを、バリトンを起用している。
1楽章 「地上の慈悲を詠える酒席の歌」
録音状態も良く、とてもキレがあって、爽やかに歌われている。
一応、老境の心境のような詩がついているのだが、聴いている方にとっては、瑞々しくて、やっぱり若々しいのは、喜ばしいのかもしれない。(笑) 通常、ソロは、テノールとアルトがつとめており、男女で歌われていくのだが、 ラトル盤は、アルトの代わりにバリトンが起用されている。

1 地上の慈悲を詠える酒席の歌
2 秋に独りいて淋しきもの
3 青春にふれて
4 美について
5 春にありて酔えるもの
6 告別

という6曲なのだが、まあ、1曲目の歌詞は、ウィキによると
・・・ なんと美しくあることか、黄金の杯を満たすこのうま酒は、しかし飲むのを待たれよ、まずは歌でも一つ歌おうぞ!
ってなっている。
5曲目の春にありて酔えるものという歌詞は、ウィキによると
・・・ 人生がただ一場の夢ならば 努力や苦労は私にとって何の価値があろうか。それゆえ、私は酒を飲む 酔いつぶれて飲めなくなるまで終日酒に溺れようぞ。なーんていう歌詞なのだ。

お酒にまつわる詩というか、お酒を飲みながら、人生を振り返り、郷愁に浸っているかのような詩が続くのだ。
アハハ〜 これは、女性が歌うわけにはいかないでしょう。って考えで、アルトからバリトンに替えたのかもしれない。
「ふぁっ しぃ〜ふぁ〜 (パパパ) みしそふぁ〜 しっらぁ ふぁ しらふぁれぇ〜 ふぁしぃ〜 れみそ しぃ〜らふぁれ」
金管が明るく登場して、インパクトを残す。
また、木管が、ひゃひゃひゃ・・・という声を吐き出して、とても、ケッタイな雰囲気がする。
すぐに静まって、柔らかく、ハープが登場して、ふわっとした空気に包まれるが、またまた、冒頭と同じシーンを描き出す。
ここでの、卑屈な哄笑に似た音と、陶酔的なフレーズとが、入り交じった感じは面白い。
なかなかに、屈折した心境というか、二面性を合わせ持った演奏なのではないかなあ。

2楽章 「秋に寂しき者」
ゆったりと、静かに歌われる。いつもならアルトなので、ん? と、ちょっと違和感があったが、オーボエの陰翳を含んだ音色は聴き応えがある。チェロなどの低弦は表情も控えめだが、流れるような雲のような雰囲気がある。

3楽章 「青春にふれて」
「そぉ〜 そぉ〜 (チンチン) そらどれ みそみれ どらそら み」
「そらどら そみそら そぉ〜 みふぁそら ふぁみれ〜 そらそふぁみれ ふぁ〜れそふぁみれ・・・」
リズミカルな序奏につづいて、テノールが歌う。
ラトル盤で聴くと、優美ではあるが、リズムの方が勝ってて、もっと、優美にフレーズを膨らませて欲しい。と思ってしまう。
もう少しタメて官能的に、じわじわ〜っとせめてほしいのだが、金管は、明るく、さっぱり〜
ねちっとした、くにゃっとした変形した、流れが欲しいというか、テンポは、ゆったり、ぐっとおとして雰囲気はある。
オケの見通しがよい分、ちょっと、まったり感が少なめで、すーっと、あっさりと流れてしまう。やっぱり若いよねえ。

4楽章 「美について」
えっ こんなオチャラケ風の楽章だっけ・・・と思いつつ聞いたのだが、天上の世界を描いたかのような前半部分と、後半の世俗的なシーンの差が大きい。後半のドタバタ劇のような雰囲気は、音量が、いっきに大きくなって、ちょっと〜ひいてしまうほど、 通俗的に演奏されている。
それまで、東洋風だったのに、一気にアメリカナイズしちゃったかのような雰囲気で。あらまっ。
あのぉ〜 ミュージカルじゃないんですけど。

5楽章 「春に酔える者」
木管のフレーズが印象的な楽章なのだが、ちょっと違和感が。
もう少し、タメ感が欲しいし、木管の吹き方が強すぎて、東洋風の雰囲気が、あまり感じられない。
フレーズ自体に、アクセントが強いのかもしれない。
音色としても、明るく、白昼夢のような雰囲気は、弦からしか感じられない。どこが、どう足らないのか、うまく言えないのだが、こういうフレージングじゃないんだよなあ。もっと音が、絡みついて、渾然一体としてくれないと白昼夢にはならない。

6楽章 「告別」
銅鑼が静かになって、「ジャー-ーん ジャー-ーん どぉ〜れみれど れぇ〜 れみれど れぇ〜」
クラリネットの音が明るく強く吹かれており、沈み込んだ雰囲気には遠く、テンポが速めで、オリエンタルな雰囲気はするが、どことなく、中央アジアっぽいというか、地中海に近い、乾燥地帯の雰囲気がする。
ハハハ〜 中国とは、なんていうか地理的に遠い感じがするのだが、これは〜ワタシ自身の感覚でしかないかもしれない。ホルンのまったりした音のなかを泳ぐ、オーボエやフルートなどの木管の雰囲気が、通りが良すぎて、 もわっとした空気が、立ちのぼっていくかのような雰囲気としては、ちょっと、モノ足らないかも知れない。
ここで、フルートが、めだつ? え〜 ちょっと控えめに吹いて欲しいのだが。

う〜ん。これは、なかなか、感想も書きづらい楽曲だ。
聴く方にも、高度な知的センスが必要なんだと思う。(もちろん、この楽曲だけでないのだけど・・・)

シノーポリ シュターツカペレ・ドレスデン 1996年
Giuseppe Sinopoli
Sächsische Staatskapelle Dresden
(Staatskapelle Dresden)
アルト:イリス・フェルミリオン Iris Vermillion
テノール:キース・ルイス Keith Lewis



録音状態は良い。優美で甘美的で、耽美的なのだが、こってりしていない。嫌みなく、完全陶酔しないまま、すーっと自然と誘われてしまう。これは魅惑的で抗しがたい。

マーラーの「大地の歌」は、本当は9番目の交響曲って感じの曲だ。
9番っていう番号を彼は忌み嫌っていたが、結局、そのジンクスは破れず〜天に召されてしまった。
で、この「大地の歌」の副題は、アルト、テノール独唱とオーケストラのための交響曲となっている。
当CDには、歌詞:ハンス・べートゲの詩集「シナの笛」から〜とも記載されている。 マーラーの交響曲の長大さには、我慢することもなく、すんなりと聴けるのだが、この楽曲は、6楽章まであって、おまけに歌がついている。
これが、正直なところ、ワタシにはツライ。 バックボーンが中国の漢詩等で、楽曲のなかで歌われている歌詞は、ドイツ語だもん。 ハードルが高すぎなのである。

ところで昔、サントリーのウイスキーのCMで使われたことがある。
高級感ある、ハイソなおじいちゃまをターゲットした大変魅力的なCMになっていた。 当時、これを見たワタシは、憧れて、この曲を聴いてみたのだが、当時は若かったしねえ〜 枯れた中国の漢詩を元に作られたクラシックなんぞ聞かされても、はあ。なんじゃこれ。って感じだったのである。
で、一応、年齢も重ねてきたことだし、そろそろ、わかるかなぁ〜?って思ってはいるのだが、実際には、 まだねえ〜老境には達していないので、未だ、寝かせてある状態なのだ。
(↑ 寝かしたところで、ウイスキーのように熟成はしないのだが・・・ 笑)

まっ それはさておき、改めて、ウィキペディア(Wikipedia)で調べてみたら、次のように書いてあった。
・・・マーラーが歌詞に採用したのは、ハンス・ベートゲ(ハンス・ベトケ Hans Bethge)編訳による詩集「中国の笛 中国の叙情詩による模倣作」である。
ベートゲは中国語を解さず「中国の笛」は、既出版の「中国の叙情詩」(ハンス・ハイルマン)、「唐詩」(エルヴィ・サン・デニ)、「玉書」(ジュディット・ゴーティエ)からの翻訳(サン・デニとゴーティエの詩集はフランス語) あるいは自由な模倣によっている。
このため、原詩にほぼ忠実なものや自由な模作となっているものが混在しており、元となった唐詩については特定できていないものもある。・・・とのことだった。
いずれにせよ、元の漢詩等の書物からインスピレーションを得て、マーラーなりに、雰囲気を創り上げた曲だということになるのだろうと思う。

1楽章 大地の哀愁に寄せる酒の歌
2楽章 秋に寂しき者
3楽章 青春について
4楽章 美について
5楽章 春に酔える者
6楽章 告別

ワタシの好きなのは、3楽章の「青春について」、5楽章「春に酔える者」である。
1楽章、2楽章は約8分〜10分程度、他は、平均5分程度の楽曲だ。なので、1〜5楽章までは、一応、すんなり聴けるのだが、6楽章だけは、恐ろしく長い約30分モノとなっている。

1楽章 「大地の哀愁に寄せる酒の歌」
「ふぁっ しぃ〜ふぁ〜(パパパ) みしらふぁ〜」
シノーポリ盤は、全体として、漢詩をベースとはしているが、陶酔感の漂う、爛熟した世紀末模様を描き出している感じで、優美で華麗だ。決して晦渋な楽曲になっておらず、難しく、枯れてはいない。
1楽章の冒頭から、金管はカラフルに出てくるし、明るくて伸びやか。
まるで、劇の幕開けのように、華々しく出てくる。
フレージングには、特有のとろみ感がある。テノールの伸びやかな声と、ハープの響きに弦が混じってくると、ふわ〜っと、羽毛にくるまれているかのような気持ちになり、すっかり耽溺しちゃう。
大地の哀愁という意味が、よくわからないが〜 豊穣の喜びのように聞こえちゃう。

2楽章 「秋に寂しき者」
秋に寂しき者とは言いつつ、木管のフレーズが、少し寂しい感じを醸し出すだけで、オーボエの音色は艶があり、アルトの声も豊かに響く。
艶があるのは良いことだし〜 ふむ、寂しげというよりも夢幻的で、儚げで美しい。
チェロの響きと木管が、室内楽的に響いていることと、弦の柔らかな響きが一層、空間に溶け込んでいくようで、ルカ教会のなかで、夢のような世界を描き出している。
上昇志向ではないが、マーラーの甘美な世界観が描かれており、これまた陶酔しちゃう感じがする。
綺麗な空間が広がってて、ホルンの響きと共に、夢見心地のなかに没入できちゃう演奏だ。

3楽章 「青春について」
「そぉ〜 そぉ〜 (チンチン) そらどれ みそみれ どらそら み そらどら そみそら ど〜」
明るくリズミカルだが、そろっと歌われている。
装飾音も綺麗に入ってくるが、鳩時計のようなポッポッポという音と共に、相乗効果をあげてて、活き活きしていながらも、奥ゆかしい雰囲気を作っている。金管もシンバルだと思うが、シャンと、奥の方で密やかに鳴っている。 トライアングルが、現世と過去を行き来させてくれる信号のように響き、郷愁が漂っており、主人公の思い出のなかのワンシーンのように描かれている。テンポをぐっと落として、一呼吸を置いているし、 落ち着いたところでの和音も綺麗で、すわっと消えるように終わるところがニクイ。
この楽章の五音階の旋律は、やっぱ、じわっときちゃう。

4楽章 「美について」
「れ〜し れ〜し れ〜ふぁ そしそふぁみぃ〜」 なんだかよく聴き取れないような、ふわっとした楽曲で〜
天使さまが鈴をお持ちになって、雲のうえから、語りかけてくるような雰囲気がある。
魅力的なのだが、どこか、浮かれ調子に乗ってしまってしまいそうな〜 後半は、ちょっぴり行進曲風にもなるが、オチャラケ風で、チャカチャカチャ チャンチャン風に鳴ってくる。
酔っぱらい風情の青年が、有頂天になって、若い美女に、ちょっかいを出してしまった感じだ。
シノーポリ盤では、ふわっとしたフレーズを、テンポを揺らしながら、品良くまとまっている。

5楽章 「春に酔える者」
これは春とお酒に酔いしれた男の白昼夢の世界だと言うが〜 う〜ん。
冒頭の3連符が、扇子をぱらり〜と広げて、ぴらぴら〜させながら、お銚子を持って、愉快に酔っている感じもするし、桃源郷の世界が広がってくるような気がする楽曲だ。
摩訶不思議感のある、独特の高音域の音が響く。
調性が、よくわかんない楽曲だし、何の楽器が使われているのか、キョトンとしてしまう。
「れみふぁ〜 れみふぁ〜 そ〜ふぁれ〜」「そふぁれっ しふぁれ〜 しふぁれ〜」
「そ どぉ〜し らそふぁれ〜 そ し〜ら し〜ら ふぁ〜」と、鳥が鳴いているのかもしれない。
耳になれたらワタシたち東洋人でも、ちょっと不思議な楽曲だ。
静かになったと思ったら、寝息を立ててそうな場面もあるようで、とても描写力は高い。

6楽章 「告別」
銅鑼が静かになって、「どぉ〜 れみれどれぇ〜 れみれどれぇ〜」
友人たちの別れを綴った2つの詩を結びつけた曲だとのことだが、冒頭、どっかの扉、門が開いてしまったような低い音域から、オーボエが鳴り始める。
まるで魔界へ誘われるかのような、「みれ どれ られ みぃ〜 (そぉ〜) れど れら れみぃ〜」
というフレーズが流れてくる。
摩訶不思議なオーボエのフレーズだし、その後、アルトが「陽は峠の彼方に去り、すべての谷に夕べの影、冷たく訪れる」と歌い始めるのだが、ひぇ〜 心にすきま風がいきなり入り込んで来るのだ。
そのくせ、伸びやかに、何かに恋いこがれるような、憧れの気持ちのようなフレーズが続くし〜 う〜ん。
静寂になって初めて、綯い交ぜになった感情の表出というか、複雑に入り組みかけて、でも、浮かび上がってくる気持ちや、静かな高揚感なんかも感じられる。神秘性も感じられるし、日が暮れた後の(老境に差し掛かった) 焦燥感みたいなものと、諦念が木管のフレーズに乗ってやって来るのだ。

この最終楽章は、しみじみ〜とした、じわっと感じ入るような抑制の効いた演奏になっているように思う。
ファゴットの音が、深みに誘い込んでくるし、木管群のフレーズの間合いの巧さには、うぐぐっ。
こりゃ〜 はまり込んでしまう感じだ。
抗おうとしても、誘惑されつつ、甘い香りを放ちながら告別の日がやってくる。
甘美な世界に憧れ、耽溺しそうな演奏で、ここで描かれている死生観は、ワタシ的には、あまり理解できないのだが、死が憧れの世界と同意語のように描かれている感じがする。
焦燥感を抱きつつも、背中や首筋には、美が入り込んで、魂を奪い去ってしまうかのような感じだ。
諦念は、別のモノに巧くすり替わって、甘く囁かれている。
う〜ん。いや〜 ホント怖いですねえ。

シノーポリ盤は、ホント、死が美化された世界観のような描き方のような気がしますが、う〜ん。どうでしょうか。聴く人によって、この楽曲の感想は、相当、変わるような気がしますが。
自分の人生観が問われているかのような曲でもあり、ワタシ的には、これは、まだ、この世界には誘われたくないなあ。と、聴きたくないなぁ〜という楽曲・演奏のようです。

うへっ ある意味怖いっ。(笑) 
非常に美しい演奏で、情感の入れ込みは激しくなく、アクは強くないですが、耽美的なのだが、こってりしていないので、嫌みなく、すーっと自然と誘われてしまう。抗しがたい魅惑的な演奏だ。
どっぷり型に演奏されていない分、客観的とも言えるかもしれないけれど、甘美であり、ふと気がつくと、ワタシ死んでいました〜って感じになっちゃう。
まあ、そこまで行かなくても、隣に澄ました別の表情をした自分が座っているかのような感じがする。
聴きようによっては、自然にすーっと別世界に誘われてしまう。 (自分でも聴き方が違うと思うのですけど〜)(笑)
1964年 クレンペラー フィルハーモニア管弦楽団 EMI  
1972年 バーンスタイン イスラエル・フィル SC  
1973年 カラヤン ベルリン・フィル  
1982年 テンシュテット ロンドン・フィル EMI  
1984年 ジュリーニ ベルリン・フィル  
1996年 ラトル バーミンガム市交響楽団 EMI ★★★
1996年 シノーポリ シュターツカペレ・ドレスデン ★★★★★
1988年 インバル フランクフルト放送交響楽団 De  
1991年 ベルティーニ ケルン放送交響楽団 EMI  
所有盤を整理中です。

「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

Copyright (c) mamama All rights reserved