バルトーク 舞踏組曲、ディヴェルティメント Bartok: Dance Suite, Divertimento

 バルトーク 舞踏組曲
Bartok: Dance Suite
ピエール・ブーレーズ シカゴ交響楽団 1992年
Pierre Boulez Chicago Symphony Orchestra

ブーレーズのバルトーク演奏は、数多くCD化されており評判も良い。この舞踏組曲も、大変録音状態が良く、打楽器のロール後にファゴットが登場するが、低弦の鋭い響きとリアルさ、緊張感を伴うクールな響きが楽しめる。 メスト盤を聴いた時には、独特の脂っこさがあり、ぎらっと、こってり味の豚骨味のように感じたが、ブーレーズの演奏は、さっぱりしたレモン風味の塩ラーメンという感じだろうか。重量感は十分だが、乾いて軋んだ感じや不気味 さは、あまり感じられなかった。蛮族襲来って感じの第2曲は、トロンボーン、チューバが加わって金管が咆吼する。もう少し押し出しの強い迫力が欲しい気がするが、ショルティのようには演奏しないだろうし、独特のアク、ローカル色は抜けて都会的なスマートさ。
第3曲は、軽快な夏祭りのような舞曲である。ターン ターンっという金管の太い響き、横笛的なひゃーっと鳴ってくる音もあって色彩豊かだ。五音階というところが懐かしいフレーズに聞こえてくるので親しみやすい。 第4曲は、ハープのような弦を鳴らす音、チェレスタの静かなフレーズのなかから、ファゴットのフレーズが出てくる。生暖かい空気感が底にあり、砂漠近くの草原で夜空を見上げているよう。アラジンの魔法使いのように、 もわっとした空想世界が広がる感じがする。第5曲は、最初こそ弱々しく呟いているが、次第に高揚して 蛮族襲来フレーズ「れぇ~ しれし~ ふぁし~」という強烈な主題が顔を出し、大太鼓等が鳴り始め、第3曲のフレーズに戻って雄叫びをあげ、大円団となって終わる。・・筈なのだが、あまり盛り上がらなかった。

ブーレーズ盤は、期待したほどにはノリ感が少なめ。ローカル色は少なく、素人が聴くにはワクワク感が、イマイチだった。しかし聞き込んでくれば、手に取りたい1枚になると思う。録音状態も良く、精緻なアンサンブルなので、楽器の使われ方等が見えてくるようだし教科書的な演奏だと思う。
カップリング:バルトーク 舞踏組曲、2つの映像、ハンガリーの5つの風景、弦楽オーケストラのためのディヴェルメント


 バルトーク 舞踏組曲
Bartok : Dance Suite
ウェルザー=メスト ロンドン・フィル 1992年
Franz Welser-Möst London Philharmonic Orchestra

舞踏組曲は、その名前のとおり、5つの舞曲と終曲の6つの部分に分かれている。明るく飛び跳ねるような舞曲ではなく、土俗性の強い曲で暗くてどす黒い、独特の臭いと灰汁がある。しかし、聴いているうちに癖になる曲でもあり、ラーメンで例えると脂っこい豚骨味のぎらっとした濃厚スープで、太麺が絡んでいるって感じの楽曲なのだ。最初は、うへっ濃いと叫んでしまうが、どことなく東欧風で日本の夏祭りに似た、横笛がひょろひょお~っと聞こえてくるような懐かしい気分にもなる。 1曲が2分~3分半ほどの短い楽曲である。個性的なので耳について離れないし、お祭好きな人だとワクワク。パーカッション大好き人間なら、鼓動が速くなるかも。しかし、悲しいかな個性が強すぎて、女性には敬遠されちゃうかもしれない。
メストさんの演奏は、意外とローカル色の濃い演奏となっている。金管が警告を発するフレーズを吹くと、ヤナーチェクのシンフォニエッタを思い出す。低弦の響きが掻き鳴らされるとエネルギッシュだ。特に第2曲が強烈で、トロンボーンを初めチューバも加わって、金管全体が粘りをもって咆吼する。それで、すっかり蛮族襲来というイメージが、ワタシの頭のなかに定着してしまった。金管の鮮やかさを活かし、原初的で、灰汁の強さ、迫力もあり、何より聴いて楽しく感じた。


 バルトーク 弦楽のためのディヴェルティメント
Bartok: Divertimento
ゲオルク・ショルティ シカゴ交響楽団 1989年
Georg Solti Chicago Symphony Orchestra

バルトークのディヴェルティメントは、次のとおり、有名な、弦チェレとオケコンの間に創られた楽曲である。
1936年 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 (Sz.106)
1939年 弦楽のためのディヴェルティメント (Sz.113)
1943年 管弦楽のための協奏曲 (Sz.116)

いきなりジャジャジャという鋭い切れ込みが現れ、シンコペーションのリズムで、独特のアクセントで、硬いがふにゃっとした語り口で奏でられる。なんとも嫌らしいリズムだが、これがバルトークの個性で、一筋縄ではいかない。伝統的なソナタを用いてはいるが、語法はローカル色が濃い。古典的スタイルに押し込め、両立させるところが凄腕なのだ。最初はヘ長調だが、するりと短調に変わり不思議な和音になって出てくる。弦楽合奏は軋みがあるが、何故か美しくもあり煙に巻かれる。特に、ヴァイオリンの高音域は独特の音色で一種の快感を感じる周波数のようだ。(笑)
第2楽章では、演奏している音はドライだが、本質的にはぬめっと、どろっとした感触で、粘着した液体が足元に忍び寄ってくる感じがするので、相当に不気味。低弦の音と重量感が、そう思わせるのかもしれない。海の底で揺れているような気味の悪さ。ところどころに入ってくる高音域の音が、ますます底に居ることを感じさせ助長する。
第3楽章になって、ようやく楽しい舞曲になるのだが、これがくせ者。マジャール風というのかロマ風と言えばいいのか、鞭がしなり、悪魔のようなヴァイオリンが踊り狂っている。虻や蜂が飛び交い、ブンブンと弦が鳴って、晦渋な弦楽四重奏曲を聴いている気分に陥る。耐え難いと思う瞬間に、あっ しまった、古典風のディヴェルティメントを描いているんだったと、ふと我に返ったのか古典スタイルに戻るという具合。なんだか狐にみごとに化かされてしまった気分。外側は古典だが、中身は相当強烈なスパイスが効いた楽曲である。ギャップが妙にはまる楽曲でもあり、ショルティさんは、それをみごとに演奏している。


「弦楽のためのディヴェルティメント」 (単にディヴェルティメントという表記もあります。)は、バルトークが、ハンガリー民謡やルーマニア民謡の分析作業に没頭する日が続いたなかで作曲されたもの。指揮者のパウル・ザッハーの招きで、スイス グリュイエール地方の山小屋で暮らしていた頃、ザッハーの率いる旧バーゼル室内管弦楽団のために、弦楽五部による作品を、休暇中に一気に作曲したそうです。
ディヴェルティメントの名前のとおり、民族的な素材にして、バロック時代の合奏協奏曲のスタイルを取り入れています。弦楽五部を基調としながらも、時には、独奏楽器群とオーケストラの総奏に分かれ、2群が交代しながら演奏します。調性的にも(特に両端楽章では)明快ですが、中間楽章はバルトークらしい「夜の音楽」と共に、半音階的な晦渋さをも併せ持つものとなっています。弦楽五部(スコアの扉には、第1、第2ヴァイオリン各6、ヴィオラ、チェロ各4、コントラバス2以上を必要と記している。)3つの楽章で構成されており、演奏時間は約24分
第1楽章 アレグロ・ノン・トロッポ (ソナタ形式) 8分16秒
第2楽章 モルト・アダージョ (3部形式) 7分27秒
第3楽章 アレグロ・アッサイ (ロンド・ソナタ形式) 6分32秒
なんと、作曲者は、上に記したように楽章での演奏時間を書いており、全曲は22分13秒と書いているそうです。

バルトーク 舞踏組曲
1992年 ブーレーズ シカゴ交響楽団 G ★★★
1992年 ウェルザー=メスト ロンドン・フィル EMI ★★★★

バルトーク 弦楽のためのディヴェルティメント
1989年 ショルティ シカゴ交響楽団 Dec ★★★★★
1992年 ブーレーズ シカゴ交響楽団 G 未聴



 

YouTubeでの視聴

バルトーク 舞踏組曲
Bartók: Dance Suite, Sz. 77
ブーレーズ シカゴ交響楽団
チャンネル:シカゴ交響楽団 - トピック
第1楽章 https://www.youtube.com/watch?v=lRGLD4hNqPY
第2楽章 https://www.youtube.com/watch?v=PAGMBBdRKF0
第3楽章 https://www.youtube.com/watch?v=XjUeK-HjVRY
第4楽章 https://www.youtube.com/watch?v=awoaNv_y02Y
第5楽章 https://www.youtube.com/watch?v=yXCG3Y3zQhw
第6楽章 https://www.youtube.com/watch?v=U6uix9R8Lmw

バルトーク ディヴェルティメント
Bartók: Divertimento for Strings, BB 118 (Sz.113)
シカゴ交響楽団 - トピック
第1楽章 https://www.youtube.com/watch?v=vTMKR2FJU7A&ab_channel=ChicagoSymphonyOrchestra-Topic
第2楽章 https://www.youtube.com/watch?v=G6aiM878Phg&ab_channel=ChicagoSymphonyOrchestra-Topic
第3楽章 https://www.youtube.com/watch?v=TfNU6rJEbwQ&ab_channel=ChicagoSymphonyOrchestra-Topic


ページトップに戻る