バルトーク ハンガリーの風景 Bartok: Hungarian Sketches

 バルトーク ハンガリーの風景(ハンガリーの5つのスケッチ)
Bartok: Hungarian Sketches
イヴァン・フィッシャー ブダペスト祝祭管弦楽団 1996年
Iván Fischer Budapesti Fesztiválzenekar (Budapest Festival Orchestra)

バルトークの「5つのハンガリー・スケッチ」(ハンガリーの風景)は、文字どおり、5つの風景が音で描かれている。素朴で、日本の風景を思い浮かべてしまう懐かしい雰囲気がする楽曲だ。5つのシーンとは、村の夕暮れ、熊の踊り、メロディ、ほろ酔い、豚飼いの踊り。何かへんてこりんなタイトルで、とても短い曲だが大変印象に残る楽曲だ。
第1曲 「村の夕暮れ」
冒頭のフレーズは、クラリネットで吹かれており和風なのだ。まるで、NHKで日本の風景紹介をしている映像のバックで流れているような曲である。、村のお祭りのようなフレーズがフルートで奏でられ、ホントに我が国の風景が浮かぶ。バルトークの村というのは、トランシルバニア地方の夕暮れ時の風景だ。3分にも満たない小さな作品だが、しみじみ、そうだっ田舎に帰ろう!っていう気分になる。
第2曲 「熊の踊り」
滑稽なベア・ダンスである。ティンパニーとチューバ、木管の二重奏が、鼻が詰まらせている。予想外の不協和音。子供の描いたお茶目なスケッチで風情が楽しい。
第3曲 「メロディ」
木管のフレーズが幻想的な響きだ。フルートって優しい音色だという印象があるが、怪しい音色、茫洋とした音色も、出るんですねえ。奏でられる和音が、とにかく予測不能。ドビュッシーの海のように音が織り込まれていく感じを受けた。グリッサンドで、ぱらららららら~っとハープが入ってくる、個性的な音となる。
第4曲 「ほろ酔い」
酔っぱらってヒック、しゃくりしているような可愛い楽曲で、微笑ましく憎めない。酔っぱらいが寝入ったかのか、チューバが、ぼぉ~ぼぉ~っと鳴る。おそらくイビキを表しているのだろう。木管や金管が合いの手を入れ、細かい描写力に驚かされる、思わずアハハ~ これ面白い。
第5曲 「豚飼いの踊り」
タイトルは、豚飼いになっているが、クラリネットのフレーズを聴く限り、村人たちのお祭シーンだろう。拍感覚も独特で、熱いモノが走るのではないだろうか。エキサイトしないで品良く奏でられている。
イヴァン・フィッシャー盤は、全曲通して11分21秒の演奏。5音音階の持つ音色とリズムが、圧縮されてハンガリーの風景が入っている。ローカル色の強い楽曲は、ハンガリー出身の指揮者、東欧出身指揮者の演奏が好ましい。いわゆるオクニモノ。


 バルトーク ハンガリーの風景(ハンガリーの5つのスケッチ)
Bartok: Hungarian Sketches
ピエール・ブーレーズ シカゴ交響楽団 1992年
Pierre Boulez Chicago Symphony Orchestra

ブーレーズさんのバルトークは、ピアノ協奏曲を含めて8枚組BOXだったと思うが、バラバラで購入してしまった。5つのハンガリー・スケッチ(ハンガリーの風景とも)について、ウィキペディア(Wikipedia)の記載をまぜて記載する。
第1曲 トランシルヴァニアの夕べ
別名は、セーケイ人との夕べ、セークレルとの夕べ、とも呼ばれているようだ。 クラリネットが導き出す五音音階の主題と、フルートが導き出す活発な主題が、交代しながら出現する。ラストでは、最初の主題が現れて静かに幕を閉じるが、民謡を引用したような旋律に、どことなく、日本の原風景を垣間見るようで、日本の民謡をベースにしたものだと言われても、さほど違和感がない。いやいや、日本の時代劇映画のバックに流しても、そのまま使えそうな雰囲気がある。バルトークの自作だそうだ。
第2曲 熊踊り
この曲は、めちゃくちゃ印象に残る楽曲で、面白すぎる。熊のの足音をイメーいしたリズムを、ティンパニー、チューバが表現している。ブーレーズ盤で聴くと、チューバの音が、迫力あり、ドスコイ、ドスコイと、節まわしが面白い。「みみみ ふぁっみみ ふぁみみれどど ふぁみれどれみ どどし しらら」「そそふぁふぁ どれみ~みみれれ どぉどぉ~」・・・って、このハンガリーの5つの風景のなかでも、際立って、ユニークな楽曲になっている。
第3曲 メロディ
民謡調の五音音階的なメロディが、カラフルなオーケストレーションで演奏されるとされている。穏やかな曲だが、ゲンダイオンガクのようで、かなり抽象的だ。ブーレーズ盤は、さほどローカル色の濃いものではないので、すっきり。
第4曲 ほろ酔い
千鳥足で歩く(おじちゃんの)酔っぱらう姿を描いたものだそうだ。木管フレーズとして面白く感じる。チューバの音は、何を表しているのだろう。(いびきだ、いびき)クラリネットの音色はコミカルな表現に最適だ。千鳥足というより、駆け足に近いかもしれないが、しかし酔っ払いが、そんなに速く走れないでしょ。
第5曲 豚飼いの踊り
弦楽器のシンコペーションするようなリズムを背景に笛が吹かれ、軽やかに舞う。マジャールの舞踏だと思うが、スキッとしたリズム感で、粘着性は少なめ。どうしてタイトルが豚飼いの踊りなのだろう。ブーレーズのCDがあったから、管弦楽曲を聴くきっかけが生まれた。その意味では、ありがたいと思っている。


 バルトーク 5つのハンガリー・スケッチ
Bartok: Hungarian Sketches
ゲオルク・ショルティ シカゴ交響楽団 1993年
Georg Solti Chicago Symphony Orchestra

ショルティさんの最晩年のライブ盤で、ふわっとした夕暮れ、野外コンサートを聴いているような気持ちになる。ショルティは、長年シカゴ交響楽団のシェフをしていたので、アメリカ人かと錯覚するが、ハンガリー生まれの方である。バルトークの「5つのハンガリー・スケッチ」は、 「ハンガリーの風景」とも表記されるが、ウィキペディア(Wikipedia)で調べてみたら、バルトークがピアニストとして、演奏会でよく演奏していた曲を5つ選んで編曲したものらしい。
「トランシルヴァニア」という地方は、今は、ルーマニアになっているようで、東欧とひとくちに言っても複雑な歴史的背景があり、オスマントルコ、神聖ローマ帝国、ハンガリー王国、ハプスブルグ家のオーストリア・ハンガリー帝国など、名前を並べただけでそのまま世界史になるほど、島国の日本とは大違いのエリアだとわかる。
1曲目のトランシルヴァニアという地名も、セーケイ人という意味も、知らなかったので少しは調べてみたが、バルトークは、ハンガリー王国(現、ルーマニア)を訪れ、民族音楽に触れ、民謡や舞曲をベースにして作曲したそうだ。作曲家、コダーイと一緒に採譜していたらしい。ショルティの演奏は、ライブ盤なので、とびっきり良い録音とは言えないが、パンチの効いた打楽器も入って楽しく聴けた。重厚で、温かみのある演奏で、何気ない日常生活のなかで、ゆったり聴くことができると思う。

 バルトーク ハンガリーの風景(ハンガリーの5つのスケッチ)
Bartok: Hungarian Sketches
フリッツ・ライナー シカゴ交響楽団 1958年
Fritz Reiner Chicago Symphony Orchestra

リマスタリング盤で聴いたが録音状態は良かった。意外とさっぱりした演奏である。フリッツ・ライナーさんといえば、20世紀を代表するハンガリー生まれの名指揮者だ。昔は、バルトークといえばライナー盤でしょうというぐらい、弦チェレやオケコンは、名盤となっている。ワタシは、1996年録音のフィッシャー盤で、5つのハンガリー・スケッチを初めて聞いたが、ライナー-さんの定番CDにも収録されていたので、ちょっぴり嬉しい気分。五音階調はノスタルジック、打楽器が使われているリズミカルな曲は弾む気分を与えてくれた。この盤では、チェレスタが使われているようにも聞こえるが、どうでしょう。もしかしたら、編成にアレンジを加えておられるのかもしれません。


バルトーク ハンガリーの風景(ハンガリーの5つのスケッチ)
1958年 ライナー シカゴ交響楽団 R ★★★★
1992年 ブーレーズ シカゴ交響楽団 G ★★★★
1993年 ショルティ シカゴ交響楽団 Dec ★★★★
1996年 フィッシャー ブダペスト祝祭管弦楽団 Ph ★★★★



 

YouTubeでの視聴

バルトーク ハンガリーの風景(ハンガリーの5つのスケッチ)
Bartók: Hungarian Sketches, Sz. 97
ブダペスト祝祭管弦楽団 - トピック Budapest Festival Orchestra - Topic
フィッシャー ブタペスト祝祭管

1 トランシルヴァニアの夕べ An Evening in the Village
https://www.youtube.com/watch?v=TLzCC0yuLt8
2 熊踊り Bear Melody
https://www.youtube.com/watch?v=2hMxxuAk_bw
3 メロディ Melody
https://www.youtube.com/watch?v=bgilR0AIv-o
4 ほろ酔い Slightly Tipsy
https://www.youtube.com/watch?v=HX7TjFpe_UU
5 豚飼いの踊り Swineherd's Dance
https://www.youtube.com/watch?v=94HXnTuyuYk




ページトップに戻る