「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし 〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

レスピーギ リュートのための古風な舞曲とアリア
Respighi: Ancient Dances and Airs for Lute Suites


「リュートのための古風な舞曲とアリア」は、レスピーギが古いリュートの曲を現代風にアレンジしたものです。
なんでも、ローマのサンタ・チェチェーリア音楽院の教授をしていたときに、図書館で古い楽譜を研究していたそうで、その研究の成果らしい。
3つの組曲で成り立っており、
第1組曲 1917年 16世紀のリュート曲をオーケストラに編曲したもの。
第2組曲 1923年(1924年初演) 16、17世紀のリュート曲をオーケストラに編曲したもの。
第3組曲 1931年(1932年初演) 16、17世紀のリュート曲を弦楽合奏に編曲したもので、弦楽合奏か弦楽四重奏で演奏されます。


リュートのための古風な舞曲とアリア 第1組曲
1 小舞踏曲 オルダンド伯爵 Balletto (シモーネ・モリナーロの作品による)
2 ガリアード舞曲 ガリアルダ Gagliarda (ヴィンチェンツォ・ガリレイの作品による)
3 ヴィラネッラ Villanella (16世紀末 作者不明の曲による)
4 パッサメッゾ舞曲と仮面舞踏会 (酔った歩みと仮面舞踏会) Passo mezzo e Mascherada 

リュートのための古風な舞曲とアリア 第2組曲
5 優雅なラウラ Laura soave (ファブリツィオ・カロージョの作品による)
6 田園舞曲 Danza rustica (ジャン・バプティスト・ベサールの作品による)
7 パリの鐘 Campanae parisienses (アリア:マラン・メルセヌの作品による)
8 ベルガマスク舞曲 Bergamasca (ベルナルド・ジャノンチェッリの作品による)

リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲
9 イタリアーナ Italiana (16世紀末の作者不明の曲による)
10 宮廷のアリア Arie di corte (ジャン・バプティスト・ベサールの作品による)
11 シチリアーナ Siciliana (16世紀末の作者不明の曲による)
12 パッサカリア Passacaglia (ルドヴィコ・ロンカッリの曲による)

マリナー ロサンジェルス室内管弦楽団 1975年
Neville Marriner
Los Angeles Chamber Orchestra



録音状態は、まずまず。素直で、すっと耳に入ってくる が、やっぱり良い録音で聴きたいなあ。と思う。難しい楽曲ではないので、スムーズに耳に入ってくるのは嬉しい。
最近、24bitリマスタリング盤がでている。

←下のCDが、96年にリマスタリングされた盤である。
ここに記載する際には、古い方のCDを聴いているので、また、新しく買い直した盤については、後日、感想を書きます。

リュートって、ギターの原型だと思うのだが、イチジクを半分に切ったような半球体型、マンドリンを大きくしたような楽器である。

確認のために、ウィキペディア(Wikipedia)で調べてみたら、
・・・主に中世からバロック期にかけてヨーロッパで用いられた古楽器群の総称。
ひとまとめにしてリュート属とも呼ばれるこれらの楽器群には、時代や目的によってさまざまな形態のものがある。
元来はアラビア起源の楽器が中世にヨーロッパに伝来し独自に発達し、リュートの原型となったと考えられている。よく似た外見で現代もアラビア文化圏で用いられている楽器であるウード (oud) と同じ起源をもつとされ、また日本や中国の琵琶とも祖先を同じくする。・・・とあった。

ワタシは、イチジクを半分に切ったような〜と言ったのだが、 ウィキペディアでは、ボディーは、「洋梨を半分に切ったような」形状と表現されることが多く・・・と書いてあった。だはっ イチジクと洋梨では、ちょっと違いますねえ。
しかし、楽器の裏にあたる縦縞模様を見ていると、洋梨より、イチジクの半分型の方が、イメージに近いかも。
(↑ まだ言っている〜)

さて、ルネッサンス期の音楽には、まったくご縁がなく、CDを全く所有していない。 このレスピーギの曲が、唯一の窓口的な存在だ。レスピーギ自体は、19世紀末から20世紀にかけての作曲家で、この曲は、あくまでもリニューアルされていると考えるべきかもしれない。正しくは編曲らしいが、 古楽器の関する知識を持ち合わせていないので、よく解らない。

さて、マリナー盤は、まず第1組曲が演奏され、第3組曲、そして第2組曲と、順番が入れ替わっている。
濃厚ではないが、すっきりした味わいと、暖かみのある音色、穏やかさが特徴となるだろうか。
少し録音された時代が古いので、音が籠もりがち。
金管のトランペット、ホルンの入ってくる曲もあるが、特に、トランペットの音色は、細身の破裂音が、目立っている。
素朴なラッパの音なのか、素朴過ぎて、耳に刺さってしまった。

録音状態が、さすがに70年中期なので、最初の1枚としてはお薦めしがたい。
ワタシ的には、このCDで聴くと、するする〜っと耳に入ってくるものの、するする〜っと、耳から出て行ってしまい・・・。いつ聴いても、ほんわかして、心地良い楽曲なのだが。 何故か、あまり印象に、しっかり刻まれない楽曲となってしまう。
あ〜もったいない。

ロペス=コボス ローザンヌ室内管弦楽団 1991年
Jesus Lopez-Cobos (Jesús López-Cobos)
Lausanne Chamber Orchestra



録音状態は良い。温かみのある柔軟性の高い演奏。
カップリング:レスピーギ「リュートのための古風な舞曲とアリア」、「ボッティチェッリの3枚の絵」

ロペス=コボスさんが、ローザンヌ室内管弦楽団を振った盤である。
ロンドン・フィルを振った盤(1978年録音)もあって、それを買おうとしていたのだが、録音状態は 多分、こちらのテラーク盤の方が良いだろうと思って購入したもの。
それに、カップリングとして、「ボッティチェッリの3枚の絵」が収録されているので、とっても気に入っている。
それにしても〜 当盤のCDジャケットを見て思わず苦笑しちゃった。
えっ〜なんで〜エジプト人が踊ってるのぉ〜? おいおい、これは違うだろっ。

まっ、予想どおり、録音状態はバッチリ申し分ないし、温かみのある音質で彩られている。
今風のオシャレ感はあるのだが、ちょっと1曲目小舞踏曲「オルランド伯爵」のフレーズのなかで、幾分、テヌート気味で、厚っぽい感じがしたけど・・・。確かに、フレージングのキレが悪いな〜という感じがしちゃうところもあるし、どっちかというと、小股の切れ上がった小粋さには欠けるかと思う。
キャピキャピしたシャリ感が、曲によっては欲しいところがあるが、ロペス=コボス盤は、温かみのある弦の響き、柔らかな木管、奥行き感、まろやかな響きが特徴である。
まっ、この曲には、いろんな短い曲が詰まっている。
4曲×3つの組曲=計12曲。そのそれぞれの曲想にあわせて演奏するのは、う〜ん。正直言って難しいかも。

小澤盤のような、ちょっぴり冷えたクールで、シンフォニック的な響きではないが、親近感は湧く。
特に、弱音の響きが、よーく聞こえるし、コミカルさのある曲や親しみやすさは、抜群だと思う。
ワタシ的には、抑揚のつけ方が、ん? となるような、ツッコミどころはあるにはあるが〜
そんな目くじらを立ててしまうモノのも憚られるほど、楽しい曲だし。なにせ庶民的な曲でしょ。
まっ 厳格な演奏もありますけど、ワタシ的には、遊び心があって、しかるべきかと思うし、若々しさが感じられるし〜 しなやかさとか弾力性、音の広がり感や華やかさ。適度に歌ってくれるロベス=コボス盤が好きですね。

適度な重厚さと〜 適度な柔軟さ、適度なキレ、適度な温かみ・・・。
ハイ、なかなかに、求めるモノが多くて難しいんです。このバランスが〜(笑) まっ、コボス盤は、ひとことで言っちゃうと聞きやすい。ワタシ的にはお薦めデス。
いやいや、ホントのお薦めは、「ボッティチェッリの3枚の絵」なんですけどね。
1958年 ドラティ フィルハーモニカ・フンガリア Ph
1975年 マリナー ロサンジェルス室内管弦楽団 EMI ★★★
1978年 小澤征爾 ボストン交響楽団
1987年 クラウディオ・シモーネ イ・ソリスティ・ヴェネティ  
1991年 ロベス=コボス ローザンヌ室内管弦楽団 Telarc ★★★★★
1991年 オルフェウス室内管弦楽団  
所有盤を整理中です。

「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

Copyright (c) mamama All rights reserved