「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし 〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

ワーグナー 「タンホイザー」 序曲
Wagner:
Tannhäuser und der Sängerkrieg auf Wartburg Overtur


ショルティ ウィーン・フィル 1961年
Georg Solti  Wiener Philharmoniker
(Vienna Philharmonic Orchestra) 



録音状態は良い。96kHz-24bitのリマスタリング盤 恰幅の良い、ひと昔風の演奏スタイルというか、肉食系の中世の騎士という感じで厳つく、壮大で、他を寄せ付けない。
カップリング:ワーグナー
1 「リエンツィ」序曲 2 「さまよえるオランダ人」序曲 3 「タンホイザー」序曲 4 「タンホイザー」バッカナール 5 ジークフリート牧歌 1〜4までは1961年、ジークフリート牧歌は1965年の録音である。

「タンホイザー」序曲

タンホイザー序曲は、このVPOとのショルティ盤で決まりでしょう。というのが、ホンネである。
もう、これ以外はありえない〜って感じだ。
出だしのテンポは遅め。で、ヴァイオリンの音色は艶があり、このうえない優美さで奏でられ、深々とした息づかいで〜フレージングが長い。
木管 「どぉ〜 どれみぃ〜 みぃみ みぃ〜 みふぁそぉ〜」
木管と金管に主旋律を渡すところで、いったんスピードを落として、金管の1音めを長くしている。
金管 「どぉ〜ふぁ〜どぉ らぁ〜 らしどれれぇ〜ど れれぇ〜っと」と、息づかいを短くしながら、段々と音量をあげていく。
また、頂点に差し掛かる際に、ほんの少し間合いをあけ、力をふっと抜くっていうところが、なんとも絶妙なのだ。
もちろん、この裏で、弦がカシカシ弾いている。ティンパニーのロールもどろどろ〜っと鳴っているし、効果抜群だ。
テンポの緩め方、一瞬の間合い、これで、やられる。
チェロに旋律が移っても、弱音の美しさでやられるし、陶然として〜 うっとり〜
中間部は、木管の可愛らしさと、ちょっと速めに奏でられる、弦とコラボで、だれずに締まっている。
もちろん、ティンパニ−のダンっという音で区切りがつくし、優美だがリズム感もある。
ヴァイオリンの 「っそ みぃ〜れ し〜そらしど ど〜れれらぁ〜しぃ〜」というフレーズも、山なりに伸びるノビ感がある。
高音のヴァイオリンやクラリネットが入ってくると、神秘性が感じられ、もう〜すっかり舞いあがって、鳥肌状態だ。

勇壮だけではなく、繊細で緻密、かつ豪快。音の密度も高いし、弦のカシカシ感も、流麗さも味わえて〜
もう、最高っ! 
弦の悲惨なカシカシは、フレーズはカシカシしているのだが、音色に艶があるので、タメ感のある金管のド迫力に負けない立体感を出してくる。
全く別次元というのか、音の感覚が、別モノなので、混濁しないというか、いい意味で乖離感がある。
で、ほとんど吹きっぱなしの金管だが、力の入れ方が一本調子ではないですよね。音の押し出しが、う〜んっと、弾力性があって、ため感があり、次へ次へと押されてくる。
音の大きさ、強さは8分程度だっていうのが感じられるので、安定感があり、聴き手にとっても余裕が感じられる。
このタンホイザーのような、長いフレーズで、やられる場合って・・・ ねばり腰がありますね。金管もそうですけど、一本調子の馬力だけでは成り立ちません。やっぱ、艶と柔らかさ、粘りがなければ、やっぱり〜 味気ないものです。
やっぱ、すごく間合いが良いのと、どのタイミングで仕掛けるか・・・。
ひとりで自分に酔っている指揮者とは違うな〜 ショルティさんは、やっぱ聴かせ上手だと思います。


ボールト ロンドン・フィル フィルハーモニア管弦楽団ほか
1972〜75年
Adrian Cedric Boult
The Philharmonia Orchestra
London Philharmonic Orchestra



録音状態はまずまず。現在のところ、全てをシッカリ聴いたわけではないが、ゆったりした、ちょっと昔風の緩やかなフレージングの長い演奏だ。

このCDは、イギリス人の指揮者ボールトさんの振ったワーグナーである。
ボールトさんっていえば、イギリスの作曲家、ホルストの惑星とか、エルガー、V・ウィリアムズ等のイギリスものが有名なのだが、実は・・・ このCD、ワタシが、ジャケ買いをしてしまったワーグナー の管弦楽曲集である。
だって、まるで、八岐大蛇を退治しているみたいで〜 昔風の絵本のようで、楽しい挿絵でしょ。 で、ちょっと笑けてしまうのだが、もちろん、これはジークフリートである。
実は、ボールトさんの振ったワーグナーは、3枚組BOXがあるらしいのだが、ワタシが持っているのは、2枚組である。
ちょっと失敗したかな。という気もするが、まあ主だった楽曲は収められている。

カップリングは下記のとおり。  CD1:1〜6 CD2:7〜12 
1  「タンホイザー」序曲
2  「タンホイザー 〜大行進曲〜」
3  「さまよえるオランダ人」序曲
4  「トリスタンとイゾルデ」 第1幕への前奏曲、第3幕への前奏曲
5  「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 第1幕への前奏曲、第3幕への前奏曲
6  「ローエングリン」 第1幕への前奏曲 
7  「ローエングリン」 第3幕への前奏曲
8  「パルシファル」 第1幕への前奏曲、転景の音楽、第3幕への前奏曲、聖金曜日の不思議
9  「ラインの黄金」 ワルハラ城への神々の入城
10 「ワルキューレ」 ワルキューレの騎行
11 「ジークフリート」森のささやき
12 「神々の黄昏」 ジークフリートのラインへの旅、葬送行進曲
オケは、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団と、2・9〜12はロンドン・フィル 8のみロンドン響 です。

で、演奏自体は、ちょっぴり緩い感じがしちゃうが、堂々とした、たっぷり傾向の演奏である。
タンホイザーの序曲に続いて、大行進曲が流れてくるのは嬉しいところだが、音が、総体的に、軽めで、カッチリした硬めのフレージングではない。しかし、どことなく、舞台演出っぽさが残っており、ライブ盤かな〜という雰囲気を持っている。
72年〜75年の録音なので、録音状態は、飛びっきり良いとは言えないが、ゆったりした、大がかりな、ちょっと昔風の舞台を見ているような雰囲気で、巧く言えないのだが、大がかりな舞台演出に付随した演奏って感じなのだ。
運動神経抜群の、機能美って感じの、どこかクールに、メタリック系に演奏していないところが、いかにも70年代って感じなのだが、そこが、どっか嬉しい、にやっと笑えちゃう要素なんである。

冒頭は、いかにも〜という感じで始まらないし、全然、重々しく、深刻ぶらない。
えー これじゃ、軽いじゃん。って思って聴いているうちに、さらり〜っと弦が入ってきて、で、そのうちに弦に変わって、金管が柔らかく入ってくる。 で、あらら〜と思っているウチに、盛り上がってくるんです。弦が巧いのかなあ、いや、柔らかい素朴そうな金管が良いのかなあ。なーんか不思議な自然体の盛り上げ方で、嫌みがない。
で、緊張感を強いることなく、えー まだまだ膨らんでるわ。って感じの膨らませ方があって、柔軟性があって、なんか不思議です。 いかにも、滔々と流れて〜 セカセカしてないっていうか。やたらめったらガシガシと弦が動かないところが良いっていうか。いやいや、弦を、忙しそうに、カシカシ鳴らしている盤も好きなんですよ。
でも、聴いているうちに、呼吸感というか、フレージングの長い、主旋律主体の息のながーいフレージング感が、ホント心地良くなってくるんですね。
幾分、録音が高音域の方が勝っているので、ずーっと聴いていると疲れる。
しかし、ずーっと終わりそうで、終わらない「タンホイザー序曲」を聴いていると、大晦日に、ワーグナーを見ているような、そんな雰囲気になってくる。


ショルティ シカゴ交響楽団 1972年〜77年
Georg Solti
Chicago Symphony Orchestra

こりゃ良いわ〜拍手

録音状態は良い。豪快で、活劇風。ダイナミックレンジの大きさに驚かされる。
「さまよえるオランダ人」序曲
「タンホイザー」序曲
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
「トリスタンとイゾルデ」第1幕への前奏曲・愛の死

「タンホイザー」序曲

「どーふぁ どらー らしどどれーどーどーし れーそーふぁみー どれみふぁーれどららーそ」
テンポは、かなりゆったり。静かに潜行しているような雰囲気で、哀しみを感じる。
ホルンが、有名な旋律を吹いていくのだが、その下支えの弦が、正確にフレーズを刻んでテンポを作っていく。この下支えが確固たるモノで、揺るぎない安定感がある。
チェロの幾分甘い音といい、深々とした息づかいと堂々とした佇まいで、涙なしに聴けないフレーズだ。
ねちっこく小節をまわさず、無機質的に演奏しているが、1音目の音に重みがあり、それがフレーズのなかで効いており、充分過ぎるほど、盛り上がってくる。
最後は、打楽器類が入ってくるので、厚みだけでなく派手に鳴ってきて〜 う〜ん。これはナミダメになっちゃいます。
惚れ惚れするほど豪快っ。これぞ、ワーグナーだっ!って感じでしょうか。


小澤征爾 ベルリン・フィル 1989年
Seiji  Ozawa
Berliner Philharmoniker (Berlin Philharmonic Orchestra)

う〜ん。どうだろ

録音状態は良い。とっても精緻なのだが・・・。
カップリング:ワーグナー 管弦楽曲集
1 「さまよえるオランダ人」序曲
2 「ローエングリン」第1幕への前奏曲
3 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
4 「タンホイザー」序曲
5 「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死
「タンホイザー」序曲

小澤さんのワーグナーの管弦楽曲集は、大変精緻で細やかだ。少しボリュームをあげて聴かないと、聞き取れないほどに弱音で始まり、とてもゆったりと奏でられている。
冒頭からのホルンも、かなり静謐な感じで奏でられており、このテンポで、大丈夫なのかな。フレーズの途中で息継ぎをしないといけないし〜と、心配しちゃうほどだったが、もちろん、綺麗に吹かれておりました。
ティンパニーが入ってくると、他盤と同じように膨らみ、同じ程度には大きく演奏されていた。

中間部では、木管も中音域の弦も、見通し良く、やっぱり凄く細やかに収録されている。
ただ、テンポが同じというか、う〜ん ここから、速めに、勢いつけていきましょう〜っていうところも、インテンポでいかれてしまって、ありゃ? まったく気持ちが盛りあがらない。
あのぉ タンホイザーって格好良く、筋肉質に振っていただかないと、あまりに女性的すぎるような気がする。
ヴァイオリンのソロは、大変美しく、確かに聞き惚れてしまうのだが、総体的にスピード感がないことと、細身過ぎて、細部にこだわりすぎかもしれない。
特に、木管と弦だけで奏でている場面で、ヴィオラ?が、必死になって、カシカシカシカシ・・・と、怖ろしいほどにボーイングを始めるのだが、ものすごいこだわりなんだと思うけど、この中音域の弦に焦点があたっている。
焦点があたっているというより、耳が、そっちに行ってしまって、ものすご〜く違和感を感じてしまった。

確かに、必死になって、弓をあげおろししているのは知っているが、CDで聴くと、大量の蚊がブンブン鳴っているかのようで、とっても気持ちが悪い。
金管が、豪快になっている場面(最初の部分)だと、弦のフレーズは気持ち良く聴けるのだが、果たして、ここまで、こだわるのは何故? う〜ん、ラストの場面も同じで、ヴァイオリンの対旋律を大切にしておられるのは理解できるが、金管が豪快に鳴らないと〜 タンホイザーじゃないような気がする。
ヴァイオリンの旋律は、ソフトフォーカスされているみたいで、舞台奥から弾いているの?
チェロが主体になるところは、甘く美しい。ヴァイオリンも、もちろん美しいっ。

しかし、このテンポは、やっぱり遅いと思う。遅すぎでしょう。それに仕掛けるのが速すぎ。
必死になってヴァイオリンがボーイングしてて、ヒートアップしている。
で、熱く鳴ってくるのだが、燃焼してても、う〜ん遅いっ。いくらタンホイザーが好きでも、う〜ん、さすがに遅いのでは。
まだ、ひっぱる? もう、飽きちゃいますよ〜 焦げ付いて聴いてられない。
で、ヤンソンスのオスロ盤も、相当に、弦がカシカシ鳴ってましたけれど、スピードが速いです。同じ風にするなら、勢いがあるヤンソンス盤の方が、すかっと聴けます。自己陶酔しすぎじゃないでしょうか。


ヤンソンス オスロ・フィル 1991年
Mariss Jansons
Oslo- Filharmonien
(Oslo Philharmonic Orchestra)

こりゃ良いわ〜拍手

録音状態は良い。すっきりとしたワーグナーで、サクサクしている。
ところどころテンポを変えて、はっしょてしまうので、えっ。と思うところがあるが、全体的にキレの良さを感じる。

ヤンソンスさんのオスロ・フィル時代のワーグナーの管弦楽版である。
カップリングは、下記のとおり。

「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
「トリスタンとイゾルデ」第1幕への前奏曲、愛の死
「タンホイザー」序曲
「神々の黄昏」ジークフリートの葬送行進曲
「ワルキューレ」ワルキューレの騎行
「ローエングリン」第3幕への前奏曲
「リエンツィ」序曲

「 タンホイザー」序曲

いずれの曲も、すっきりとしてて明晰なのだが、低音の響きが少なく重量感には欠ける。
でも、勢いもあるし、適度に熱い。高音域のさーっとした響きがあって、シャンシャンと打楽器の音とか、弦のキレが良く、全体的に重くないので見通しが良いように感じちゃう。
食感?としては、サクサクした感じがあって、ちょっと変わり種っぽいが、あっさり聴ける。
「どぉ〜ふぁ〜 どぉら〜 らしど どぉ〜れ〜ど どぉ〜し」「れぇ そぉ〜ふぁ〜みぃ〜」
「どれみふぁ〜れ どらら〜そ どれれ〜ど れぇれぇ〜 どぉれれ〜ど れぇれぇ〜 れぇ どぉ〜」 と長い音がずーっと続く。そして、重厚に段々と熱くなって、膨らんで行く。
階段を登っていきながら、金管が音量をあげ、壮大になっていくのだが、この独特のフレーズのなかで、メチャメチャ弦が入っている。
ヤンソンス、オスロ盤で聴くと、この弦の刻みが、弱々しいフレーズのなかから、ホント弱音のなかから、しっかりと入ってて良〜く聞こえるのだ。 で、金管に負けじと、「そそそ そしれ そそそ どどど みっ!」
ジャジャジャ ジャジャジャ・・・というものすごい切れ味の、鋭い刻み音を響かせてくる。
これにこだわって聴くと、かなり面白い。まっテンポの刻みが鋭いんですね。

ただ、なーんか、最後の最後で、はしょり気味で、テンポを変えて、ささ〜っとあがって行っちゃう。
これには、ギャフン。「どっふぁ〜どぉらぁ〜 らしど どぉ〜れど どぉ〜し れそぉ〜ふぁみ〜どれみ」
と、木管フレーズは、最初に付点が入っているような感覚で吹いてくる。
えー これって変でしょ。でも、これって確信犯なんでしょうねえ。
で、これまた、フレーズの裏で、テンポアップされるなか、弦が必死になってカシカシ、シャキシャキと弾いているので大変面白い。 ホント、凄い回転率で、巻き舌気味に、「どしらそふぁみれど しらそふぁみれどし みれどしらそふぁみ らそふぁみれどしら〜」って感じで、猛烈な回転で弦が弾かれている。 どこのオケでも、ワーグナーの序曲では、弦が可愛そうな感じなのだが〜
特に、ここの弦には、真っ赤になって弾いてるんだろうなあ。ぎゃ〜大変だなあ。とっても可愛そう。
でも、面白いなあ〜 んじゃ頑張ってね。という感じなのだ。
可愛そうといいつつ、おもしろがっているワタシもワタシなのだが・・・。(ごめんなさい)
これは、弦に大拍手ってところだろうか・・・。拍手しなきゃー 申し訳けがたちませんね。


チェリビダッケ ミュンヘン・フィル 1993年
Sergiu Celibidache
Münchener Philharmoniker (Munich Philharmonic)

録音状態は良い。 ライブ盤 曲の前後に拍手が入っている。いつものテンポの遅さは、収録されている曲では、違和感がほとんど感じられず、スケールの大きさと、普段聞こえないフレーズが聞こえるので面白い。
カップリング:ワーグナー ニュルンベルグのマイスタージンガー 第一幕への前奏曲、ジークフリート牧歌、神々の黄昏〜葬送行進曲〜、タンホイザー序曲

「タンホイザー」 序曲

このタンホイザーもテンポ設定に違和感はない。「どふぁ〜 どぉら〜 らしど ど〜れ〜ど・・・」と続く金管フレーズに、これも弦がぴたりとつけており、弦と金管のバランスが調和して、しっかり弦が聞こえてくるところが特筆すべきところだろうか。
ただ、フルートが出てきて、弦と共に牧歌風に軽やかに奏でる場面では、重いよなあ。と思ってしまった。
まっ 特別に嶮しさが感じられるとか、秘めたるパワー等は、あまり感じないが、ヴァイオリン独奏の部分では、背中がぞくっとするほど、絹糸がピンと張った美しさを感じる。
最後も、テンポの良さで一気に勢いで行くタイプではないだけに、高音域の弦の美しさと、シャンっと音を切っていくところが面白く、緊張感が途切れない。
弦のフレージングが、これほどまでに透けて、美しく見えるということは、う〜ん、やっぱり凄い。

チェリビダッケさんの演奏は、フルベンさんのようなカリスマ系の演奏ではないが、テンポ設定には、さほど違和感を感じないし、一般的に埋もれてしまうフレーズが浮かんで来るので面白い。
その代わりダイナミックな劇的効果は、期待できない。


バレンボイム シカゴ交響楽団 1994年
Daniel Barenboim
Chicago Symphony Orchestra

「さまよえるオランダ人」序曲
「タンホイザー」序曲
「ローエングリン」第1幕への前奏曲
「ローエングリン」第3幕への前奏曲
「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第1幕前奏曲
「トリスタンとイゾルデ」前奏曲、愛の死

「タンホイザー」序曲

さほど力強いわけでもないし、ホルンが美音ってわけでもない。録音も、もう少し良ければいんだが。
演奏も、重々しく悲痛でもないし。デキとしては、まあフツウって感じがする。
金管の音の大きさに比較して、弦の動きがとっても激しく、よく聞こえる。


レヴァイン メトロポリタン歌劇場管弦楽団 1995年
James Levine
The Metropolitan Opera Orchestra

「さまよえるオランダ人」序曲
「タンホイザー」序曲とヴェーヌスブルグの音楽
「ローエングリン」第3幕への前奏曲
「ワルキューレ」〜ワルキューレの騎行〜
「ニュールンベルグのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
「トリスタンとイゾルデ」〜前奏曲と愛の死〜

「タンホイザー」 〜序曲とヴェーヌスブルグの音楽〜
序曲だけでも充分聴きごたえありの楽曲なのだが、巡礼の合唱が、ヴェーヌスブルグの音楽をはさむドレスデン版になっており、約22分と長くなっている。
録音状態は、まずまず。深々〜っと長い息で序曲を奏でる。ただ、ドイツのオケとは違うので、ちょっと軽いかなあ。って気がする。
タンホイザーは、私的には、くっきり・はっきり、そして暗く重々しく演奏していただかないと、雰囲気が出ないんだが。レヴァインさんには、ちょっと、そのリクエストには応えていただけない。
まあ。がっしりしていないが、自由度の高そうなのが、このメトの良さなのだろう。

マゼール ベルリン・フィル 1997年
Lorin Maazel
Berliner Philharmoniker
(Berlin Philharmonic Orchestra)

あれ〜変 だよ。

録音状態は、期待したほどにはよろしくない。幾分こもりがちだが、永遠に続く〜というような、ワーグナー特有のとろみ感があり、甘美さを胸に抱いた弦の響きが濃密で、やっぱり悩殺されそうになる。
ワーグナー:管弦楽作品集1
マゼール盤だしベルリン・フィルだし〜と思って購入したが、録音状態は、あまり良くない。ヌケがよろしくないのだ。
で、このCDは、ワーグナー:管弦楽作品集1として発売されているもので、カップリングは次のとおりである。
カップリング:タンホイザー序曲、同バッカナール、さまよえるオランダ人序曲、ローエングリン第1幕への前奏曲、神々の黄昏〜ジークフリートの葬送行進曲〜、トリスタンとイゾルデ〜前奏曲〜、同愛と死


タンホイザーの序曲だけでなく、バッカナールを収録しており一連の流れで演奏されている。
ワーグナーを聴くと、いつものことだが〜 タンホイザーの長いフレーズは、やっぱり独特である。繰り返して聴くには、あまりにも日常生活とかけ離れてしまい〜 幻想的で、まどろんで、とろとろになってしまう。いつの間にか、カラダが脱力していくというか〜(笑)
このヌケの良いとは言えない演奏を聴いているうちに、弦のボーイングが緩いというか、心地よく緩いというか〜
ますます脱力してしまって、沈没してしまった。しかし、これが、なにやら面白い〜笑えてしまう。
これは、筋肉質なタンホイザーではないです。
それにバッカナールがついているので、ますます心地よくなってきて、まるで酒をもって池となし、肉を懸けて林となす。というような世界になりそうである。濃密さには負けてないし、悩殺されそうになるんだけど、、、
エロティックという意味ではないけど〜 少なくとも、トリスタンとイゾルデに行き着くまでに、別世界に行ってしまっているような気がする。
ワタシ的には、なかなか、う〜ん これがイチバンを思える演奏には、まだ出会えていないようだ。
できたら、そこそこ健全で、元気そうなタンホイザーの方が好きである。
マゼール盤は、なんか、ちょっと違う気がする。(やっぱ、キモい・・・)

1961年 ショルティ ウィーン・フィル Dec ★★★★★
1972年 ボールト ロンドン・フィル フィルハーモニア管弦楽団 EMI ★★★★
1972年 ショルティ シカゴ交響楽団 Dec ★★★★★
1989年 小澤征爾 ベルリン・フィル Ph ★★★
1991年 ヤンソンス オスロ・フィル  EMI ★★★★
1993年 チェリビダッケ ミュンヘン・フィル  EMI ★★★
1995年 レヴァイン メトロポリタン歌劇場管弦楽団  ★★★
1994年 バレンボイム シカゴ交響楽団 Tel ★★★
1997年 マゼール ベルリン・フィル ★★★
所有盤を整理中です。

「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

Copyright (c) mamama All rights reserved