「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし 〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

ハイドン ピアノ協奏曲ニ長調
Haydn: Piano Concerto


  アルゲリッチ イェルク・フェルバー ハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団
1993年
Maria Argerich
Jörg Faerber  Württembergisches Kammerorchesters Heilbronn

いかすぜっ

録音状態は良い。ラストに向けて快速に〜っ。
カップリング:
1〜4 ショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第1番
5〜7 ハイドン ピアノ協奏曲ニ長調(第11番)
ハイドンの作品は、たくさんありすぎて〜 まだまだ未整理だという。ハイドンの名前をかたった作品も多いらしく、真偽のほどは、わからず、その全容は、明らかにはなっていないそうである。

ハイドンの時代には、鍵盤楽器といえば、オルガンかチェンバロである。1780年頃になって、現在のピアノ(フォルテピアノ)が使われるようになってきたらしい。この作品は、チェンバロではなく、ピアノを想定した作品らしいのだが、一応、ハイドン ピアノ協奏曲ニ長調と表記されている。たまに、第11番という表記も見受けられるが、いずれも同じ作品である。

で、ハイドンの場合、アントニー・ヴァン・ホーボーケンという方が、作品を整理したので、ホーボーケン番号 (Hob.) というのがつけられている。この作品の場合は、Hob.XVIII-11 である。で、第11番という表記もあるわけだ。

あまり馴染みがないので、ウィキペディア(Wikipedia)で調べてみたら
ハイドンのチェンバロ協奏曲は、Hob. XVIII-11だけが多く演奏され、他はあまり演奏されない。と、ほぼ断定状態の記載だった。(笑) ちなみに、作曲されたのは1782年である。
ふむ、このニ長調の協奏曲は、演奏機会が多いが、あとは、さっぱり〜という状態らしい。他に、ピアノソナタの作品もあるのだが、実際のところ、ワタシも、さっぱり聴いていない。

まあ、実際のところ、他に聴かないと・・・と思う楽曲も多いし、パパ・ハイドンの交響曲は3桁も作品があるし、弦楽四重奏曲もあるし、これすら、全て聴くわけにもいかないというのが実情だと思う。
それに、ピアノを聴くなら、やっぱりモーツァルトでしょうしねえ・・・。で、ご本人も、負けていることを自覚していたようで、モーツァルトが登場してから、この分野は筆を折ったとのことである。

ところで、このアルゲリッチ盤は、なんと、ショスタコのピアノ協奏曲と一緒にカップリングされている。
へっ? なんという組み合わせなんだっ。と、驚いちゃったし、もちろん、ワタシも、お目当てはショスタコだった。
アルゲリッチさんには、1980年録音、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番とのカップリング ロンドン・シンフォニエッタ盤もある。結構、アルゲリッチお姉さんは、お気に入りの作品だったのだろう。

1楽章は、オケから始まる。快活な演奏で、「しぃ〜 しっし みっみ しぃ〜」と奏でられる。
ピアノのほうは、可愛い装飾音つきで、同じフレーズを弾いていく。とても草書体だが、軽やかな演奏だ。
「しぃ〜 しっし みみ しぃ〜」 「みみし そそみ ららふぁ みみど ししふぁ れれし・・・」とシンプルだが、楽しい。
これを、力強く、早口で回転させて演奏させて、もりあげて行くのだ。
パラパラ〜っと弾かれていくので、勢いがあって、おちゃめ。

2楽章は、アダージョの楽章だ。まずは、弦で、「しぃ〜 ふぁしれぇ〜 しれふぁ〜 ふぁふぁ ふぁ〜みど ふぁみれ しらそ みれど どしし」と緩やかに演奏されている。
弦のフレーズが、終わると、同じ主題をピアノが演奏していく。このあたりの雰囲気は、モーツァルトとよく似た感じだ。

3楽章は、 とっても快活なロンドである。
「み〜れ み〜ふぁそら しどしっ (しぃ〜どし) らぁ〜そ ど〜みしみ ふぁ〜れみ」
という主題を弾いている。木霊のように呼応するフレーズが入って、ウパウパという合いの手が楽しい楽章である。
アルゲリッチさんの演奏は、自ら早口になり、ノリに乗ってて、ますます早口になっていくところが、面白い。
ありゃー 火柱が立ってくる〜という感じで、ノリノリになって弾いているところが、とっても楽しいのだ。
乗っているアルゲリッチ姉さんの表情が見えてくるかのようだ。
まっ ハイドンの楽曲なので、炎上することはないのだが、ますます、快速になっていくところが、アハハ〜なのだ。

1993年 アルゲリッチ フェルバー ハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団 ★★★★★
所有盤を整理中です。

「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

Copyright (c) mamama All rights reserved