「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし 〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

2290

モーツァルト ピアノ協奏曲第20番
Mozart: Piano Concerto No.20
K.466


モーツァルトのピアノ協奏曲第20番(K.466)は、1785年に作曲されています。
ウィキペディア(Wikipedia)を元に記述すると
華やかさが求められた当時の協奏曲とはうってかわって、激しいパッションの表出的な性格を帯びており、暗く不安げな旋律、劇的な展開、厳しさと激しさの入り混じった感情が表れた作品です。

第1楽章 ニ短調 4/4拍子 協奏風ソナタ形式
チェロとコントラバスのアウフタクトで音階を上昇する音型と、ヴァイオリンとヴィオラの持続する8分音符と4分音符のシンコペーションによるF,A,D音で、第1主題が印象的に始まります。ヘ長調で、オーボエとファゴットの重奏にフルートが答え、ピアノのソロが静かに入り、ヘ長調による第2主題が、ピアノソロから管弦楽へ受け渡され、ピアノ導入部の主題と冒頭の弦の主題とが呼応する展開部を経て再現部へ。オーボエ、ファゴット、フルートによる副主題は、ヘ長調のまま、第2主題がニ短調で再現され、カデンツァを経て静かに終結します。

第2楽章 変ロ長調 2/2拍子 三部形式
フォアマン監督のモーツァルトを主人公にした映画「アマデウス」では、エンディングに使われました。他の楽章と違ってゆったりとした旋律で、中ほどのト短調の中間部の激しいピアノソロが緊張感を与えています。ベートーヴェンがこの曲を好んだのは有名です。

第3楽章 ニ短調、ニ長調 2/2拍子 ロンドソナタ形式
ピアノの分散和音のソロから始まります。ソロの後は、弦楽器でピアノの旋律を一斉に奏し、ロンドソナタ形式で遊び戯れるような無邪気なものとなりますが、曲が進むにしたがって華やかさが増し、カデンツァの後にはニ長調に転じて、壮大に曲が閉じられるものです。

モーツァルトのピアノ協奏曲で短調の作品は、この20番と24番の2曲です。確かにコンサートで聴くと、ありゃ〜暗いっ。しかし、ベートーヴェンが好んだとされだけあって、陰翳が濃く出ており、聴き応えのある作品です。

マレイ・ペライア イギリス室内管弦楽団 1977年
Murray Perahia  English Chamber Orchestra

ふむふむ。


録音状態は良い。少しもやっとしているが、ピアノは、とてもピュアで清潔で癖が少ない。
カップリング:
1〜3 モーツァルト ピアノ協奏曲第20番(1977年)
4〜6 モーツァルト ピアノ協奏曲第24番(1975年
1楽章
うぉん〜うぉん〜っと、うねるようなコントラの低弦の響きと、「みみみみ みみみみ・・・」という、ヴァイオリンの弦の重なりが、ちょっとずれた感じがして、頭出しが合ってないんじゃーっと思うような、とっても気持ち悪く、シンコペーションのどす黒い序奏となっている。ペライア盤は、指揮とピアノをペライアさん自身がしている。
「みぃ〜 みぃ〜 しそみ れぇ どっそみど しぃ〜ど しどしど しぃ〜」っというフレーズも、木管のフレーズと弦のキレのある音が、ヒスッっているような感じがして、弦のフレーズがキツく感じられ、どうも気味の悪い感じが二乗された感じだ。
しかし、長い序奏が終わってピアノが入ってくると、いっきに、この気持ちの悪さが、ピュアな水に変わる。

ペライアさんのピアノは、淡々と弾かれる。
あのどす黒くて、濁ったような水が、段々と、濁りが薄れてきて、すわーっと透明度の高い水に変わってくるかのようだ。
録音状態は、まずまず。さほど透明度は高いとは言えない。
でもね。ピアノの響きは、しっかり聞こえるし、なにをおいても淡々としているが、とても丁寧で、清潔だ。
癖の少ない純度の高さのようなモノを感じる。
オケの方は、ここのオーボエの音は、ペタンっとして、少し音が高め。ヴァイオリンの音も、ちょっと高く感じられて、ちょっぴり鼻にかかった裏声調で、ひっ〜っとボーイングされて鳴ってくるのが気になった。
(あっ あまりピアノとは関係ないですけど・・・)
ピアノは、淡々と弾かれているが、カデンツァに入ると、ちゃんとパッションもある。
音の粒もしっかりあるし、粒立ちの高いものだけど、情感のようなモノが伝わりづらいというか、表面まで、ふわっと、うっと 押し出して、語りかけて出てくるような、強い意思のようなモノは、あまり感じられない。

2楽章
情感のたっぷりとしたピアノではないけれど、木訥としているわけでも、口べたでもなく、しっかりと弾かれている。
でも、どこか控えめで、「そぉ〜 ふぁそふぁそ らそふぁみ み そぉ〜み どど そっそ どぉ〜 れみれ みふぁそ」と、そろっと語りかけているわけでもないが、ウチに入り込んだような感じでもない。
さらっとした感じだ。だが、段々と、後半にかけて語り始める。
「どれみふぁ らそ どれみふぁ らそ ふぁそらしどぉ どみそみ ど」っと終わる。
うわっ 最後になって口を開いたって感じで、驚かされた。

3楽章
ここの楽章はオケが雄弁で〜 弦のフレーズが走って行く。
「ししし らそふぁみ ししし らそふぁみ ドン ドンっ」っと、しししっ・・・という弦の音が、どっか高く感じられる。
「しれみ み みぃ〜れどしら らしし・・・」というピアノ 「みそしみ みっれみっ どぉ〜」というフレーズを、軽やかに、さっと弾かれてしまう。風のようでもあり、「れぇ〜ら らしそ しどら・・・」と、さりげなく駆け抜けて行く。
もっと無邪気に遊んでくれてもいいのに、どこか内気で、控えめで、もっとパッションを爆発してくれてもいいのに〜
なんてお行儀が良いんだろ。
愉悦性とは、あまりご縁がないような〜 情感を表に出してこない演奏だ。客観的といえば良いのだろうか、バッハの連綿とつづく音型を聴いて、面白いと感じているかのようでもある。
これを詩情のある演奏とでも言えばよいのか、ちょっと迷うところだが・・・。オケの方がエネルギーを放出したがっているが、ピアノはあくまでも、クールさは失わないで、冷静だ。
冷たくなりすぎないが、距離を置いて慈しみつつ、自然に発露してくるものがあると思うのだが、あまり情感を表に出さず、濁りの少ない、他に影響を与えないが、自分の純度を守っています〜って感じのような奥ゆかしさを感じる。

内田光子 ジェフリー・テイト イギリス・チェンバーオーケストラ 1985年
Mitsuko Uchida  Jeffrey Tate  English Chamber Orchestra

ほぉ〜良いヤン

録音状態は良い。1楽章は謎めいているのだが、総体的には、細やかな表情で、柔らかく、くすんだまろやかさ、乳白色的な風合いの良さを感じる。
1〜3 モーツァルト ピアノ協奏曲第20番
4〜6 モーツァルト ピアノ協奏曲第24番
他にも24番、25番でカップリング、21番と24番でカップリング、全集の8枚組BOXも発売されている。最近は、クリーヴランド管弦楽団との演奏もある。
1楽章
なにせ、このモーツァルトの暗さが超苦手なワタシ。20番は特に出だしが暗い。
この1楽章は、特に、レクイエムか〜と思うほど、じめっとしてて嫌だな〜と思う。この独特の足を引きずるような、苦しみが畳みかけてくるような、低弦の間合いの悪いところに入ってくる、ガシャ ガシャ〜という音、そして、解りづらいシンコペーション。うへへっ。
「しどしら そふぁみふぁ しどしら・・・」と、劇にリズムを作ってくるところになると、ようやく、暗さが形を表してくるので、むしろ、ほっとするぐらいで〜
この20番は、出だしが、とにかく鳥肌が立つほど嫌なのだ。このオケの序奏部の長さには、いつも辟易してしまって〜
で、テイトさんの演奏も、はあ〜 もわっ むめっとした暗さがある。

ウィキペディア(Wikipedia)で調べてみたら、この1楽章は、
・・・チェロとコントラバスのアウフタクトで音階を上昇する音型と、ヴァイオリンとヴィオラの持続する8分音符と4分音符のシンコペーションによるF,A,D音で印象的に始まる第1主題は16小節目で激しいトゥッティとなる。
その後、ヘ長調でオーボエとファゴットの重奏にフルートが答える。
77小節目から独自の主題によるピアノのソロが静かに入る。
そして、ヘ長調による第2主題がピアノソロから管弦楽へ受け渡され、ピアノ導入部の主題と冒頭の弦の主題とが呼応する展開部を経て再現部に入る。オーボエ、ファゴット、フルートによる副主題はヘ長調のまま、第2主題がニ短調で再現され、カデンツァを経て静かに終結する。・・・とあった。

このチェロとコントラバス、ヴァイオリンとヴィオラの、冒頭の掛け合いが、どうもワタシには、いただけないのである。
ひとことでいうと、相当に不気味。怖い〜。
で、 内田さんのピアノは、淡々と入ってくるのだが、聞き進むにつれて、この淡々さが、秘めた暗さだと感じ始めることになるし、もどかしさを感じるところもあって、多くの表情が映し出されてくるのだ。
フルートの音色と、ところどころ、ピアノの可愛い明るさが出てくるのだが、そこは、表情づけが、こまやかだと思うし、 木管の音色も、柔らかく、パステルカラー風の香りが感じられるし、柔らかな日射しも感じる。
音のノビというか、高い音に行くときの間合いに余裕があり、自由さがあって硬くないし、、、、
しかし、うっかり聴いてしまうと、知らず知らずの間に時間が進んでしまっており、ついつい〜 うとうとしかけると、中間部で、冒頭のフレーズが戻ってくる。
15分弱の1楽章では、オケ全体の音質や、テンポ、全体的な空気感が全体を支配しており、ピアノの存在があまり密ではないのだが、多くの表情が見隠れしつつも、1つに包まれ感というか、内包されているような謎めいた感もしてきて、とても不思議な感じにさせられる。

2楽章
「そぉ〜 ふぁそふぁそ らそふぁみ み そぉ〜み どど そっそ どぉ〜 れみれ みふぁそ」
「そぉ〜 ふぁそふぁそ らそふぁみ み そぉ〜み どど そっそ ふぁぁ〜 み」
可愛いフレーズのような、雨雲が垂れ込めてくるような〜
う〜ん、内田盤で聴くと、2楽章は、くすんだ音質で、どことなく淡々としているものの、思春期の悩みのような、首をかしげた少女のような、ちょっと、なまめかしい感じがする。
美しい旋律というよりは、美しさ〜というよりは、悩める乙女って感じだろうか。
中間部もエキサイトな感じは受けないし、思索する・・・って感じに聞こえる。

3楽章
非常に柔らかい、優美さを感じさせる演奏で、テンポはゆったりしている。
間接照明の光があたっているというか、乳白色の磁器を見ている感じというか、さほど硬質感はない。
で、表情付けがキツくない。
とっても、丁寧で、清潔感があって、柔らかいが、芯があるって感じの音で、とても好ましい。
「れぇ〜ら らしそ しどら れ〜みれ れぇ〜ら らしそ しどら れっどれみ れ〜」 
「しぃ〜 ふぁそみ そらふぁ」「しれみ っみ〜 らしど」
この軽やかなステップ、スキップは、大変優美だ。音の入りが深く、硬くて深みに入るんではなく、柔らかく、ツボにそろ〜っと、はまっていく感じがする。
まろやかというか、口溶けのよい上品なチョコレートを、ひとくち、およばれしているような感じ。

まず、可愛く丁寧に歌っているというか、軽やかだが丁寧で、適度に重みがあり、くすんだ風合いの心地良さがある。
ごわごわ〜してなくて、かといって、ぴーんと張った緊張感ではなく、掌に感じる適度な重量感がある。
羽根のように飛んでいくわけでもなく、煌びやかでもないし、かといって、暗すぎない〜  卓球の球のように、テニス球のように、直線的に飛んでくる軌道を見ているのではなく、ある程度、予想の範囲で落ちてくるバトミントンの羽根のような、緩やかな軌道が見えてくる飛び方というか〜
う〜ん。そんな音の出方という感じなんです。あぁ〜表現が難しいっ。難しすぎるよなぁ。

総体的には、個人的に、いつも、しんどくなる1楽章はともかく・・・
何度か聴いているうちに、3楽章は、内田さんの演奏が好きだなぁ〜と、自然と〜 そう思える演奏ですかね。
ぐいっと有無を言わさず納得させられるような演奏ではないんですけど〜 なんか、何度か聴いているうちに、ツボにはまってくるというか。そんなフシギ感があります。(笑)

エゴロフ サヴァリッシュ フィルハーモニア管弦楽団 1985年
Youri Egorov  Wolfgang Sawallisch  Philharmonia Orchestra of London

こりゃ良いわ〜拍手

録音状態は良い。オケとピアノがいったいになって、美しく響く。
カップリング:
ベートーヴェン ピアノ協奏曲5番「皇帝」(82年)
モーツァルト ピアノ協奏曲第20番(85年)
1楽章
チェロとコントラバスが、冒頭、すすり泣くように奏でられる。
サヴァリッシュ盤で聴くと、暗さはあるものの、ねっとり〜とした感じではないので、少し救われた感がする。
録音も良く、抜けも良いし、フレージングも、さっぱりと執拗に暗く落ち込まない。
また、適度にテンポが推進しており、ピアノのソロに入ってくる部分も、淡泊に感じるぐらいに、淡々と演奏されていく。
オケが主旋律が奏でるなかを、内声部のピアノが、軽やかに演奏して主張しており、オケとピアノの旋律が、まるでさざ波のように、波打ったかのように聞こえてくる。これは面白い。
エゴロフ盤で聴くと、ピアノ協奏曲ではあるものの、ピアノがオケの一部のように、入り込んで演奏している感がある。

オケとピアノの距離感がほどよく離れており、目の前にピアノがある〜という接近した感じがないので、自然と、オケとピアノの音が一緒になって届けられているように思えるのだろう。
きめの細かいピアノであるが、甲高い音ではなく、かといって、指の腹で撫でて演奏しているわけでもなく、しっかりと音がしたまで入っているように思える打音だが、とてもソフトだ。
ピアノの音は柔らかいが、濁るわけでもなく、また、オケにかき消されるほど、ヤワなものではない。
左手と右手の音量のバランスが良く、また、オケとの絡みが立体的に聞こえてくる。カデンツァの部分も、繊細ではあるた、硬質的な繊細さではなく、ツンツンと硬い音ではない。また、柔らかい呟きの瞑想的な雰囲気をも持っている。
楽章最後は、オケが勇壮さを表してくるものの、木管のハーモニーが美しく、

2楽章
柔らかい、そっと置かれていくピアノの音。
「そぉ〜 ふぁそふぁそ らそふぁみ み そぉ〜み どど そっそ どぉ〜 れみれ みふぁそ」
「そぉ〜 ふぁそふぁそ らそふぁみ み そぉ〜み どど そっそ ふぁぁ〜 み」
また、オケが巧いっ。柔らかいフレージングで、弦が、ふわ〜っと入ってきており、ピアノの音質とオケの音質が、絶妙にマッチしていて、木質的な響きで、フレージングの膨らませ方なんて、すごい。
美しいという言葉ではなく、何かないかな〜っと探すのだが・・・ う〜ん。唸るばかりなり。
フレーズの膨らみ感が、ふわっと浮遊しており、語尾の優しさが、特筆するに値する。
特に、伴奏の弦の優しいこと。このうえなく、ピアノと一体となって、どっど そっそ そぉ〜れみれ と、あるべき姿がそこにありますという感じで流れてくる。特に、情熱を込めているわけでもなく、とても自然体というか〜
オケのなかに、ピアノが包まれているかのような響きで、細やかなピアノが、めだつわけでもないし、オケのなかで溶け合っているかのようで、う〜ん すごい。オケとピアノの一体感が、素晴らしい。陶然としてくる。

3楽章
ピアノの柔らかいパッションのある響きを受け継いで、弦が絡んでいく。
ティンパニーの音も優しく、オケの美しい弦の響きのなかで、秘められたパッションという感じだ。
ピアノの粒立ちの良さは、相変わらず感じるのだが、柔らかく淡々と速めに弾いていくなかで、木管との相性も良く、互いにいたわりながら、そっと触れて行くような、なだらかさがある。
特に、オケの音が角張っておらず、また、意地をはって挑発するようなフレーズは皆無だし、神経質さは、ここにない。
互いに信頼しあって、包み、包まれて〜という、オケとピアノの関係が、なんとなく、ど素人でもわかるってものだ。
オケにピアノは必然的に必要なモノって感じで、
ファゴットの音と、ピアノの音質も似てくるって感じだし、オケの木管が主になるところは、しっかりピアノが伴奏にまわっているので、全体としての織りの風合いが、なだからに均質化されていくという感じだ。

う〜ん。ピアノ協奏曲ではあるが、これほどオケと一体になって聞こえてくる盤って、他にあるだろうか。
いや〜 オケのなかにピアノが包まれ、ピアノのなかにオケが入り込んでいるかのようで、すごい良い演奏を聴かせていただいたなあと思う。
特に、オケの個々の楽器の音質が、こう同じように聞こえるのって、無いですよねえ。
ピアノの音質に、吸い込まれるかのように、似てくるので、ちょっと驚いちゃいました。サヴァリッシュさんのオケが、相当にコントロールされているように思います。これは。オケとピアノが一体になった〜 とても良い演奏のように思います。
ワタシも、吸い込まれるかのように聴きました。

バレンボイム ベルリン・フィル 1988年
Daniel Barenboim  Berliner Philharmoniker
(Berlin Philharmonic Orchestra)

まっ こんなモン


録音状態は、まずまず。ライブ盤なので、致し方ないのだが、ワタシ的には、もっと良い録音で聴きたい。
カップリング:モーツァルト ピアノ協奏曲第20番、21番
1楽章
このピアノ協奏曲は、初めて短調で書かれた協奏曲で、ニ短調である。
協奏曲のなかで短調で書かれているのは、この20番と24番があるのだが、結構、ベートーヴェンが気に入ってくれたらしく、ロマン派の幕開けのような雰囲気を持っている。
冒頭、まるでレクイエムかしらんと思うような、重々しさと暗さを持っており、序奏部分が結構長い。
劇的で、ヴァイオリンの悲鳴をあげたようなフレーズや、ティンパニーの重い響きがある。
「しどしら そふぁみふぁ しどしら・・・」と、劇に煽ってくる。
木管は総じて可愛いフレーズを奏でるが、オケが黒い雲のように立ちこめて、光が差し込んで来ないので、ノー天気なモーツァルトというイメージが、ワタシ的には覆ってくるような楽曲だ。

ピアノが入ってくると、少し晴れ間が見えてくるが、くぐもった感じはぬぐい切れなくて〜
短調独特の雰囲気と、思い悩んでいるかのようなロマンティックさも持ち合わせていて、そこに、なかなかに可愛いピアノが転がって入ってくる。
ピアノとオケの異なる性質が、せめぎ合いを演じているようで〜
「しぃ〜ど しらしら しぃ〜ど しらしら」と、劇的に煽ってくるオケのフレーズもあり、葛藤感がある。
バレンボイム盤は、「しらしど しらそふぁ みれみふぁ そふぁそら」 
「しらしど しらそふぁ みれみふぁ そふぁそら」「しらそふぁ みふぁそら しらそふぁ みふぁそら しぃ〜」 
というオケの旋律が硬くて、圧がありすぎて〜 どひゃん。怖い、怖すぎ。
まあ、これぐらい、すごみのある演奏でも良いのだが、ピアノとの違いもわかって、劇的効果があって良いのかもしれないのだが、う〜ん。お世辞にも、録音状態は、よろしくない。もう少し、透明度のある録音で聴きたい。

2楽章
この20番の2楽章は、きっと、あっ 聴いたことがある!と、声をあげると思う。
とても美しいフレーズで、映画「アマデウス」にも使われていたらしい。(← ワタシは、映画のどこで使われていたのかも、覚えていなかった。)

「そぉ〜 ふぁそふぁそ らそふぁみ み そぉ〜み どど そっそ どぉ〜 れみれ みふぁそ」
「そぉ〜 ふぁそふぁそ らそふぁみ み そぉ〜み どど そっそ ふぁぁ〜 み」
とっても可愛いフレーズを、まずピアノで繰り返し、そしてオケに、同じ旋律が引き継がれる。
でも、中間部で、暗雲が垂れ込めて雨が降ってくるような感じ。再び主題は戻ってくるのだが、バレンボイム盤で聴いていると、楽曲自体の可愛らしさや間合いが、天衣無縫とは、ちょっと言いがたいかもしれない。
もうモーツァルトも30歳前だし、子供とは言えないのかもしれないけれど(笑) キラキラした煌めきよりも、湿気を含んだような体の重さというか、疲れてくすんだ感じというか、喉乾きを感じるカサッとした演奏となっている。

3楽章
最終楽章は、勢いのあるアレグロ・アッサイの楽章だ。
1楽章とは、ちょっと違って、清流が渦巻くような、勢いみたいなのがあって、テンポは速い。
ちょっと、カツカツとした勢いでオケが飛び出していくが、軽やかにステップを踏んでいくピアノがいる。
その点、怒濤の状態でもないし、嵐に襲われたような悲痛感は少ないのだが、う〜ん。どうだろ。ピアノの表情は、まだ柔らかいのだが、バックのオケが淡泊な感じがしちゃった。
「れぇ〜ら らしそ しどら れ〜みれ れぇ〜ら らしそ しどら れっどれみ れ〜」 
「しぃ〜 ふぁそみ そらふぁ」「しれみ っみ〜 らしど」

バレンボイムさんが、なぜ、ベルリン・フィルと全集を録音したのか、ちょっとわからないな〜と思ってしまった。
楽曲にもよると思うけれど、オケの響きが無骨というか硬くて、流麗とは言いがたいように思う。
ピアノの表情とは違うし、なーんか、あまりマッチングしてないように感じた。

1977年 ペライア 指揮振り イギリス室内管弦楽団 SC ★★★
1985年 内田光子 テイト イギリス・チェンバーオーケストラ Ph ★★★★★
1985年 エゴロフ サヴァリッシュ フィルハーモニー管弦楽団 EMI ★★★★★
1988年 バレンボイム 指揮振り ベルリン・フィル  T ★★★
所有盤を整理中です。

「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

Copyright (c) mamama All rights reserved