「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし 〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

バッハ 無伴奏ヴァイオリン
J.S.Bach: Sonatas & Partitas for Solo Violin


J・S・バッハの作曲した無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ (BWV1001-1006)は、1720年、バッハが35歳、ケーテン宮廷楽長としてレオポルト侯に仕え、多くの世俗曲(協奏曲、室内楽曲)を書いていた頃の楽曲です。
ウィキペディア(Wikipedia)を元に記述すると
無伴奏とは、通常伴奏を伴って演奏する楽器(ヴァイオリンなど)が、伴奏をともなわないことをいいます。
例えば、「ヴァイオリンソナタ」というと、通常はヴァイオリンと、ピアノですが、完全にバイオリン一挺の場合は、わかりやすいように、無伴奏ヴァイオリンソナタと言われます。

で、このバッハの無伴奏ヴァイオリンは、3曲ずつのソナタ(BWV番号は奇数)と、パルティータ(BWV番号は偶数)の合計6曲からなっています。
3曲の「ソナタ」は、緩・急・緩・急の4楽章の、典型的な教会ソナタの形式をとっており、ソナタの第2楽章には、どれも長大なフーガを置いています。「パルティータ」は、第1番・第2番が、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグという組曲の典型的な4楽章形式で、第3番は、前奏曲、ルール、ガヴォット、メヌエット、ブーレ、ジーグと、フランス風の管弦楽組曲を思わせる舞曲を配置となっています。なお、第1番はジーグのかわりにブーレがおかれ、第2番は4曲の舞曲のあとに有名なシャコンヌが置かれており、曲によっては曲の後半を「ドゥーブル」として、一種の変奏曲にしています。

よくヴァイオリンのコンサートの後、アンコール曲として弾かれることが多いですね。ずーっと通して聴いてても良いのですが、襟を正して聴けっ!と怒られても、演奏家を目指すわけではない素人には、夢のなか〜ムニャムニャとなりそうです。

ソナタ 第1番 ト短調 BWV1001 4曲 パルティータ 第1番 ロ短調 BWV1002 4曲
ソナタ 第2番 イ短調 BWV1003 4曲 パルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004 5曲
ソナタ 第3番 ハ長調 BWV1005 4曲

パルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006 7曲


レイチェル・ポッジャー 1998年〜99年
Rachel Podger

録音状態は極めて良い。奥行き感もあるし、良く響く。
演奏は、う〜ん ど素人なので、技巧はわからないが、柔らかい。しなやかさが感じられて聴きやすいと思う。

レイチェル・ポッジャーさんの演奏は、若々しいし、瑞々しい。

CD1枚目は、1番のソナタとパルティータ 2番のパルティータ
CD2枚目は、3番のパルティータ、2番のソナタ、3番ソナタ
と、多少順番がかわっているが、ワタシ的には、いつも1枚目で挫折しそうになり、2枚目から聴いて、あっ。
聴いたことがあるという曲が出てきた。3番のパルティータの 3 Gavotte en Rondeau ロンド形式によるガヴォットである。まあ、この曲と、2番のパルティータに入っている5番目のとシャコンヌぐらいでしょうか。
あとは、う〜ん。

そう、テンポの速い楽曲から聴いた方が良いと思う。また、全曲通してなんぞ、普通は聴けない。
演奏家でないワタシは、ハイ、正直言って、幾度となく寝てしまいました。ほんと寝てしまうんです。眠くないのに〜
だから、ピックアップして聴くのがお薦めです。
また、いきなり全曲はやめて、いいな〜と思った演奏家の他の楽曲と一緒に収録されたオムニバス盤なんかを買い求めて聴いたほうが、取っつきやすいと思います。バッハなので、いきなり、ガツンっ!がっ!ギー!と出てくる曲は無いですけど、やっぱりねえ〜 重々しいのは、ちょっと敬遠しちゃいますよねえ。

クラシック音楽のCDは、誰の演奏で聴くかを決めて購入することが多いのですが、昔は、名盤○○という本をみて、CDを購入したりしていました。
そこには、複数の評論家さんが、演奏家たちが一生懸命収録したCDについて、自分たちの意見を言って点数をつけ、合計点をはじきだして、推薦する順位を決めたりしていたこともあります。
しかし、もう21世紀だっつーに、50年代とか60年代の演奏を推薦されてもねえ。それに、ずーっと固定的だった。
最初は、ありがたく購入させていただいて、この無伴奏もシェリング盤やクレーメル盤は、今でもワタシのCD棚には収まっていますが、全く聴いていない状態です。
また、そのうちに〜

1967年 シェリング  
1980年 ギドン・クレーメル Ph  
1987年 パールマン EMI  
2002年 レイチェル・ポッジャー Channel Classics ★★★★★
所有盤を整理中です。

「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

Copyright (c) mamama All rights reserved