「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし 〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

シューベルト 4つの即興曲
Schubert: 4 Impromptus D.899 (Op.90)


シューベルトの4つの即興曲(作品90、D899)は、1827年頃に作曲されています。
ウィキペディア(Wikipedia)を元に記述すると
構成的な追求よりも自由な旋律美を優先させており、同時期に作曲された4つの即興曲(作品142、D935)が、一つのソナタに見たてられるのと異なり、それぞれが自由に彩りある個性を見せています。作曲した年に、第1・2曲のみが、1857年に後半の2曲が出版されています。おおむね三部形式ですが、調性は不安定で、原調に解決しないまま終わっている作品が多いです。

第1曲 Allegro moderato
ハ短調。冒頭に現れる主題による自由な変奏曲で、序奏は、G音のオクターヴ。右手の単旋律のみの主題が寂しげな効果を出している。すぐに、変イ長調に移り、変イ短調を交えながら三連符に乗って、雄大な歌がはじまる。転調が多く、ハ短調を確認できるのは調号のみです。コーダは、同主調ハ長調で、最弱音で静かに終わるもの。

第2曲 Allegro 変ホ長調。ロンド形式。チェルニーの練習曲に似た三連符の無窮動で、音階が中心なのでピアニスティックな技巧を見せます。ロ短調・変ホ短調の挿入部は効果的で、コーダも、変ホ短調で終わるもの。

第3曲 Andante 変ト長調。無言歌風の落ち着いた和声に、中声部の三連符アルペジョが装飾を施す構造で、2分の2拍子を表す記号が、2つ並べられているので、作者本人による「2分の4拍子」の指定とされています。出版時は出版業者の意向でト長調に移調されていました。

第4曲 Allegretto 変イ長調。変イ短調のアルペジョが徐々に変イ長調に変化しており、左手のバリトンが美しい曲です。中間部はエンハーモニックな下属調の嬰ハ短調で、暗い情熱が迸るもの。

ワタシの個人的な感想ですが、どうにも暗くて、不安定な感じがぬぐえず、性格に合いません。ウツウツ・・・何をブツブツ呟いているのか、楽天家のワタシには、ちょっと解りかねちゃう人、シューベルトなのです。

ラドゥ・ルプー 1982年
Radu Lupu 

録音状態は良い。ちょっぴり、くすんだトーンだが、憂鬱すぎず、濃密でもなく、一歩引いた抒情的な演奏だと思う。
カップリング:
4つの即興曲D.899(op.90)と同遺作D.935(op.142)
 

シューベルト 即興曲集 D.899(作品90)

シューベルトのピアノ曲は、どうもメランコリック的で、好きではなかったのだが〜 
ルプーさんの演奏は、囁き、つぶやきに似ていて、内向性の性格には変わりないが、客観的に、一歩引いた感じがするし、抒情的だと思う。
シンミリしすぎて、暗い。とても暗い。と、毛嫌いするほどのイメージを、少し払拭してくれる。
内田さんのシューベルトの演奏だと、どうも深淵を覗いているようで、恐い。ぞっとする怖さ、気味の悪さを感じるのだが、ルプーさんの演奏だと、少し安心できるのだ。
まあ、安心できるとはいえ、ワタシテキには心の琴線に触れるというところまで行かず〜 もっぱら、シューベルトとは、性格の不一致ということで、片付けてしまっているのだが・・・。
ホント、性格の不一致、ラテン系の明るめの音楽が好きなワタシには、どうも合わないのである。
この即興曲は、シューベルトの晩年の作品で、「冬の旅」のように、重くて耐えきれない面を持っている。
どうーも、ホント、暗いんだよなあ。つきあいきれない、暗い病的な人で・・・。

1番は、単純なのだけど、つかみきれない。
「ら〜     ど〜れみみみ れみふぁ〜みれ みれど しどれ みふぁみ〜
「ど〜れみみみ れみふぁ〜みれ みれど しどれ ふぁみれ〜」
「みふぁそそ そ ふぁみら〜 そふぁ みれど しどれ そふぁみ〜」

ハ短調って調なのだが、よくわからん。最初の音が「ど」「ら」の間のような1音が叩かれて、しばらく無音。
なーんか、やっぱり暗いのである。最後には熱く語られてるが、執拗なのである。
ルプーさんの音は、柔らかい。ソフトタッチだが、音をキツメに叩くところは、容赦がない。
で、調がわからないので、コロコロ雰囲気が変わって、何が言いたいのか、よーわからん。ということに。
テーマは、上記のフレーズだが、気分屋さんなのか?
まあ。ワタシテキには、春に聴く音楽ジャーないよなあ。で終わっちゃう。

2番
即興曲のなかでは、まあ、本当に即興的に弾かれれているし、パラパラ〜 パラパラパラ〜っと続く。
三連符が流れてくるし、サラサラ〜とした、川のせせらぎのようで、煌めいてくる。
それにしても速い。
これなら春に聴いても良いなかな。というところだが、速すぎて、にゃ〜 ワルツっぽくにも感じられる。
「ど〜 ど〜 どれみれ〜 そ〜 み〜 れふぁれみ〜」
「ど〜 ど〜 どれみれ〜 そ〜 み〜 どみどれ〜」
ハイ、このフレーズだけが印象に残ります。これが音を変えて調を変えて、移り気の雰囲気は、とても良く出ているように思う。 4曲ある即興曲のなかでは、まあ、楽しげに聞こえてくるので嬉しい。

3番
「しぃ〜 しし し〜  ら〜 そふぁみれ そ〜しら」
「しぃ〜 しし し〜  らそ〜ふぁみふぁ ら〜そ」
「ら〜し れ〜どど ど〜 ど れふぁみ〜」
「み〜 みれ れど そ〜 ふぁしらそ〜」
音の切れ目がないような、たらたら〜っと続いて、さっぱりフレーズが切れて聞こえてこない。
息が長いというか、冗長的に聞こえてしまうというか、さみしい、やりきれない、雰囲気を持っている。
まだ、ルプーさんの演奏だと、自然に流れているような気がするが〜
とめどもなく、弱音の美しさは解るものの、男のクセに、女々しいなあ。と思わせられちゃうところが、なんとも、性格の不一致的なのだが、それでも何度か繰り返して聴いていると、はあ。感情が同化しちゃうというか、なんとも不思議な曲である。
フレーズは、天国的でもあるのだが、パラパラ、パラパラと左手のアルペジオが綺麗な曲であり、穏やかで、しんみりと歌われる。 右手の旋律が印象に残るが、調が、ころころと展開して変わっていくため、なかなかに、つかみどころがないような〜 するり〜と逃げていくのだ。 思わず天を見上げたくなるような気にもなるが、この作曲家、自己陶酔型なのかなあ。
それに、左手の音とのバランスが難しいような気がする。

4曲
ああ〜 この曲は、ピアノのレッスン曲でしたねえ。
字余り的になってしまいがちな、細かい音が、いっぱい詰まって、パララ パララ パララ パララ ら〜
と、落ちてくる水のように〜 流れていくんですけどねえ。ワタシ、この曲、苦手でした。
綺麗な曲なんですけど、右手が回らないんですよねえ。
「んちゃ〜 んちゃ〜」というリズムが、なかなか気持ちが良いのだが、パラパラした音の粒に合わないんですよねえ。
ルプー盤は、ちょっと野暮たい気もするが、渋い音色で、さらっと弾かれている。
「みぃ〜ら〜そ ふぁ〜れぇ〜ど しぃ〜みれ どみ〜」
「みぃ〜ら〜そ ふぁ〜れぇ〜ど しぃ〜みれ どみ〜」
「どみ〜 どふぁ〜 れふぁ〜 ・・・ どら〜そ ふぁら〜・・・」

煌めき度は少ないのだが、くすんだ輝きというか、転調を繰り返す短調の部分が綺麗だ。
春めいてはいるのだが、陰っているというか、落葉樹の木陰で、ひんやりした、幾分湿気を含む、木の香りを嗅いでいるような。
腐葉土たっぷりの濃い茶色の土、しっけた、土のうえで佇んでいるような。感じ。
外は、明るい陽射しが射し込んでいるにもかかわらず、どっか、足元が、湿気ているんだよなあ。

優しい音色で、しんみり〜 しっとり〜 ちょっと茫洋とした感じもするけれど、エキセントリックに演奏されるよりは、ずーっと好ましい。個人的には、第4曲は、もう少し、明るめの音質でも良いんだけどなあ。
音自体は太めで渋い。軽やかさよりは、しっと〜り気味。抒情的だが、ちょぴり女々しいところも。

アルフレッド・ブレンデル 1988年
Alfred Brendel

録音状態は良い。クリアーで整然としており、まろやかだが、煌めき度も高く、清潔で解りやすい。
カップリング:
4つの即興曲D.899(op.90)、同遺作D.935(op.142)、16のドイツ舞曲D.783(op.33)

シューベルト 即興曲集 D.899(作品90)

1番
ブレンデルさんの演奏は、ルプー盤とちょっと違ってて抒情的というよりは、きっちりと弾かれていて、清潔というか、少し活気がある。
普通と言う言い方は変だし、言葉は悪いが〜 綺麗な粒立ちと、1音1音が丁寧に聞こえてくる。
4つの即興曲の性格の違いを、綺麗に弾きわけてくれているような感じがする。
音の区切りを極めてクリアーだし、てれ〜っとは音を置いていない。ピアノそのものの音や、録音の仕方が違うのは、ともかくとして、1音の残響が心地良い。クリアーなのだが、ソフトだし、まろやかでもあるし、音が丸いのだ。

1番の曲想が、ちょっと暗めなのは仕方ないんだけど、引きずらない感覚が、爽やかであり、高音の音が綺麗である。このコロコロ調が変わっていく、難しい曲を、1つ1つのフレーズが、持つ意味を、それぞれ、きっぱりと違うという雰囲気で、違いをわからせてくれるような気がする。
素人のワタシでも、調が変わるのが、なんとなく、解るなあ〜。
その違いを楽しむことが出来そうな気がするな〜と思わせてくれるのだ。

音をずらして同じフレーズを奏でるところも、う〜ん。綺麗っ。弱音のクリアーさも良い。
理知的というか、分析して届けてくれているような気がして〜 
全体的な雰囲気を、トータルで聴かせるというよりかは、違いをハッキリと出すことで、聴き手のなかで、整理ができるような気がする。そして、最後には、曲の持つ雰囲気が明らかになるように持っていくような感じだろうか。
なんとなく、トータルで雰囲気をつかむ。というアプローチも大事だけど、細部は、クリアーな方が良いかもしれない。
しかし、約10分程度の曲だが、よくま〜 こんなに雰囲気がコロコロ変わるものだ。
何度聴いても、とりとめのない呟きに聞こえるが、それでも、ワタシテキには耳を傾け、聞く気にさせてくれる1枚である。

2番
パラパラ〜 パラパラパラ〜っと続く 、川のせせらぎのような曲だが、ブレンデル盤で聴くと、フレーズが綺麗に、均一的に流れてくる。速い三連符が、きっちり収まっていて、崩れないところがスゴイ。
「ど〜 ど〜 どれみれ〜 そ〜 み〜 れふぁれみ〜」
「ど〜 ど〜 どれみれ〜 そ〜 み〜 どみどれ〜」
「ど〜 ど〜」という中に、「んタララ〜 んタララ〜」という最後の音が、リズミカルで、ハープのように聞こえてくるのが、とっても印象的だ。
それがまた、精密機械のように、綺麗に収まってる。言葉にすると、きっちり丁寧で、正確だ。という言葉になってしまうが、音が、均一で収まるというのが、気持ちよいんだな〜っと感じさせる1枚かもしれない。
次の音が、頭のなかで拍を取っているところへ、予想されるところに、ピタっとはまってくるのだ。
ジグソーパズルが、ピタっと、はまったように、うん。この感覚は、こりゃ〜 気持ちよい。

3番
女々しい曲だと、どうもワタシ的には気持ち悪い曲なのだが、ブレンデル盤で聞くと、う〜ん。
こりゃ〜爽やかで、清々しい気持ちになる。歌う旋律が、みごとに浮かび上がってきているので、自然と、耳に馴染みやすいのだ。
いつの間にか、口ずさんでいる自分に、びっくり〜。
下に沈殿させるというか、埋没させたい音と、綺麗に、上に浮かようとする音との違いが、綺麗に分離されていて、聴いてて、よくわかるなあ。
これが、聴き手の耳に届くと、気持ち良さに繋がるのだろうか。
音のクリアーさ、硬めの音と柔らかい音と、強めの音と弱い音と〜 ハイ、綺麗に区分されてて、すっきり聴けます。これだと、好きになれそう〜。

4番
極めてクリアーに、粒立ちの良い音が、執拗な感じを与えずに踊っている。
前半の煌めきと、後半のくすんだ感覚が、とても鮮やかに対比されているが、後半の陰りや、くすみのなかでも、煌めきは沈み切らず、どこか、輝いて見えてくるのだ。
で、また、舞い上がって煌めいてくれる。
う〜ん。ドラマティックで、こりゃ〜良いですね。スマートです。可愛いし〜
音が、上に舞い上がっていくような雰囲気があったり、音が、下から舞い降りてくるような感じもして。
いい曲じゃん。と思ってしまいましたね。
パララ パララ パララ パララ パララ パララ〜 っと、いつまでも聴いていたい気分に。
ルプー盤は、湿気を感じてしまったが、ブレンデル盤は、爽やかで軽やか。すっ〜と爽快で、煌めく春の息吹を感じ、喜びに繋がる気分で終わる。

なんだかブレンデル盤で聞くと、暗い〜と言っていた雰囲気が払拭されて、ちょっぴり元気で、落ち着けますねえ。
ルプーさんの演奏で聴くと、とろり感があるというか、ヨーワカラン。と言うところもあり、抒情性は確かに感じるものの、その感覚が肌に合わない、合いづらいところもあるのだけど・・・。
ブレンデル盤が、万人向けということになってしまうかも〜
いやいや、完成度が高いというか、旋律が分離され、フレーズが繰り返されてきても、違いがあったりして、きちんと計算された上で提示されているようで、気持ちが良いんですねえ。
うん。ワタシ的には、シューベルトの苦手意識が、かなり払拭された盤でした。
あっ そうそう。アルフレッド・ブレンデルさんと書いてますが、アルフレート・ブレンデルと表記されることもあります。
ダニエル・バレンボイム 1977年
Daniel Barenboim 

いかすぜっ

録音状態は良い。健康的でチャーミングなシューベルトである。
カップリング:
1〜4 シューベルト 即興曲集 D.935(作品142)
5〜8 シューベルト 即興曲集 D.899(作品90)
シューベルト 即興曲集 D.935(作品142)

このCDでは、作品番号順ではなく、即興曲のD.935の方が先に収録されている。
で、前項では、即興曲集の作品90 D.899の方をご紹介したので、ここでは、その続編の方をご紹介しようと思う。

ウィキペディア(Wikipedia)を元に記述すると
4つの即興曲(作品142、D935)は、最晩年1827年頃の作品で、ピアノソナタという形式をとらないが、シューマンによって、実質、ソナタとも呼べる優れた構築性が認められるとのこと。

第1曲 Allegro moderato
ヘ短調 展開部を欠いたソナタ形式 4/4拍子
下降音階を基調にした第1主題。右手の豊富な装飾音は、作者が落ち着きない演奏を避けるため、あえて演奏者に負担を強いたといえるもの。第2主題は、変イ短調。右手と左手との交差は、同時期に作曲したピアノソナタ第20番と同様で、再現部でヘ短調になるもの。

第2曲 Allegretto 変イ長調 4/3拍子
優雅なメヌエット風の楽曲で、中間部は下属調変ニ長調。軽やかな三連符のアルペジョが登場する。

第3曲 Andante 変ロ長調 変奏曲
劇付随音楽「キプロスの女王ロザムンデ」のD-D-D-B♭-B♭-A-A-A-E♭の旋律は、TVCMにも使われたことがある。
主題の後に、5つの変奏が続くもの。
なお、この即興曲集全体を一つのソナタと見なしたシューマンだが、この第3曲だけは別の曲と考えていたそうだ。
第1変奏は、付点リズムの流れるような変奏。中声部に巧みな分散和音を組み込んだもの。
第2変奏は、装飾音のついた6度の和声による変奏で、左手のオクターブが印象的である。
第3変奏は、同主調。三連符が全曲を支配しているもの。
第4変奏は、変ト長調。右手の速い分散和音にロマン的なF#音が織り込まれており、シンコペーションも効果的で、ジャズに近い雰囲気がある。
第5変奏は、音階を元にした華麗なもので、再び低音で主題がG♭音を伴って回想され、静かに終わるもの。

第4曲 Allegro scherzando ヘ短調
狂詩曲のような、組曲の終曲にふさわしい作品。8/6拍子
装飾音がついたC-C-C-C-C-C音の主題で、中間部は、変イ長調と変イ短調がつかず離れず音階・ユニゾンで現れるもの

で、最晩年の曲は第3曲が、「ロザムンデ」の主題を使った変奏曲だし、結構聴く機会が多い楽曲になるのではないだろうか。「み〜みみ どぉど し〜しし ふぁ〜 みぃみみ みらら れ〜 どれど みれそぉ〜」 
と、チャーミングな曲だ。バレンボイムさんのピアノは、ハッキリとしてて、とても健康的で、明るい。
やっぱり歌謡風のフレーズを、なかなかにキュートで可愛く表現している。
ピアノのお稽古のような楽曲が詰まっているし、実際に、ピアノの練習曲としても取りあげられているけれど〜
とっても、わかりやすくて〜 楽天家のワタシにとっては、この即興曲集の1曲目なんて、とても気に入っている。
1977年 バレンボイム ★★★★
1982年 ラドゥ・ルプー Dec ★★★
1988年 ブレンデル Ph ★★★★★
所有盤を整理中です。

「 頭のなかの ♪ おたまじゃくし〜クラシック音楽を聴いてみよう〜」

Copyright (c) mamama All rights reserved