2018-08-28 up

第215回在日外国人生徒交流会
 10月7日(日)10時〜、法隆寺国際高校で特別企画「ビデオレターをつくろう!」を開催します。(8/28)
【お詫び】しばらくWebサイト更新ができませんでした。更新を再開します。

第213回在日外国人生徒交流会
 4月29日(日)10時〜、香芝高校です。
【お詫び】しばらくWebサイト更新ができませんでした。更新を再開します。

第28回研究集会
 8月18日(木)、かしはら万葉ホールにて第28回県外教研究集会を開催しました。金井英樹さんの記念講演や、合計6本の実践報告で学び合うことができました。(8/21)


第55回学習会
 7月27日(木)、やまと郡山城ホール大ホールにて第55回県外教学習会・矢野デイビットさんのトーク&コンサートを開催します。ふるってご参加ください。(7/25)

→クリックで拡大

【お詫び】しばらくWebサイト更新ができませんでした。更新を再開します。

第53回学習会
 8月1日(月)、やまと郡山城ホール大ホールにて第53回県外教学習会・李政美(いぢょんみ)さんのトーク&コンサートを開催しました。500名を超える参加者とともに感動と学びの研修となりました。(8/2)

第26回日本語指導研修会
 7月28日(水)、第26回日本語指導研修会を開催し、安田乙世さんを講師に研修を深めました。40名以上の参加があり、日本語指導が必要な子どもたちに対する具体的な支援について学ぶ事ができました。(7/28)

第201回在日外国人生徒交流会
 7月17日(日)、天理大学オープンキャンパスに参加して、参考館の見学もします。9時30分に天理駅前に集合してください。
参加生徒は7名でしたが、オープニングセレモニーの後はそれぞれの関心にあわせてミニ講義を受講し、キャンパスランチを楽しみ、午後は参考館(博物館)ツアーにも参加しました。
【お詫び】しばらくWebサイト更新ができませんでした。更新を再開します。

第52回学習会
 2月2日(火)、第52回学習会を開催します。在日外国人生徒交流会が2/11で第200回を迎えるにあたり、交流会の歴史をふりかえり、その意義を学ぶことをテーマとします。多文化共生教育の重要な要である、子どもたちの出会い・アイデンティティの保障・未来への展望の取り組みを確かめ合いましょう。(1/4)

第198回在日外国人生徒交流会
 9月27日(日)、2015年度4回目(通算198回目)の交流会を、リーベル王寺で開催しました。他府県からの参加もあり、韓国朝鮮のピビンパ、フィリピンのメヌド、タイのグリーンカレー、沖縄のタコライスを作り、みんなで楽しく食べた後、第200回の交流会に向けて、アイデアを出し合いました。(10/19)

第26回県外教研究集会
 8/18(火)、奈良県社会福祉総合センターで、ほぼ300名の参加をえて第26回奈良県外教研究集会を開催できました。午前中の全体会では、開会行事・基調提案に続き、全外教事務局長で元県外教事務局長の寺井秀登さんから「多文化共生社会実現への教育実践の深化をめざして」と題してご講演いただきました。午後は3分科会で6本の報告と質疑・討議が行われ、充実した研修となりました。(10/19)

第51回県外教学習会
 7/29(水)、やまと郡山城ホール大ホールを会場に、ダブルの子どもたちとむきあうというテーマで開催しました。京都インターナショナルユニバーシティ―アカデミー(KIU)のトニー・バレラさんの講演と、映画「HAFU」の上映を通じて、多様な子どもたちの多様な姿にいかに向き合うかを考えるたくさんのヒントをえることができました。(7/30)

第21回在日外国人高校生のための就職・進学セミナー
 7/28(火)、大阪の森山玲子さん・朱嘉慧さん・三重の太田カルロスさんをゲストに、「新渡日」外国人生徒としての体験や進路実現への努力、具体的に役立つ情報などをしめしていただき、参加した高校生たちも熱心に聞き入ってくれました。(7/30)

第25回日本語指導研修会
・7/27(月)、「日本語指導が必要な子どもたちの学力保障をめざして〜日本語指導教員と学級担任の連携〜」をテーマに開催しました。第一講座・第二講座では「おおさかこども多文化センター」の安田乙世さんから支援のあり方や具体的ヒントを、第三講座では日本語指導教員の中尾ひとみさんからDLAの説明と実践例を教えていただき、参加者同士の交流ももつことができました。(7/28)
 ※紹介された資料へのリンクです。
・「ようこそOSAKAへ 帰国・渡日児童生徒の受入マニュアル」 (大阪府教育委員会、2010年3月)
 別冊「チェックシート・個人カード
・「ようこそOSAKAへ パートII 日本語指導アイデア集」 (大阪府教育委員会、2011年3月)
・「外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメントDLA」(文部科学省、2014年1月)
・「外国人児童生徒受入れの手引き」(文部科学省、2011年3月)
【お詫び】しばらくWebサイト更新ができませんでした。更新を再開します。

第194回在日外国人生徒交流会
・2014年度6回目の交流会は、3月21日(土)に開催します。年度当初の予定では3/22(日)でしたが、変更します。尚、第193回交流会は、予定通り2/11に開催します。(12/21)

第25回研究集会
 8/19(火)、奈良県社会福祉総合センターで、ほぼ300名の参加をえて第25回奈良県外教研究集会を開催できました。午前中の全体会では、開会行事・基調提案に続き、京都教育大学浜田麻里教授の講演があり、午後は3分科会4分散会で9本の報告と質疑・討議が行われ、充実した研修となりました。(8/19)


第24回日本語指導研修会
 「日本語指導が必要な子どもたちの学力保障をめざして〜日本語指導教員と学級担任の連携〜」をテーマに、京都市教委指導主事の大菅佐妃子さんを講師に講演・ワークショップで充実した研修をしました。(7/29)

第49回学習会   →クリックで拡大
 夏の学習会は、7/30(水)午後2時から・やまと郡山城ホールで、「大池中学校PTAおやじバンド」のみなさんをメインゲストに、ライブ&トークで開催します。(7/29)
約500名の参加のもと、楽しく深いトークと、懐かしくも熱いメッセージソングの数々で、充実した時間を過ごすことができました。「大池中学校PTAおやじバンド」のみなさん、ロゴ入りサンダル販売のみなさん、アピールをしていただいた方々、参加されたみなさんへ改めて感謝いたします。保護者や子どもたちと向き合う教員として、その前に、地域で生きる人間として、たくさんのヒントと勇気を与えていただきました。(7/31)

 


第24回日本語指導研修会
 「日本語指導が必要な子どもたちの学力保障をめざして〜日本語指導教員と学級担任の連携〜」をテーマに、京都市教委指導主事の大菅佐妃子さんを講師に講演・ワークショップで充実した研修をしました。(7/29)

第190回在日外国人生徒交流会
・2014年度2回目の交流会は、6月15日(日)、飛鳥をサイクリングでまわり、渡来人の活躍などを見て回りました。中高校生14名を含む約24名の参加で、日に焼けながら、亀石・飛鳥寺・万葉ミュージアム・石舞台・高松塚古墳をめぐりました。(6/15)

第25回総会
 2014年度の総会は、5月20日(火)に開催します。(5/12)

第189回在日外国人生徒交流会
・2014年度最初の交流会は、4月29日(休)、帝塚山高校を会場に開催しました。高校生15名を含む総勢32名の参加で、みんなで水餃子・グリーンカレーを作って交流を深めました。(4/29)


高等学校等就学支援金制度(新制度)について
・2014年度以降の高校入学者を対象とする新しい制度です(→文科省の該当ページ)。
・日本語を含め、8言語のリーフレットも掲載されています(→文科省の該当ページ)。
・各高校で、必要な言語のリーフレットを印刷し、配布してください。(3/4)

第187回在日外国人生徒交流会
 2013年度第5回目の在日外国人生徒交流会は、2月11日(日)に開催します。拡大版ということで、広く日本人生徒にも参加してもらい、交流の輪を広げようと、楽しい企画を用意しています。(1/14)
 ※右の画像をクリックすると生徒が作成したポスターがダウンロードできます。

なら国際こどもフォーラム2013・夏
 6月23日(日)、橿原市畝傍北小学校で開催し、9か国27名の子どもを含め、大学生も多数参加してくださり、総勢100名の集会となりました。多文化ゲームをたっぷり楽しみ、保護者の皆さんにご協力いただいた水餃子もとても好評で、わきあいあいと交流することができました。(7/22)

第184回在日外国人生徒交流会
 2013年度第2回目の在日外国人生徒交流会を、6月16日(日)に開催しました。神戸南京町散策のあと、神戸市海外移住と文化の交流センターで、南米移民の歴史について学び、参加者同士の親睦を深めることができました。(7/22)

第24回総会
 2013年度の総会は、5月21日(火)に開催します。(5/10)

第183回在日外国人生徒交流会
 2013年度第1回目の在日外国人生徒交流会を、4月29日(休)に開催しました。初参加の生徒も多く、生徒・教員を含め、総勢約40名の賑やかな交流会となりました。スペイン人一家に来ていただき、パエリアやソパデポタータというじゃがいもスープをみんなで作り、スペインについてのクイズやフラメンコを楽しんだりして充実した一日となりました。(5/10)

お詫びとお知らせ
 この「Topics」欄をはじめ、Webサイトのあり方を再検討し、リニューアルすることになりました。多文化共生教育を推進するため、より適切・有益な情報提供をめざします。しばらくご不便をおかけしますが、ご容赦ください。(2/4)