商品売場 通販法表記 注文方法 店舗案内 掲示板 お問い合せ
日本酒ミニ知識日本酒ミニ知識2ビールミニ知識焼酎基礎知識トップページ

焼酎基礎知識

 原料別での焼酎の種類

米焼酎  濃厚なうまみが特徴。ストレートかお湯割での方が濃厚さが生きる。熊本県球磨郡や人吉市辺りは、米焼酎作りに理想的な土地柄でまろやかな口当たりと、上品な芳香を生む。それゆえ、特に産地名を冠して「球磨焼酎」と言う。
泡盛
沖縄地方で作られている米焼酎。米焼酎との違いは『タイ米を使用』『黒麹菌を使用』『原料を全て麹にして発酵させる(普通は3分の1だけ麹にし残りは蒸して発酵させる)』こと。この為、泡盛独特の風味が生まれる。しかし、蒸留直後の泡盛はまだ質が荒く飲めないので熟成させ、まろやかにする。三年熟成させたのを「古酒(クース)という。水割りか、オンザロック向き。古酒ならストレートで。
麦焼酎
麦特有のこうばしい香りがあり、まろやかで甘味がある。どのような飲み方にもあう。

黒糖焼酎
奄美諸島でのみ生産される和製ラム酒(ラムの原料も黒糖)。味が濃くて甘味があるが、ラムのように甘ったるくはなく、仄かに米麹と黒糖がミックスされた芳香がある。オンザロック、水割り、お湯割などで。
芋焼酎
サツマイモを蒸し焼きにして仕込むため、独特のソフトな甘味と、うっとりするような香気をもつ。混ぜる水分の割合を変えても風味が損なわれない。お湯割り、水割り、オンザロックで。

清酒焼酎


清酒同様に搾ったモロミから蒸留して造る。香りがよく、軽いタイプに仕上がる。水割り、オンザロック、ストレートでも冷やした方がよい


よくある!焼酎用語

発酵食品(味噌・醤油等も含む)を作るときに欠かせない菌の事。米に付着させて繁殖させる。
大雑把に分けて白麹・黄麹・黒麹がある。使われる種類により、仕上がる味に違いが出る。
白麹→全体に穏やかで落ち着いた味わい。飽きの来ないタイプ
黄麹→スッキリ爽やかにしあがる。気温が高いと酒が腐ってしまうので手数をかけてもらっている。
黒麹→芯の通ったしっかりした味わい。香ばしく仕上がり、最近は黒麹ファンが増えつつある。
減圧蒸留 蒸留するときの空気圧を通常より低くし、沸騰する温度を下げて蒸留する手法(高度の高い地点=空気の薄いところでは、水が沸騰する温度も低くなるのと同じ原理。例えば、富士山頂で水が沸騰する温度は80度)
低温で蒸留されることにより、雑味が少なく飲みやすい仕上がりになる。
常圧蒸留
減圧の反対で、通常の気圧で蒸留する手法。素材の味がくっきり現れる。コクのある味わい。

ハナタレ
(初溜)
もとを蒸留したとき、最初に流れ出る部分のこと。アルコール度数が高く、濃度、香りとも高い。
にごり 貯蔵過程で現れる、フーゼル油成分の再結晶などを漉し取らずにそのまま出荷されるもの。



i