Nara City Museum of calligraphy in honour of Kason Sugioka


  奈良市杉岡華邨書道美術館は、当時文化功労者で、2000年秋に文化勲章を受章された杉岡華邨氏より、奈良市が作品の寄贈を受けたのを機に、先生の功績を称え、貴重な作品を永く後世に伝えるとともに、書道の発展に寄与するため、2000年8月4日に開館した書道専門の美術館です。
 ユネスコの世界遺産にも登録された元興寺の旧境内に広がる「ならまち」に位置し、古い町並みに溶け込んだ落ち着いた白い建物が目印です。皆様のお越しをお待ちしております。


Topic
■ 謙慎の書B 青山杉雨の門流―
樽本樹邨と轟友会選抜展 図録

現在開催中の「謙慎の書B 青山杉雨の門流― 樽本樹邨と轟友会選抜展」の全出展作品を収録した図録を頒布いたします。現代漢字書の巨匠であった青山杉雨の門流に注目し、日本芸術院賞受賞作家の樽本樹邨先生と轟友会より選抜された先生方の作品をご紹介します。
頒布価格 1,000円


展
覧
会
【秋季企画展】



中国書法から影響を受けた
日本の漢字書家
―碑学派、帖学派とその周辺―


第1期
平成28年9月3日(土)〜11月6日(日)
第2期
11月12日(土)〜平成29年1月15日(日)

 講演会・講座
書道文化講座

中国へのあこがれ
講師 西嶋慎一先生
書道文化研究家

9月24日(土)

作品解説会開催予定

9月17日(土)


催し&News  
 
■ 謙慎の書B 青山杉雨の門流―
樽本樹邨と轟友会選抜展 図録

現在開催中の「謙慎の書B 青山杉雨の門流― 樽本樹邨と轟友会選抜展」の全出展作品を収録した図録を頒布いたします。現代漢字書の巨匠であった青山杉雨の門流に注目し、日本芸術院賞受賞作家の樽本樹邨先生と轟友会より選抜された先生方の作品をご紹介します。
頒布価格 1,000円
 
■近現代かな書の流れ@ 上代様からの再出発

明治から平成にかけてのかな書の変遷を数回に分けて検証するシリーズの第1回展。御家流を筆頭とする流派書道が中心だったかな書に、平安中期に完成した「上代様かな」を範とする新たな動きが始まります。本展では、上代様を復活さえ、古筆学の研究と古筆資料の普及し世に広めた先駆者たちを紹介。

【出品作家】
多田親愛・阪 正臣・小野鵞堂・大口周魚・岡山高蔭・田中親美・
尾上柴舟・山本行範・吉澤義則・出雲路敬通・中野越南・
藤岡保子・熊谷恒子 (敬称略)
頒布価格 1,000円
 
■ 講演録 切手から始まるご縁

本年6月22日に開催した講演会を一冊にまとめました。日本芸術院会員で日本画家の中路融人先生は、杉岡華邨と多くの合作を残して来られましたが、一流の作家による書と日本画の合作は現代では極めて稀なことです。中路先生自ら語られる合作への思いや合作に至る不思議なご縁についての話は必読です。
頒布価格 300円
■ 一旦辞するにあたり 書家杉岡華邨との日々
 著・杉岡和子
長年、妻として杉岡華邨を支え最も近くで見続けた筆者だからこそ語ることができる華邨の半生が、軽妙かつ緻密に描かれており、華邨ファンでなくとも読み応え充分な1冊です。

≪第1章 知られざる杉岡華邨の制作過程の秘話≫
≪第2章 杉岡華邨のライフワーク・源氏物語≫

≪第3章 杉岡華邨の人間性≫
NHK出版 1,800円(税別) 

 
お知らせ
 

奈良市杉岡華邨書道美術館の清掃業務にかかる
一般競争入札の公告及び資料の配布は終了いたしました。

  一般財団法人奈良市総合財団 奈良市杉岡華邨書道美術館 

 
 展覧会
 ■展覧会予定
 ■開催中の展覧会
 ■過去の展覧会


 講演会・講座
 ■講演会・講座予定
 ■過去の講演会・講座

 杉岡華邨・かな書
 ■杉岡華邨氏について
 ■かな書について

施設案内
 ■開館日・観覧料金
 ■交通アクセス
 ■美術館について【準備中】

 ミュージアムショップ
 ■図録等紹介

 奈良市杉岡華邨書道美術館
 一般財団法人奈良市総合財団
 〒630-8337 奈良市脇戸町3番地
 TEL 0742-24-4111
 FAX 0742-20-6677

 http://www3.kcn.ne.jp/~shodou/
 E‐mail shodou@m3.kcn.ne.jp

facebook
公式facebookからも最新情報を発信しております。

一般財団法人 奈良市総合財団
奈良市杉岡華邨書道美術館の指定管理は一般財団法人奈良市総合財団が行っています。