交通事故後遺症について
  (多いのはむちうち損傷だと思われます)


車の追突や衝突事故による、特異な受傷機転からむちうち損傷 (むちうち症)といわれます。

車に乗っていて後方から追突されると、体は前方へ移動しますが、
頭部は静止の慣性によって取り残されるので首が過伸展し、反動で過屈曲し、首周囲の軟部組織の損傷を起こすものです。

この動きが鞭の動きに似ているため「むちうち」と呼ばれます。

医学的な病名としては、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などが当てはまると思われます。

首の過伸展・過屈曲により、靭帯や神経が引き伸ばされたり関節に歪みの力が加わると思われます。

症状として、頸肩腕部や背中に痛みやシビレ、頭痛、吐き気などが出る場合があります。

なお、後日頭が重い、目が疲れる、腰が重い、だるい、こる、など自律神経の失調でみられる症状が現れることもあります。

症状の程度や期間は、必ずしも事故の大きさと一致するものとは限りません。

交通事故では、「相手方や保険会社との問題」「日常生活の問題」などストレスとなることもありますので、心身ともに回復安定が必要です。

自動車損害賠償責任保険で鍼灸治療を受診することができます。