Vol.011

最後の0系乗車

 ”新幹線”といえば、いまだに0系が頭に浮かんでくる世代で、まさに「夢の超特急」というキャッチフレーズも心の中に刻まれています。
 その0系も2008年に引退が決まり、JR以降緑色ベースに変更された塗装をオリジナル塗装に戻されて運用されました。0系を写真に収めることは過去なかったので、最後に乗車を兼ねてその姿を見るべく同年の8月に新大阪駅まで出かけました。

 新大阪駅20番線に静かに滑り込んできたR67編成の0系こだま。同じく大勢の人がその姿にカメラを向けていました。
2008年 8月10日(日) 新大阪   22-7951 ほか 
***
 1号車側先頭、この優しい丸いデザイン、好感が持てますね。
2008年 8月10日(日) 新大阪   21-7951 
***
 6両編成になったとはいえ端正なスタイルは変わりませんね。充当は、新大阪7時59分発こだま639号博多行き。
2008年 8月10日(日) 新大阪   21-7951 ほか 
***
 20番ホームに移動して”顔”をアップで...。
2008年 8月10日(日) 新大阪   21-7951 ほか 
***
 運転台窓周りも長らく使用された状況が伝わってきます。出発前のチェックも入念に...。
2008年 8月10日(日) 新大阪   21-7951 
***
 4号車の26形7013号、側面行先表示器がいい味出してますね。
2008年 8月10日(日) 新大阪   26-7013 
***
 4号車指定席に乗り込みます。デッキの造りも昭和を感じさせますね。
2008年 8月10日(日) 新大阪   26-7013 
***
 車内の様子。座席は2+2列になっており、ゆったり座ることができました。
2008年 8月10日(日) 新大阪   26-7013 
***
 新大阪から約25分ほどで西明石駅到着。ここで下車し、反対側のホームから0系の雄姿を撮影することにしました。ここでは9分間停車、その間後輩車両たちに先を譲ります。
2008年 8月10日(日) 西明石   21-7951 ほか 
***
 R67編成全景。後期型他の小窓が綺麗に並ぶ姿は美しいですね。
2008年 8月10日(日) 西明石   21-7951 ほか 
***
 9時32分、西明石駅を出発、R67編成は静かに目の前を横切っていきました。
2008年 8月10日(日) 西明石   21-7951 
***
 このこだま639号が、0系の見納めとなりました。各地に保存車両があるのですが、本線を走る姿を見ることができなくなるのは寂しかったですね。
2008年 8月10日(日) 西明石   22-7951 ほか 

HOME

2017, 4, 9

記事および画像の無断転載はお断りします
© 1999 和路ポストマン