Vol.028

神戸電鉄、初撮り

 近鉄電車撮影を始めてから以降は、あまり神戸方面へ行き機会も多くなかったこともあり神戸電鉄の存在は知っていたものの乗ったことがある記憶というのは...1980年代後半に仕事で西鈴蘭台まで行った時、2004年暮れに友人と沿線の模型店に訪問した時(実はこの時車内を1枚だけ撮影していた)、6年前の暮れに会社の研修帰りに乗った時くらいでしょうか。
 先日友人と会う機会があったのですが、お互い特にその日は空いていたので、神戸方面に電車撮影に出かけようと即決。行程で神戸電鉄を盛り込んだのですが撮影場所もよくわからないので、とりあえず高速神戸から普通電車に乗って、何となくロケーションのよさそうな丸山駅で下車してみました。

***
丸山駅を降りると反対側から新開地行き普通電車がやって来ました。1994年製のインバータアルミ車5000系です。2000系とともに当初からこのカラーだったようですね。
2018年12月24日(月) 丸山   5010 + 5109 + 5110 + 5009 
***
***
***
次に勾配を駆け降りてきた上り列車(何か変な表現)のは、1100形の3連です。後年竣工車には編成替えがいろいろ行われているみたいで、なかなかややこしい変遷があるようです。
2018年12月24日(月) 丸山   1104 + 1202 + 1103 
***
***
***
5000系トップナンバーは何やらカラフルなラッピングが施されています。粟生線活性化PRの「HAPPY TRAIN」で、この日はクリスマス列車のHMが掲げられていました。
2018年12月24日(月) 丸山   モ5001 
***
***
***
1973年に登場した神戸電鉄初のアルミ車3000系がやって来ました。そのカラーリングから「ウルトラマン列車」と言われているようです。
2018年12月24日(月) 丸山   3008 + 3107 + 3108 + 3007 
***
***
***
開業90周年記念事業で、メモリアルトレインとして1960年代以降の復刻塗装が施された1360Fの4連。当初より冷房が搭載された車両で、現在に至っては編成の組み換えも色々行われているようですね。
2018年12月24日(月) 丸山   1360 + 1359 + 1358 + 1357 
***
***
***
何かピンク色の電車が来たとおもいきや、ちょっと色褪せした1100形でした。新開地行き準急の3連。
2018年12月24日(月) 丸山   1116 + 1208 + 1115 
***
***
***
新開地折り返しの普通電車が戻って来ました。前パン・スカートなしの「顔」は個人的には好感もてます。
2018年12月24日(月) 丸山   1103 + 1202 + 1104 
***
***
***
1150形先頭の新開地行き普通電車。1150形第2編成は第1編成から10年後の1987年に竣工ということだそうです。
2018年12月24日(月) 丸山   1154 + 1252 + 1153 + 1076 
***
***
***
1150形1154Fに増結された1070形1076、両運転台でしたが2006年に4連固定化されました。90周年記念HMが良いアクセントになっています。
2018年12月24日(月) 丸山   1076 + 1153 + 1252 + 1154 
***
***
***
メモリアルトレインとしてスプリンググリーン+シルバーグレーの塗装となった1152Fがやって来ました。こちらは1950年代から1960年代の塗装復刻。
2018年12月24日(月) 丸山   1152 + 1251 + 1151 
***
***
***
2008年に登場した神戸電鉄初のステンレス車、6000系の普通電車。
2018年12月24日(月) 丸山   6002 + 6101 + 6102 + 6001 
***
***
***
新開地へと向かう1100形3連準急。近年までは4連を構成していた様ですね。
2018年12月24日(月) 丸山   1119 + 1210 + 1120 
***

HOME

2018,12,31

記事および画像の無断転載はお断りします
© 1999 大和路ポストマン