Vol.645

愛称列車その12 PL花火号

 富田林の夏の風物詩といえば何といっても8月1日のPL花火であるが、当然の事ながら見物客でごった返す南大阪線では臨時列車が増発される。現在でこそ愛称は無いが、昔は「PL花火号」として定期及び臨時準急に愛称が付けられていた。

 花火をデザインした愛称板は至ってシンプルなものであった。写真のは後年のデザインでまだ少しカラフルなイメージになった方である。
1983年 8月 1日(月)
***
 古市駅に到着する富田林行き臨時準急「PL花火号」。古市駅もホーム延長工事の真最中である。
1983年 8月 1日(月) 古市   6053 + 6054 + 6137 ほか
***
 基本3+2連編成の準急、阿部野橋側に増結された6800系も愛称板を掲げている。
1983年 8月 1日(月) 古市   6820 + 6819 ほか (Photo : kagorinさん)
***
 阿倍野方面から続々と「PL花火」の愛称板を掲げた列車が到着する。
1983年 8月 1日(月) 古市   6037 + 6038 + 6129 ほか

HOME

2008, 8, 1
(再)2017, 5,13

記事および画像の無断転載はお断りします
© 1999 大和路ポストマン