[PTA日記その後] [2010] [HOME]PTA

PTAについて考えた[2009]

by とまて

子供の中学校卒業に伴うPTA自動退会後9ヶ月目くらいからの日記で、PTAについて触れているものをまとめました。
流石に精神的にキツイ時期は過ぎ、ちょっぴり頭を冷やしつつ、後に続く世代のためにこの組織を何とかしなくちゃいけないなぁ…と思い続けています。PTA活動に熱心なOG・OBが、卒業後も現役の方々に圧力をかけて自分達のやってきた活動を踏襲させようとする傾向が有るようなので、逆方向の意見も発信して釣り合いを取るべきなのではないかと考えています。


2009/01/09(金)
リヴァイアさんで、PTAについてHOTに連載中
[PTAからの自由]
ブログ『リヴァイアさん、日々のわざ』様でPTAについての連載が始まっています。『本年もよろしくお願いいたします、そして、新年企画の告知』この辺りから、現役もOB・OGも、これからの方も、そして教育委員会とかの人も是非。

 私が、既にPTAのOGになった今も尚PTA問題に拘っているのは自動加入・一人一役・クジ引きでの委員選出・ポイント制などの個人の選択の自由を奪う制度を、娘の世代にまで温存したくないという思いからです。
そして、私が単位PTAの規約に『入退会の自由』と『委員・役員辞退の自由』、『各会議参加者が平等な発言権を持つこと』を明示するように改善して欲しいと思うのは、5年後・10年後のPTAが変な空気に犯されてしまうことを極力防ぎたいからです。変な空気の中身は…、場所や時期によって、いろいろなパターンが有るみたいですが。

 非・民主的な空気に支配されたPTAでは、「PTAを改善したい」と思う意見が全てブロックされてしまう、つまり自浄作用が全く働かない状態になってしまうことを身を持って体験してしまったので、『PTAの陰の部分に気づいてしまった人』は、OB・OGになっても、出来るだけ意見を提示して、議論が盛り上がって行くと良いと思っています。

 PTAの伝統を守れ…と現役PTA会員に圧力をかけるPTAのOB・OGも実在するみたいなので、「嫌な体験をしたから、もうPTAに係わりたくない」と黙ってしまう人ばっかりでは、全くワンサイドゲームになってしまいます。 現在、出来るだけ民主的に会員の意見を汲み上げようとしてくださっているPTA会長・副会長・本部役員の皆様には拍手を惜しみません。

ヒップホップ用語だと、多分「セイ、フォー!」「騒げぇぇ〜!」って感じですね(笑)。

2009/01/14(水)
『やってみると案外楽しかった』問題
[PTAからの自由]
PTA委員や役員経験者の「やってみると案外楽しかった」という言葉。PTAで検索すると沢山ヒットするのですけれど、PTAトラウマ派には意外に圧迫感があるんですよね(笑)。これが危ういと感じるのは『思考停止の呪文』と化す瞬間です。

 以前、PTA役員をやっていたとき、ある作業を廃止しようと真面目に話し合っている最中、昨年から引き続き役員をやっていた人の口から、「でも、私、案外楽しかった」という言葉が転がり落ちて、私はあっけに取られたのでございます。

 作業が必要か不要か…を話し合っている最中に、「楽しかった」というご意見ははっきり言ってアリエナイ。「だから?それで?何が言いたいの?あなたが一人で全部やるならいいけど?」と頭の中でイロイロな言葉が渦巻いている最中に、次の議題に移ってしまった。何か不都合な議題が出ると、話題をチェンジするタイミングが異様に上手な人が仕切っていたのですよ。私は頭も、瞬発力が無いので、それに遠慮も有って「ちょっと待って」となかなか言えないのでありました。

 結局、その作業(延べ、2人×5時間×5日間のフリー参観週間の受付。昇降口に座って一日10人くらいしか来ない参観者をぼ〜っと待ち、来た人の名簿に印を付けて保護者用の名札を渡す。その日の参観が終了したら、返却された名札を名簿順に整理して仕舞う。恐ろしい無駄。小学校では、各教室入り口に名簿を置いて、来た人が自分で丸を付けていた)廃止案は次の月の会議で運営委員会に提出、更にその次の月の運営委員会で廃止決定になったんですけどね。
 その『思考停止の呪文』を打ち破って運営委員会に提出できるように話を持っていったのは、残念無念なことに私の「私は受付やりたくないんです!」という『大声』でした。
(更に、話の流れを把握していない校長が、「受付は誰かがやらなければならないんだ」と吐き捨てるように仰ったというおまけ付き。PTA本部役員は、あなたの部下じゃないよ?)

 今、リヴァイアさんで連載紹介中の“民俗学者・岩竹美加子氏の論文「国家の装置としてのPTA」”を県立図書館で借りて読んだとき、参考文献の中の
“、千葉文子『行きつくところは思考拒否―ベルマーク集めは両刃の剣―』 『PTA研究』、202号、1990年。
の一行で私は思わず仰け反りました。そうなのよ、「PTAのことなんかで思考したくない」と、多分、10年前の私は思ってたはず。そして何か一つやらなければいけないのならベルマーク委員をやりたいと思っていたのでした。

『リヴァイアさん日々のわざ』民俗学者・岩竹美加子氏の論文「国家の装置としてのPTA」を紹介します4(ベルマーク)
『とどくとおもうII』ぷ〜た資料128:ベルマーク

[1]ベルマーク
 はじめまして。こんにちは。私も、保護者の会の役員をしております。
 『ベルマーク運動』を廃止したいとある役員の人(3役と言われる中の1人)に言いましたところ、「え、私ああいった細かい作業、好きなんだけどな」と言われてびっくりしました。
 『あなたが好きかどうかは聞いてないのだし、あなたが好きでも役員全体の活動してどうなのか!!』と考えて欲しくていいました。自分が楽しいかどうかではないですよね。
 学校によって違うかもしれませんが、1人の子どもにつき、1回は本部役員をやりましょう、と言われる会だからこそ、本当にその活動が必要なのかどうか、皆で考えて行かないといけないと思っております。皆が好きでやっている会ではないので。子どものためだから、と言われて仕方なくやらざるをえない状況で引き受けた人が多数と思われます。
 『PTA再活用論』、私も読みました。大人と教師のための生涯学習の場が PTAということも書いてありましたね。なおの事、お互いにとって納得のいく活動が今、見直されなければならない時期だと思いますね。
 本当は、やりたい人がやりたい事を(もちろん学校との話し合いは必要でしょうが)やって欲しいと思います。

 なぜ、そうならないかと考えると保護者の会の主催する行事にもし、子どもがクラスの友達に誘われたりして参加したくなった時に困るから会員になっていなければならないという状況だと思います。任意加入とうたっている学校の保護者の加入率がほぼ100パーセントというのはこういう理由かもしれませんよね。

 長文、すみません。

れっどちゃん 09-02-28 08:53:18

[2]冷静な意見の交換に慣れる必要がありそうですね!?
 れっどちゃんさん、初めまして!コメントありがとうございます。
 PTAでは、最初から自分の結論を決めていて、反論を敵視してしまうような状況が有って困りますね。一旦議題に上げて、アンケートを採るなり多数決で決めるなりすることが全員の為に良いことですし、それが当り前だと思っておりました。

 もちろん、協議の結果、自分とは別の意見が採用されたとしても、その人の人格までが否定された訳では無い。そういうことにもっと慣れて行くといいと思います。
とまて 09-02-28 09:46:33

2009/02/02(月)
条件付きでPTA役員を引き受けるとき
[PTAからの自由]
そろそろPTAの役員決めのシーズンたけなわの様で。「○○しないで良ければ引き受けますよ。」という場合。3年前の私が正にそうで、既にいろいろとほだされてしまっている精神状態。だけど従来の役員がやっていたことを全部引き受ける余裕は無くて、どうしても私以外にやれる人が居ないとしたら、これこれの条件でお引き受けしますという。

 今の私に言わせれば「悪い事はいいませんから、おやめなさいまし…」なのですが、どうしてもということであれば、本当はその条件について一筆入れて貰った方がいいと思いますよ。本人はもう精一杯ギリギリ譲歩したつもりなんですが、周りでは「無理に頼んで、ギリギリ譲歩してもらった」という歴史的事実はあっという間に風化しがちですからね。

 余裕があるうちは、「無理はしないでできる人ができる事を」などという呪文が飛び交うのですが、いざとなったとき、条件付役員が疎ましくなるんでしょう。決め台詞は「PTAはボランティアです。ボランティアだから約束は守らなくてもいいんです」。役員や委員長をやらなければ雑用も十分の一以下で済み、しかも嫌な思いもしないで済むのです。条件付きでないと引き受けられないような状況なら、きっぱり断るのがお薦めです。そうでないなら一筆書いてもらいましょう。誰に?次期会長候補と教頭先生くらいでいいかしらん??でも、次期会長候補が会長にならないで、教頭が変わったりしたらそれもアウト。やっぱりリスキーだなぁ。

 慣れた人は、「殆どが知り合いならOK」と言ったらしい。そういう条件は4月までに完了するので、ほぼ100%叶うからいいかも。別の人は、「会長候補の○○さんが嫌いだから嫌」と言ったらしい。これ、議員さんが何年もPTA会長を続けていたりする場合、最強かもね(笑)。

2009/02/04(水)
PTA本部役員は、無料奉仕の中間管理職?
[PTAからの自由]
最近、PTA関連のブログを読ませていただいていて、地域やP連などからどんどん色々な依頼が来る状況があることを知りました。他人事ながら大変だなぁと溜め息が出たりします。そうしている内に、私がPTA本部役員の時に、PTAの仕事が増えてしまう瞬間を体験したことを思い出しました。校長・教頭とPTA本部役員(9名)の会議上で、学校サイドから「○○をしたいのですが、ご協力いただけませんか?所要時間○○時間、○○人」などと要請されてしまうと、断りにくいんですよね。顔が見えているし少人数ですし。しかも、ほだされやすい人間が揃っている。中には、積極的に「私は学校に協力します(だから家の子をどうぞよろしく)」アピールをしたい保護者が居るかもしれない。そこまで行かなくても、心象を悪くして我が子が粗末に扱われたら嫌だなぁという気持ちもある。今まで、「保護者は学校に子供を人質に取られている状態」という言葉を聞いてもピンと来なかったのですが、その場面を思い出すと腑に落ちます。

 話を分かりやすくするために具体的に書くと、その中学校では例年体育祭を平日にやっていました。保護者の観覧は自由だったけど、平日の昼間に来る人はそんなには居なかったらしいです。それでもPTA役員は、来賓の接待(お茶出しと弁当配りくらい?)に借り出され、だけど来賓席のあるテントの中で観覧できて良かったんだそうですよ。(そういうところで人脈作ったりするのが好きな人も居るらしいのね。)ところが、その年、急に校長・教頭から「体育祭を土曜日にやって、保護者や地域の方々にも来て頂きたいけれども、セキュリティ上問題在るかもしれないので、受付・会場の見回りのために力を貸していただきたい」と言われた訳ですよ。別にいいじゃん、平日だって!!とか、受付や来賓接待なんて子供にやらせればいいじゃん!!と個人的には思ったのだけれど、ほだされやすい人間+アピールしたい人間の集団だと、余りにも悪目立ちなんですよ。流石の私も、そこまではできません。あ〜、ヤダヤダ(爆笑)。

 結局、役員は、来賓接待+会場が全く見えない位置での受付業務に追われ、しかも、例年運営委員会出席以外に殆ど仕事の無かった学級代表の人たちにも、受付業務の手伝いを頼むことになり、陰で「何で私たちがこんな事をやらなきゃならないの?」と言われたりする状況に(うん、君の言う事は尤もだね。私も全く同感です。会長や校長に直接言ってね!)。

 他にもPTAを宛てにしたイベントが二回ほど増えた。そのときは、クラス辺り何人とかいう枠無しに、「参加してもいい」という人を募り、必要最低人数の二倍の応募が有って、二交代制にできた。(私はこういう募集の仕方の方が、圧迫感が無いので好きなんです。その手伝いからPTA本部役員が抜ければもっと理想形。)

 そして、次の年から、四月の魔の懇談会のときに決める役割分担に、体育祭お手伝い係りと、増えた分のイベントのお手伝い係りというのが増えたのでありました。(一クラス当たり一名ずつとかそういうの、人身御供差し出すみたいで嫌なんだってば!!)

 ま、そんなこんなでPTA本部役員は只働きなのに、学校やら地域やら行政やらから色々な要請を受け、自分達で賄いきれなくなると本部外の会員に要請を出す、という中間管理職みたいな格好になっているのだった。で、あるからして、極力自分達で賄ってしまおうとちょっと無理して頑張っちゃったりするんですが、その頑張りはそれ程気づかれず(笑)、管理される謂れも無いPTA本部役員以外のPTA会員から疎まれたりもする訳です。

 学校・地域・行政の方々、便利で使いやすいからってPTA本部役員に発注するのはもう止めてよ。保護者の協力が必要なイベントを立ち上げるなら、都度都度「参加してもいいよ」という人を直に募って人数が足りなかったらそのイベントは諦めるのが健全だと思う。成人教育(?)も、受けたい人が受ければ良いです。私は、マイペースで好きなことを勉強したい。

 こんな奇妙な構造が成り立つのは、PTAが任意加入であることを周知徹底していないことの副作用の一つだろうと思う。PTA本部役員も、特に使命感に燃えている人を除けば、人身御供状態の人が多いんですよ。

2009/02/27(金)
「『あの人は好きでやっている』と言われると腹が立つ」問題
[PTAからの自由]
リアルには会ったことは無いのですが、ネットで時々、本部役員を何年も頑張ってやっているらしき方々の中で、「『あの人は好きでやっている』と言われると腹が立つ」とおっしゃる方をお見かけします。正直、私のようにPTA活動に参加するには無理のある状況の人間がまかり間違って一年間引き受けてしまう場合も在りますが、二年目は何が何でも辞めると主張しますし、任期が一年であれば次の年からお役御免になるだろうと思うのです。だから、複数年引き受けた方が「『あの人は好きでやっている』と言われると腹が立つ」というのは少し不思議です。外野に居る人間がわざわざ『あの人は好きでやっている』なんて言うのも大人げ無いとも思いますけれども。

 二年以上役員を引き受けていて、PTAの省力化に尽力してくださる方はありがたいですが、現状維持もしくはPTAの仕事の総量増加に貢献されたような方は、少なくとも、PTA本部役員の活動を嫌っては居ないのだろうと周囲が思っても仕方が無いでしょう。
 PTAの本部役員や委員がクラス当たり○○人という動かせない枠として存在していて、クジ引き・ポイント制などで無理やり枠に人員を供給するシステムであれば、何年も引き受けてくれている人に対して、「クラスや学年の割り当てを少しでも埋めてくれてありがとう。」という感謝の気持ちは有れども、どこか歪んでいて残念な形の感謝でしか無い。
 もしも、好きでも無いのにPTA活動をしているのならその事をちゃんと表明して『今の形のPTAはPTA活動が好きな人間だけでは成り立たない状況である』ということを露にしていただいた方が、皆でPTA活動を見直すための端緒になるので、長い目で見れば後々の世代の為になると思う。熱心に(楽しそうに!?)活動している方々がいらっしゃるのに、PTA活動に熱心で無い人間が『PTA活動縮小案』なんて提出し難いというのが普通の会員の考え方だと思うのです。
 本当に、好きだからPTA活動をしている人も居て、そういう人の中に「PTA活動に参加しにくい人もいるしPTA活動が苦手な人も居る」ことを考慮できる人と、簡単に「PTA活動は、皆できるのよ」と言い切ってしまえる人が居るということを私は知ってしまい、そのことを怖いことだと思っています。「『あの人は好きでやっている』と言われると腹が立つ」という状況の方は、多分、好きでやっている人と参加したくない人の間に立つ方であり、一番鋭い問題提起のできる方だと思います。是非、『好きでないのに活動している』状況を多くの人に説明し、議論の喚起に貢献してください。後に続く世代、ひいては自分の息子・娘の世代に歪んだPTAを伝えないために。

 やっぱり、PTAは「『あの人は好きでやっている』と言われると腹が立つ」というような精神状態で参加しなければならないものから、「余裕があるし、それ程負担じゃない。好きでやっていると言われてもやぶさかではありません。」という状態で参加できるものに変わって欲しい。(無くなるのも可…笑)

[1]私は…
…この《 「『あの人は好きでやっている』と言われると腹が立つ」問題》が【PTA周辺の気になる言葉】シリーズの最初だと思っていました。
初めて拝読した時に印象深かったからだと思います。
ことPTAに関する限り、
「好きこそものの上手なれ」
「下手の横好き」
のどちらかや、「好きだから」より、
「隙があるから」の場合があるかもしれない、と思います。
御免なさい、御ミラーサイトにニューカマーのくせしてオカシナことを書きました。
御笑捨ください。
FJN 09-03-21 20:18:35

[2]今のところ結論は変わらないのですが…
>FJNさん
こちらでの初コメント、ありがとうございます!
しみじみ考えてみますと、「あの人は好きでやっているといわれると腹が立つ」問題は案外深くて面白いかもしれないという気がしてきました。
途中経過は、『とどくと思うU』http://todoct.blog85.fc2.com/blog-entry-653.htmlに書き込ませていただきましたが、ゆっくり考えてみたいです。

今のところ、「腹の立つ理由」を分析して、他の人が共有できるようにしてくれると、発展的でいいなぁという結論は変わっていないです。
とまて 09-03-22 11:39:17

[3]■気になる言葉シリーズは
私は抽象的な概念をあれこれ考えるのが苦手なので、形が有るものから考えて行こうと思っています。
いつか、PTA周辺の気になる言葉シリーズを一箇所に纏めようと思ってまして、お察しの通り、1月14日の『やってみると案外楽しかった』と、『あの人は好きでやっていると言われると腹が立つ』は、シリーズに入れるつもりでおります。
とまて 09-03-22 13:03:45

2009/03/03(火)
PTAで男女の区別!?
[PTAからの自由]
 娘の通っていた小中学校のPTAには、男性もしくは女性の会長+女性の副会長×2+女性の会計×数人+女性の書記×数人(中学校では各3名だったけれども、小学校の事は覚えていない)で、会長が女性なら女性だけのユニット。会長が男性なら、男性一名+残りは全員女性というユニットになっていた。

 私がバザー委員会の副部長をやったとき、本部役員+バザー委員会員+運営委員は、朝早い時間にエプロンと三角巾持参という召集がかかった。だがしかし、当時の男性会長はエプロンと三角巾を着用していなかったのよね。何で??規約では、会長も本部役員だったんですけれど。当時は未だ病人になっていなかったので、当然突っ込みましたね。「何でエプロンしないんですか?」って(笑)。「似合わないから…」とか言ってたけど、私が、主観的に「私もエプロン似合いません」と言ったら、外すのOKなんでしょうかね!?

 学校の男女別名簿について調べたときに知ったのだけれど、日本のウーマンリブって、アメリカからの輸入じゃなかったらしく。学生運動のときに、何故か女性は雑用+下働きみたいな役割分担が回ってくることに気付いた女子学生が、変じゃないか?と声を上げたということらしいのですね。学生運動の目的の一つに、平等を訴えることも含まれていたのではないかと。でも、女性を対等の存在としてみる事の必要性には気付かず。考えてみると凄いことです。

 さて、『PTAの雑用は女性会員へ』という風潮があるとしたら、それはやっぱり宜しくない。もしも、来賓に対するお茶汲みをPTA本部役員にさせることを是とするなら、当然男性会員もしなければ。世帯から一名人身御供を出せば良い…、みたいなシステムが問題を曖昧にしているけれど、『仕事は理由になりません』で、PTAの役割をクジ引きで決めることを是とするなら、当然男性会員も引かなくては。もちろん、雑用はやめよう。くじ引きはやめようという議論を引き出すための思考実験として書いてます。

2009/03/17(火)
PTA周辺の気になる言葉
[PTAからの自由]
◎(PTA活動を)やらない人に限っていろいろなことを言う
自分が活動に参加しないのに、役員や委員の仕事を増やす方向の発言をする人は困るのですが、「PTA活動を縮小しようよ」、とか、「PTAを改善して欲しい」とか、そういうことなら言行一致なので、傾聴するべきですよね。PTA活動に参加して無くても、PTA会員ならばね(笑)。ま、活動実績があっても、意見を言わせないところ、意見を言っても全くレスポンスしないPTA本部なんかも過去に存在していたことがありますし、多分今もどこかに存在しているのでしょう。この場合は『無条件権利剥奪』。凄い!!

◎PTA(活動)は権利と義務がセットになったもの
「PTA(活動)とは何ぞや?」という具体的な定義がぐらついているうちは、議論しても無駄かもしれないのだけれど、この場合の『権利』の意味が良く分からない。まさかまさか『子供を公立の小中学校に通わせる権利』とかは仰いませんよね(笑)?

ひょっとして、『PTA(活動)に対する提案の権利』?? もしそうならば、権利・義務両方放棄したいです。
そして、もしもPTA(活動)ライクな活動がしたい人は、義務なんか無いところで、自由に活動すればいいのだ。それでいいのだ!

っていうか、いつ、どんな切っ掛けで『PTAは義務である』と思い込まされたのでしょう?何となく、P連の講習会とかが怪しいと思うんですが、違いますか??

◎一人一役、及び、PTAの委員はだれでもできるのよ
一つお尋ねしたい。ICUに入っている病人でもできますか?? 小中学校の先生もできますか?? 教え子を放って、自分の子供の所属するPTAの会合に出ますか? 自分の子供の担任がそういう理由で学校を休んでもOKですか? 自分の娘が将来母親になって、でも不運にも体調を崩してしまっても、クジ引きを引けと言いますか? 生甲斐と思えるような仕事に出会えても、子供を産んだらそれを捨てよと言いますが? 優しいお父さんかお母さんなんですね!?
 持病持ちなので、このPPK(ピンピンコロリ)の皆さんの発想に追いていけません。シミュレーションしてみてくださいな。体調崩して家事もままならないような状態で、PTAに参加要請される自分を。家族の介護で疲れ果てているのに、ちょっとの余暇をPTA活動に費やさなければならない自分を。

[1]同感です
いつも、読ませてもらってます。

やはり思いやりがないと、ギスギスして活動が逆効果になりかねないですね。
SHEBA・シーバ 09-03-19 01:21:09

[2]Re:同感です
>SHEBA・シーバさん
 幼稚園とか小学校低学年で始めてPTA活動に参加する時点では、真面目だったり世話好きだったり、みんなの役に立ちたいという気持ちが強い人たちだったことが想像できるだけに、実際の行動が余裕の無い人たちを苦しめる方向に動いてしまっていることが哀しいです。

SHEBAさんの所属されるPTAでは【役員会の役割と基本原則】は『「家庭や仕事が第一」という共通認識を持つ。』が掲げられていて素晴らしいですね。
とまて 09-03-19 10:29:55

2009/03/18(水)
PTA周辺の気になる言葉 2
[PTAからの自由]
◎学校と家庭との連携
以前、PTA卒業直後のころ、PTA会長に「PTAいらないっしょ?」とカウンタークエスチョンを投げたら、「学校との連携が」と仰ったのですが、私がいくつPTAに提案を投げかけても、一つもフィードバックを返さない、つまり「PTA本部とPTA会員である私との連携が切れているのに、学校とPTA本部だけが連携したって仕方が無いじゃん」と、心底思うわけです。

 念のため書いておくと、私の意見を採用しないことに対して苦情を言っているわけじゃなくて、例え提案を不採用にするにしても、話し合いの経緯を説明するのが常識だと思うのです。何を言っても、どこで言っても(総会という超オフィシャルな場で発言しても)提案がブラックホールのように吸い込まれていったんだな。PTA会長も平会員も同じ声の大きさを持つ筈だと思うのに、実際は、いつだってトップダウン風に、決まったことを押し付けられました。

 そんなこんなで、PTAが学校と家庭との連携のツールだと仰る方は、全ての意見にレスポンスを返しているかどうか、よ〜く考えてから言って欲しいのでした。

 特に中学校の場合、懇談会だけで充分だと思ってしまうのですよ。何で、保護者がしゃしゃり出てって、学校の掃除したり料理したりしなきゃならないの?運動部で土日も潰しているのですから、一学期に一度くらい部活の変わりに大掃除したらいいんじゃないでしょうか!?下り坂に差し掛かったお母さん達よりも、中学生は背が高いし力も強いのですから。

[1]「PTAの気になる言葉シリーズ」、おもしろいです!
とまてさん
前回に引き続き、しびれております。
れゆピンさんのところでも話題になっていた「懇談会だけで十分」の部分も、本当にそう思います。私も、懇談会は出てみてとても有益でした。
そのような大切な懇談会にPTA絡みで出づらくなっている人がいることに本当に矛盾を感じています。
まるお 09-03-19 00:30:23

[2]同感です
私もそう思います。
 私が役員をやっている会は私の意見も前年度の役員の人の意見もいつの間にかあやふやにされました。

 意見を文書にして提出しても議論する事なしに日々は過ぎて行きます。なんのために意見を募集したのかわかりません。だったら初めから保護者の会やPTAなんていらないのでは、と思います。
れっどちゃん 09-03-19 06:40:41

[3]Re:「PTAの気になる言葉シリーズ」、おもしろいです!
>まるおさん
懇談会で、担任の先生の所信表明をお聞きしたり、何となく他の保護者の佇まいみたいなものを見ると、それプラスアルファで自分が子供に伝えたいことを取捨選択できるので良いと思いました。「先生は○○とおっしゃっているし、私もその点は賛成。ただ、□□については△△という考え方も有ると思うよ。」みたいなことで補っていけるといいと思うんです。自分の想定外のお話が聞けて目から鱗ということも有りますし。

中学生に合ったPTAイベントって、どんなものがあるのでしょうか・・・。積立金がかなり積みあがっていたので、本当に興味深い話をしてくれる方に講演に来ていただくとか、そんなことしか思いつかないです。

まるおさんの、PTA活動への強制的参加要請の違法性についての考察が分かりやすく、「強制的側面を持つPTAを何とかしたい」と思っている人たちが理論武装に使えるといいと思ってます。お疲れ様でした!
http://ameblo.jp/maruo-jp/entry-10206875939.html
(ここから、4回シリーズ)
とまて 09-03-19 10:56:57

[4]Re:同感です
>れっどちゃんさん
PTAとか保護者の会で、会員の意見を粗末に扱う事を続けていたら、『自分の意に沿わない意見を黙殺・封殺するための便利な似非民主主義の実践で良い気分を味わった人』と、『民主主義とは言われているけど、実際には機能しないから意見なんて言っても無駄よと思う人たち』に社会が分断されていってしまう危険性があると思います。

川端裕人氏のブログで教えていただいたのですが、『PTAは民主主義の学校である』、と言われていた時代も有ったそうですが、今のままだと、『似非民主主義の学校』になってしまっていますね。子供に対して恥ずかしいです。
とまて 09-03-19 11:18:02

2009/03/19(木)
PTA周辺の気になる言葉 3
[PTAからの自由]
◎PTA離れが進んでいます
PTA活動に積極的な人が多かった時期はいつで、年々どのくらいの率でPTA離れが進んでいるんでしょうかね? 統計データが見たいのですが、なかなか見つかりません。ちなみに、私の母は四月の懇談会をエスケープしてPTAの役員・委員を免れておりましたが、私は小学校で二回委員をやり中学校で一回役員をやりました。私の妹は別の地域に住んでいますが毎年楽しげにベルマーク集めに邁進しているようです。
 私の実家の系列で言うと、0→2のステップ状の変化です。増えてるじゃん。

 ちなみに、ベルマーク活動は本人が楽しいなら、そして、そういう人だけで活動するなら、まぁ、有りかなぁと思うんですよ。但し、何かやらなければならないなら…という消去法で無いという条件付です。デスクワーク派でももうちょっと実になる活動が有ると思うんですよ。例えば私は、委員の活動とは別に、広報かなにかを配布するための差し込み印刷の元になる配布先名簿をPCで入力する作業を手伝ったことがありました。それまで手書きでやっていたものを、タック印刷で貼って送付しようという試みだったみたい。ベルマークよりも、かなり時給が高げな活動(爆笑)。
 “ベルマーク、時給換算”で検索したら科学と広告のブログ様によると、一人一時間当たり94円だそうですよ。才能の無駄遣いっぽい。

◎PTAの活性化が期待されている
こういう受動態表現は大の苦手。誰が、いつどこでどんな風に期待してるんでしょうか?公立学校経営からお金と人手を引き上げたいと思っている行政が、無料奉仕の保護者を増やしたくて言っているのじゃなければいいのですけれども。「現場の先生達は悲鳴を上げています」なら、人員増やせばいいじゃん…。ただ、私が子供の頃と違って小規模校が増えているという印象があり、余裕のある人員配置をしようとするとコストは高いだろうなぁとは思ってます。だからと言って、一度学校を増やしているものを減らそうとすると抵抗は大きいのだろうということは容易に想像できますね(汗)。
 まぁ、子供たちの教育にお金と人手をかけるのは、明るい未来のためなので、ケチケチしなさんな!と申し上げたい。巡り巡って返って来るってば(笑)。

[1]PTAより
>◎PTAの活性化が期待されている

そうですね。誰が期待してるのでしょうか。

 PTAの活性化より、もっとマスコミの情報の活性化を期待してます。って自分であまり熱心に情報集めてるわけではないのですが...。

 PTAって保護者と教員がともに学ぶ場という意味合いがあるようですが、うちの学校はほとんど保護者がそれほど学校側が求めていないものをやっているという感じがします。今までやって来たから、という理由で。

 中学校になると、とまてさんがおっしゃってるような学校内の掃除とかやらなければいけなくなるのかしら。おかしいですよね。

 いろんな人に仕事の機会を増やすため、用務員さんや事務員さんの人員増加もいいのでは、と私も思います。
れっどちゃん 09-03-20 15:30:01

[2]Re:PTAより
>れっどちゃんさん
 行政関連などの文章で、敢えて主語をぼかすためとしか思えない“受動態”表現多いですよね? 何か天啓が閃いているのでしょうか(笑)。

 事務員さん・用務員さんの増員は私も賛成です。
 350人規模の中学校で、以前は(いつまでなのかは分からないのですが)3名来ていた事務員さんが1名に変わり、教頭先生がその分の事務仕事をしているとお聞きしたことがあります。学校の営繕活動も先生方がしてらっしゃいましたし。
 エネルギーを、子供たちの為の活動に集中できるように、そして、余裕が生まれるように配置して欲しいです。

 学校の清掃については、私が役員だった年は無かったのです。何故か?4月から新しく赴任した校長と教頭が望まなかったから、学校のスケジュールに組み込み損ねて(爆笑)!!
 でも、次の年から復活したんですよね。一般会員の参加は自由だったのですが、もしも役員だったら出なくてはならない立場に追いやられたでしょう。れっどちゃんさんの参加されている会と同様、学校が望まない仕事でも伝統があればやってしまうのです。一般会員にアンケートを採ることも無く。

 しかも、保護者は学校の家来では無いので、学校から頼まれる事でも、不可能だったり嫌だったりした場合は、NOと言ってもいい筈なんですが。
とまて 09-03-20 17:16:49

2009/03/29(日)
手作り感の演出を強制された食べ物
[PTAからの自由]
忘れもしない2005/10/22(土) のことです(いえ、日付は流石に忘れてました…笑)PTA日記にも書いたけど、団子を焼くことを何故か突然PTA副会長から言い渡された訳ですよ。運営委員会はおろか役員会ですら、「今年は祭りに参加するの?参加するとしたら何の出店やるの?」なんて話し合わない。「とまてさん、体調とか都合はどうですか?」何ていう質問も無し。だって、地域の人であるところの団子屋さんから去年仕入れちゃったから今年別の出店やるって言えないんじゃないかな!?ちなみに、PTAで使う印刷用紙も学区域の一つの店に決まっていて、見直しする気は全然無い。そこで5000枚単位でしか売ってくれないザラ紙よりもNTTのサイトから500枚単位で白い紙買った方が安かったんですが。

 常時体調悪し、の私が朝の7時半に間に合うように起きて朝御飯作って家族に食べてもらって、会場に駆けつけて…。真心の込もった団子が供されるかっていうと、どちらかというと怨念が込められている可能性の方が高いんだな(爆笑)。焼く前の団子をお盆に載せてバーナーのところに運ぶ係りよりも団子を焼く係りを選んだのは、火に近くて温かかったから。寒かったのに皆さん、申し訳ない。

 真心が込もった手作りの食べ物に特別に栄養が添加されないのと同じように、怨念が込もった手作りの食べ物にケミカルな毒が入ることもありませんので、その辺は何の問題もありません。悪意を込めて毒でも混入すれば別ですが。しかも、私の怨念が向けられていたのは食べる人に対してでは無くて、この理不尽な命令に対してです。ところが、実はこの怨念も副会長や会長や、「早く売切れてしまったので来年は仕入れを増やそう」と言った役員さんにも何の実害も及ぼしません。メデタシ目出度し。

[1]手作り感の演出
 こんばんは。
『手作り感の演出を強制された食べ物』とはうまい表現ですね。

 役員はやりたい活動をちゃんと選べるといいですよね。そうしたら気持ちよく得意分野でのびのびできそうです。
柳下玲優 09-03-30 19:58:48

[2]Re:手作り感の演出
>柳下玲優さん
会計なので、銀行通い&帳簿付けは普通やると思います。そして、書記の人が忙しかったら、タイピングくらい手伝うのもヤブサカではありません。
 でも、団子焼くのは、団子係りを募ればいいと思うんですよね。意外に、団子焼くの手伝ってもいいよ、って言う人沢山出てくると思うんです。

 豚汁だか何だかを作る手伝いを教頭から頼まれたとき、必要最低限の人数が役員の人数とほぼ同数、ということがありまして。放っておくと、副会長が「私達でやりましょう」と言い出しかねない。大急ぎで、「一般会員から希望者を募りましょう。必要人数の二倍集まったら二交代制に、三倍集まったら三交代制にしたら一人当たりの負担も小さいです。」と意見を出しました。

 初めてのイベントで前例が無かったので、その意見は珍しく採用されて、一般会員にプリントが配られました。結果は二交代制実現!!

 でも、次の年からクラス当たり一名という募集枠が出来てしまって、とても残念でした。枠があると、役員会は安心なのだと思いますが、仲のいい人同士で声を掛け合って手を上げるなどの、良いノリは期待できません。

 人数が集まらなければイベントは無し、という潔さが必要だと思うんですよ。

 ちなみに、ワタクシ、子供の頃から「次の算数の時間はドッチボールに変えます」と先生に言われて、「余計なことを!!算数の方が面白いのに!」と思うほど、イベントを好まない人でした(爆笑)。
とまて 09-03-30 20:51:03

2009/04/07(火)
ケイ・ユウ・エフ・ユウ――工夫(kufu)
[PTAからの自由]
婦人公論2009年4月7日号
匿名座談会・先輩パパからのアドバイス/新入りママへ贈る/PTAサバイバル術 司会=川端裕人 より
B 活動自体、意義や目標があやふやなものが多くないですか?「何のために」ではなくて、「やっておかなければならないから」やる。申し送り事項をこなす、ルーティンワークの多いこと。しかも、そこに費やされるエネルギーたるや。
A わざわざ効率化を避けているようにさえ思える。

 私は、製造業の設計部門で働いていたのですが、そこではじっくり考えて省力化&効率化することが美徳だったので、PTA役員の皆さんの独特の発想が不思議でした。会計事務をEXCELでやろうと思って、日々の出納データを打ち込むと一気に学期ごとの会計報告書まで出せるようにプログラミングしたのですが、会計の仲間からは、電卓での計算を止めるに当たって、他の役員のメンバーに許可を得なくて大丈夫か?という疑問が出る。あ〜、う〜…。

 会員の得意分野を収集して、役員・委員がワンポイントで助けてもらうシステムを作るには?集計が面倒なら、クラスごとに紙を回して、カテゴリーごとに名前を書いてもらえばいいじゃん。クラスの数だけの紙をホチキスで止めて紐に通してPTA役員・委員長程度の人が閲覧出来るように保管しとけばいいじゃん。
 一般会員に手伝ってもらう程の用事が無ければ、別にそんなシステム不要なのでそれはそれでメデタイですね。省力化&効率化バンザイ。

ケイ・ユウ・エフ・ユウ――工夫 c)ライムスター宇多丸氏

2009/04/11(土)
PTA周辺の気になる言葉 4
[PTAからの自由]
◎線引きが難しい
クジ引き型とかポイント制とか一人一役型のPTAに係わったことが無い人は「PTA活動が嫌なら辞めればいいじゃないの」と思うことでありましょう。ところが、 PTAの役員・委員をやらない人が居るのは不公平→全員やるべき→

1.平等にクジ引きで決めましょう
2.役割に応じて点数をつけて、子供が卒業するまでに○○点貯めてください
3.子供が卒業するまでに1回以上役員か委員をやりましょう。或いは、一年間で何らかの係りを一回はやりましょう。

 というような選択肢を採っているPTAは少なくないらしいのですね(自分が参加したPTAだけであってくれたらどんなに良かったか)。暗黙に、病気も仕事も断る理由にならないとしているところもある。断る理由にならないって言って、実際に役員・委員を割り振っても、実質的に活動できない場合も有るし、活動に参加するに当たって大きな犠牲(時間とか体力とか、果ては健康被害とか)を払わなければならない場合もある。

 また、免除して欲しい理由をPTA学級会で説明して、その場で話し合って免除するかどうかを決めてくださいなんて言う。免除って、何??

 何度か書いてますが、病気の事なんて一般人には分からないし、下手すると専門医でないと分からない場合もあったりします。そんなプライバシーを公開する義務が有ると考えるのは、そんなプライバシーの開示を請求する権利が有ると思い込むのは大きな勘違いなんじゃないでしょうか?
 それに、仕事を生甲斐にする女性が居たら、何かマズイことでも?
 仕事を生甲斐にする男性が居たら、何かマズイことでも?
 PTAが性に合わないので、最低限のお付き合いで良いわ…と考える人が居たら、何かマズイことでも?

 もう一回言うけど、免除って何よ?
 免除の線引きが難しいって何よ?

 線は自分で引けば良い。大人なんだから。子供たちは、自分で自分の行動が選択できる大人になる為に頑張っているんだと思うのですよ。「PTA活動が嫌なら辞めればいいじゃないの」と言える人は、大人扱いされている人で、言えない人は子供扱いされている人なんだと思います。
 私は、大人扱いされていない事がとても不満だったのです。

 PTAが法制化されるとしたら、どんな法律になるのでしょう?多分、「PTAへの入会・退会自由の条文を規約に書いて開示しなければならない」とか、「退会者や退会者の子供が不利益を被ることはしてはいけない」という法律になるんだと思うのですが。他の可能性もありますか?

[1]はじめましてm(__)m
閲覧してました。
くじ引き,点数のないPTA学校です(小学校,中学含む)
PTAできない
事情の方は教頭か
担任に報告して
貰う形はしてます。
(それ以前に仕事等でできないとお断りされたら引き下がりますよ)
どうしてPTAは
押し付けみたいな学校が多いのか分かりません。
月 09-04-11 23:10:00

[2]初めまして!
>月さん
コメントありがとうございますv
私が居たPTAは、「一人当たりの負担を減らしましょう」という掛け声の下、広報委員や学級代表など、各クラス1名ずつで充分なものを2名ずつにしたりして、逆に、自分達の首を絞めているような状態でした。中学なんて、3年間だけなので5割くらいの人手で済みそうなものなのですが、計算してみると7割の人が3年間で委員・役員をこなすことになっていました。

 月さんの様に大人同士の関係のまま平和に運営されているPTAにいらっしゃる方に沢山語っていただけたら、今、活動を強制されて困っていらっしゃる方々も、全員加入・全員参加体制を維持することに躍起になっている方々も、両方ホッとされるのではないかと思うのです。

 何でも無いようなことが、幸せ…なんですよ(ぐすん)。
 是非、良いお手本を皆さんに紹介してあげてくださいませ!!
とまて 09-04-11 23:34:31

[3]大人扱い
> 線は自分で引けば良い。大人なんだから。子供たちは、自分で自分の行動が選択できる大人になる為に頑張っているんだと思うのですよ。「PTA活動が嫌なら辞めればいいじゃないの」と言える人は、大人扱いされている人で、言えない人は子供扱いされている人なんだと思います。
 私は、大人扱いされていない事がとても不満だったのです。


おっしゃる通りです。私も旧役員が委任状を見てくじ引きになったときに外すか、外さないかを決めている(うちの小学校はそうなんです)おかしいと思っております。

やる、やらないはあくまで本人の意思で決定されるべきなんです。
線引きは本人がやって当然と私も思います。

同じような内容を今、下書きにしていたところです。
本当にこの時期は憂鬱な時期です。
やれません、という人にそれ以上追求してどうするんでしょうね。

月さんの学校が『当たり前』になって欲しいと切に願います。
柳下玲優 09-04-12 06:18:48

[4]Re:大人扱い
>柳下玲優さん
 御家族の介護で、どう見ても自分のための時間なんてホンのちょっぴりしか無さそうなお母さんがご近所に住んでらして、「そろそろ子供が小学校の高学年なので、PTAの委員とかやらなきゃいけないのかしら?」と仰ったときに、「そもそもが任意加入の団体なんだから、やる必要は無いですよ。あなたみたいな方が引き受けてしまったら、『○○さんだって引き受けてくださったんですよ』みたいな感じで、他の人のハードルが上がってしまいます。PTA活動が気晴らしになりそうだ、とかそういうことならやってもいいけど、犠牲的精神でなら断った方がいいです。時間の余裕があったら、ご自分の為か家族の為に使った方がいいですよ」、と申し上げました。幸い、同じクラスになったPから、委員・役員をやるように水を向けられたことは未だ無いそうですが。

 クラスで相談してください…とやってしまうと、司会によっては、委任状に書かれた理由を出席者の前で読み上げて、「これはボツやなぁ」とか振り分けたりするらしく。あ〜、気持ち悪い(涙)。

 私が司会のときは、○○さんはご事情がお有りなので、とか、○○さんは体調の都合で、などと濁したものの、そんなプライバシーを読むのは辛かったですね。それで個人情報保護を盾に教頭に直訴 して、『地方公務員法第34条第1項』の縛りのある教員が前もってチェックして、振り分けすることを提案しました。これは、若干の効果が有ったようです。

 上記の事は単なる応急処置であって、最終的には、任意加入・個々の活動にも任意参加を周知徹底して、柳下さんや川端裕人氏の仰るように会長ですら、希望者がいなければ空席で運営するのが当然という緩やかなグループになることを願っています。
とまて 09-04-12 14:06:05

[5]こんばんはm(__)m
とまてさん心よくコメント読んで頂いてありがとうございますm(__)mまるおさんのブログと重なりますが宜しくお願いしますm(__)m
柳下さんはじめましてm(__)m私,今年は役員しませんが何か改善出来るような事を記載できたらと思ってます宜しくお願いしますm(__)m
まず私の学校だけではなく近隣学校も実践してます。簡単ながら記載させて頂きます。
役員決めです。
1,役員選出委員はあります。
PTA出来るかお尋ねはしてます(私も役員選出経験有り)
お断りされたら直ぐに引き下がります。
2,お尋ねした時にPTAの内容を聞かれた場合(聞かれなくても1のお尋ねした際に内容は伝えます)
任意なのでどの委員が向いて不向きか選んで貰い納得して一年過ごします(私もそうでした不向きな委員ありましたから(汗))
とまてさんのコメントに中学は本当に三年間しかないので小学校のPTAより役員人数も少なくなり活動しやすい内容です。お断り理由ですがプライバシーの事を発表は私の役員活動ではないです(小学校,中学含む)仮に「両親の介護で…」と言われましても私はお手伝い出来ません。役員して頂けるかのyes,Noだけのお返事が欲しいだけです。お手伝いしたくても無理な事情は表明上は「仕事」で充分じゃないですか?「仕事」の裏には人様にも学生の時の仲良い友達ですら言えない問題を抱えている家族もあるかもですよ。
では何故,役員出来ないか?昭和の人数多い内容をそのままに残ってるからかなと私的に思います。人数に応じた時代の流れにあったPTAならトラブル少なくなると思います。私の学校は役員内容見直しがありA委員会,B委員会の二つを良い所,悪い所を意見を出し結果,合体しまして一つの委員会になり皆が負担ないように工夫した委員もあります。
先生方の仕事の邪魔にならないようにしてます。
私の記載したコメントで不愉快なられた方ごめんなさいm(__)m
月 09-04-12 17:57:03

[6]Re:こんばんはm(__)m
>月さん
コメントありがとうございます。
“Yes、Noの返事だけで良い…”、本当にホッとさせられます。

 私が参加したPTAの委員・役員選出の恐ろしさは、『○○をやります!』という立候補が出来ないという、冗談みたいなことがまかり通っていました。『今年は、何かやってもいいです』で、そのメンバーが集まって、私は○○がやりたい、とか、仕事があるので○○は出来ないとか言い出して、結局専業主婦がそういう人たちが拒否した役をやることになるのです。私がPTAは不適材不適所というのはそういうことで。

得意なこと・好きなことをやるのと、苦手なこと・嫌いなことをやるのとでは、同じ時間でも雲泥の差ですのに。

“任意なのでどの委員が向いて不向きか選んで貰い納得して一年過ごします”

いいですねー、本当に!\(^o^)/
とまて 09-04-12 19:50:14

[7]免除?くじ引き?
幸いわが校では、くじ引きなどの状況になっていませんが、そこまでいくと、しんどいですね。

何とか、話し合いで済んでいます。「免除」って言葉も使われません。

そんな状況なら、ボクなら暴れちゃいそうです。
やる人いないなら止めてしまえ!って言いたいですね。

うちの学校でこんな事言うと、シーンとなって、しまいます。

平和な学校で幸せです。感謝!
SHEBA・シーバ 09-04-17 21:56:37

[8]本当に!「やる人いないなら止めてしまえ!」
>SHEBA・シーバさん
コメントありがとうございます!

 はい、昨年度から子供が高校なので、少し前の話になってしまうのですが、本部役員以外の委員は、学級PTAで決めるのですが、立候補が足りない分は欠席者も込みでクジ引きになり、怖いことに担任の先生がクジ引きを引くシステムでした。

 私は、持病が有るのに本部役員をやってしまったのですが、健康な人達で人手不足になるくらいなら、PTA止めてもらったほうがいいなーと切実に思っておりました。

 本部役員終了後、1ヶ月半くらい経って、トラウマと戦いながら『PTAまとめ』書きました。
http://www3.kcn.ne.jp/~tomate/text/AboutPTAindex.html
無駄に長いかもです(笑)。
とまて 09-04-17 22:34:14

2009/04/29(水)
小・中学生の親は読んだ方がいいかもね…
[PTAからの自由]
 「日本PTA全国協議会」(日P)の歴史なんてどうでもいいと、思ってきたけれど(笑)、ひょんなことから、今日、アクセスしてしまったもので、ついでにちょっと斜め読み。
 皆様、1985年(昭和60年)6月28日って何の日かご存知でしたか?
そう!あの、素晴らしい団体、「日本PTA全国協議会」(日P)が、文部省から法人の許可書を受領して、晴れて、「社団法人日本PTA全国協議会」と名乗れるようになった日なのですよ!
 あ〜、そうなんだ。私の母が参加していたPTAは社団法人じゃなかったんだ。ふ〜ん…。
 それでもって、日Pの正会員は、都道府県のP連であることは有名ですが(って去年教えていただいたのですが…笑)、そこに属する市P連などを通して間接的に会員になっている保護者の正式名称は、規約上『普通会員』と言うらしいっすよ!をぉぉっ、子供の卒業に伴い自動退会してから初めて知る事実。知らなかったものですから、日Pサイト☆ツアーへのお誘い―その4に、『本会員』なんて書いてしまいました。その内直すか訂正いれないと…。

会費値上げの歴史もちょこっと触れてありました。
社団としての設立に伴い、昭和58年度は児童生徒一人あたり2円を3円に、昭和59年度以降は3円を4円にすることが総会で決定された。
法人化する前から、お金は集めていたのですね。ちなみに、今は多分6円で、H23から値上げするという情報までは分かっていますが、いつ6円になったのかと、H23以降幾らになるのかは知りません。ご存知の方はお知らせいただけたら嬉しいです。

2009/05/02(土)
『5月16日はPTA祭り』しませんか!?
[PTAからの自由]
 昨日図書館から借りてきた中の一冊は、『「数」をどう読むか 統計的発想のすすめ』鈴木義一郎(著)っていう、確率統計関連の新書です。何のためかっていうと、多分、今月半ばに発表される、『子どもに見せたくない番組』ランキングを読むための予習です。対有効回答数パーセンテージは、昨年末にやったように(子どもに見せたくない番組第1位、『ロンドンハーツ』の謎)、EXCELで計算して速報出したいと思っているのですが、できれば統計誤差を計算してみたいんです。今からでは間に合わないかもしれないけど(爆笑)。

 PTAに不満・苦情がある皆様、今年は5月15日以降に、『子どもに見せたくない番組』という言葉を混じえて、日ごろ考えているPTAに対する苦情をWebサイトやブログにアップしませんか?折角世間の関心がPTAに向くのですから、サブカル抑圧批判だけに終始するのは勿体無い。もう既に沢山PTAに対する意見を書いていらっしゃる方も、PTA問題のお薦めエントリのインデックスを作ってしまうとか!?

 現役も、OB・OGも、或いは未体験の皆様も、祭りしましょう!祭りっ!!
(素面ですってば、残念ながら下戸なんだから…笑)


祭りしよ!祭りっ!!
企画、募集! このブログのコメント欄は現在承認制になってますので、「公開しないで」と書き添えていただければ、内緒の書込みもOKですv

5月13日に発表になりました! 皆さん、騒ぎませう!!
追加:
http://ameblo.jp/yodandesu/entry-10260753005.html
http://ameblo.jp/yodandesu/entry-10267101445.html

[1]すばらしい企画!!
素敵ですね!!

柳下玲優 09-05-03 07:06:38

[2]参加します
こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
我が家は現役の小学生を抱えているので、なかなかストレートには書きにくいこともあるのですが、私も鬱屈した思いがあるのです(^^;;
09-05-03 10:58:18

[3]無題
>柳下玲優さん
>Tさん
ご賛同ありがとうございます!
ブログやサイトを持っていらっしゃらない方のために、本店で一週間限定無記名BBSでも立ち上げようかしらん??
テレビ番組にイチャモンつける前に、いろいろと有り過ぎますよね(汗)。
とまて 09-05-03 11:17:58

2009/05/11(月)
PTA会費
[PTAからの自由]
拝読しているいくつかのサイトでPTA会費についての議論が盛り上がっているので、とある学校のとある年度の資料を元にちょこっと書き出してみる。

先ず、世帯としての出費:
 PTA会費  200円/月
 生徒活動費 400円/月
 600円×12ヶ月=7200円/年

クラブ活動旅費支援金 子供一人当たりで、自発的な寄付
 100円×通っている生徒の数(但し、断ることは自由)/月
 1200円/年

合計、8400円。月割りだし、銀行振り込みだしで気付きにくいけど、意外に払うものなのだなという印象。


次は、PTAとしての支出
 PTA会費:97万円  (内訳で4万円超えの支出を書き出す)
   予備費:約35万円(給食試食、学校備品系
   広報委員会:25万円程度
   市P連分担金+安全会:5万円程度(一人当たり150円)
   事務消耗品:5万円程度
   周年行事用積み立て:5万円
   渉外費:4万円出張費系
   慶弔費:4万円

 生徒活動費:175万円
   部活の備品・消耗品など:87万円
   諸費:42万円(学校の備品・消耗品・渉外系・卒業証書浄書代!など諸々)
   生徒会活動費:12万円
   生徒用図書:8万円
   分担金:5万円(体育会系の連合体へ)


 クラブ活動の旅費関係
   35万円  

 成程、PTA会費って、実質的には学費って言ってもいいくらいかもしれない。単位PTAを実質的に任意加入・任意退会とした場合、PTA会費(学校の備品補助以外)はどうでもいいけど、生徒活動費とPTA会費の予備費の方は豪快に使われているので、会員だけで賄うのは辛いものがあるかも? 何が言いたいかというと、『これらの費用が公費で賄われるべきか?』という議論はともかくとして、“PTA会員が払う費用”というカテゴリーから分離しなければならない費用が有るなぁ、ということ。そうでないと、この会計のままではPTAの任意化にとって足枷になってしまうだろうと思える。

 クラブ活動の費用などは、お金のかかるクラブとそうでないクラブがあるから、均したいのだろうなぁ。結局クラブによっては運動部のユニフォーム代とか個人で払うお金はこの何倍にもなるんですけどね。

[1]学校によって・・
かなり違うものですね〜〜
うちの学校は,
月に300円(児童&先生)
で,一番高いのは需用費といって,印刷機のリース代やコピー代やメール配信会社代や紙・インクなどの消耗代です.
あとは,市Pへ納める分担金が災害保険代を含め一人年間300円
広報印刷代は13万円(←これでも10万削りました・・・)
卒業式の筒&紅白まんじゅうが意外と高かったりして(笑)
でも,とまてさんのところから見ると,割と,純粋に必要経費なのかもしれません・・
どうしても納得いかないのは,市Pや区Pの歓送迎会や理事会への参加費.
夜に飲み会やって,会費から払う・・・
まあ,参加する側としてはいいんだろうけど,一般会員は,な〜〜〜んも考えてないでしょうね〜〜〜(笑)ばれないようにしなきゃ・・??(笑)
だって,年間25万くらい使ってますよ〜〜〜♪
いいの?それで??いや・・いいんですよ.みんな何の興味もないんですから(笑)
たさり 09-05-12 01:12:07

[2]いっそ、ばらしてしまったら(笑)??
>たさりさん
 広報13万円は、当方の半額ですよ! まぁ、広報自体が無ければ無くても…と思いますが(汗)。何だか、P連とか近所の自治会長(20軒以上も有るみたい)にも配っているらしいく?それも知っている人だけが知っている…。

 この決算の例で先ずやらなけらばいけないと思うのは、当面学校と生徒の為に使われる費用は、PTA会費とは別枠にする必要が有るということです。そうでないと、任意参加にした場合に“退会届”が非常に出しにくいですね。

 純粋にPTAに使われる費用の節約は、PTAを任意参加にしてしまえば、もっと真面目に議論されるようになるだろうと思うのですよ。

 それにしても、便利なお財布ですよねぇ…、PTA会費って(;^_^A
とまて 09-05-12 10:19:09

[3]Re:学校によって・・
>たさりさん

こんにちは。知りませんでした。
夜の飲み会は、会員から集められた会費から出すんですか?どこかのサイトでは、「自腹なので参加したくもないのに頭に来る!!」という意見があった事を記憶しております。

 学校によって、違うんですね。
私のところでは、一人頭400円くらいのお茶代で30人分ほどの経費を他校との親睦会の開催校が負担していましたが、これにも驚いたのです。役員をやって初めて知ったので。

 年間に25万円とは、驚きです。けたが違いますね。


柳下玲優 09-05-12 11:23:53

[4]Re:いっそ、ばらしてしまったら(笑)??
>とまてさん

「ばらしてしまう」
に賛成です。

公にした方が、議論になっていいと思います。
本当にPTAってびっくりですね。

私も詳しく広報紙に載せた方がいいと言ったとき、反対されましたが。

納得した人が参加するという形に、見える形にした方がいいと思います。
柳下玲優 09-05-12 11:28:04

[5]役員辞めた後なら、学級会などで言いたい放題ですよ!
>柳下玲優さん
 子供が1年生の時に会計にされたので、前年度の決算はよ〜く見てました。で、子供が3年生になった時に、同じもの(備品で7万円くらいするもの)がまた予算についていたので、「4年間で△△を2台も買うくらいお金持ちなんですから、PTA総会でちゃんと使えるシロートにも扱いやすいマイクを買って欲しい」、と学級PTAの時に言いました。結果、事情通の副委員長が△△は盗難にあって買い直したという説明が有りました。総会通った後なので、まぁ、大勢に影響無しですが。

 マイクが欲しいという要求を出したのは、総会で私が発言したことがワンワン響いてしまって、誰にも聴き取れないという非常にハイリスク、ローリターンの結果になってしまいましたので。買ってくれませんでしたが(爆笑)。

 そんな訳で、保護者の学級会みたいなところが有れば(総会でもいいかもしれませんが)、「この金額の内訳を説明してください」と質問してみるのも良いのではないでしょうか!?総会で有れば、「答えなければ予算の承認はしません」でOK!!
とまて 09-05-12 19:02:07

[6]あ!
夜の飲み会と言っても、会長会とか、市Pの理事会の歓送迎会レベルですが。あと、副会長会の年に一回のランチも出してもらってます(笑)

でも、学校で行う歓送迎会は、もちろん自腹です・・・が、今年はなくしました♪(笑)

広報も、学校の印刷機で出せば、そんなに掛からないはずだし、そんなに必要な情報を載せてるかと言うとそうでもないような気もするし・・・
大体、委員会として存在するから、何かやらなきゃ・・・っていうのがわからないですよね〜。
やらなきゃならないことがあるから、人を集めてやるってのは分かるけど、委員会があるから、人を集めるってのは腑に落ちないですよね〜〜。

たさり 09-05-15 20:27:18

[7]『これをやるから、で人を集め』に賛成です
>たさりさん

そうですね。
『会』があるから活動する、という今のやりかたはおかしいと私も思います。

「その活動には賛成なので、それならお手伝いします」
というのなら納得なんですが。
 例えば、担当があらかじめ決まっている事も問題です。担当が書記だからやってね、と言われると、そのある行事に関するお手伝いの要請やお知らせの手紙を清書する、となってしまいます。

本当はやりたくないのに、やらざるをえなくなります。ここで断るのにはかなりの勇希と労力を要しますよね。


柳下玲優 09-05-16 10:22:03

[8]Re:役員辞めた後なら、学級会などで言いたい放題ですよ!
>とまてさん

ありがとうございます。
そうですね。そのチャンスがもうすぐです。

言いたい事、紙に書いて出そうと思ってます。
なかなかうちの子の通う学校の保護者の会の役員の中では、発言してもあまり効果がない気がしてきてますので、あと、皆の前で論理的に話すの事が私にとっては得意ではないので紙に書いて出そうと思います。
 
 マイクの件ですが、私も体育館で
話す機会があったのですが、子に聞いてみたら、後方にいる高学年には全然聞こえてなかったと言われました。
 『学校のマイクの調子が悪い』というのは子にとっては既に分かっていたことだったようです。
 学校の先生方もいらしたのに何も教えてくれず、子に言われて初めて知りました。
 周りの人も何も言ってくれなかったんです。もう、この時点で、『何を言うべきか言わざるべきかわかって無い人が多いのかな』と思いました。言っても無駄、と考えていたのか、それとも私に変な気遣いをみせていたのか、疑問です。

 『声をあげても無駄』だなんて考えて生きていたら、この先、自分の考えさえ否定して生きていくことに慣れてしまいそうで、よくないと思います。

長文、すみません。
 
柳下玲優 09-05-16 10:34:51

[9]渉外関連の費用がかかるのですよね?
>たさりさん
 単位PTA内でなくて、外部とのやりとりでお金がかかっているということですよね?
 こちらも、講演会などお昼を挟んだ出張の場合は、旅費代(バス代換算)ほか、お弁当代も出していましたね。動員だったら、旅費・昼食くらいは出ても良いような気もします。むしろ、『意に沿わない動員には応じない』という選択が大切でしょうね?
 PTA本部の会議がお昼を挟むときは、自腹でした。「いただきます」の挨拶をしない人ばかりでビックリしたという(自腹だから??笑)。

 広報は、コンクールに出せるのが『年間2回以上出している』という条件付きの所が多いので、2回出している所が多いのではないでしょうか?
「審査基準:PTA広報紙のもつ目的、使命、記事、編集、レイアウト、見出し、文章、発行回数など。」
 目的、使命を審査??私たち、生徒じゃなくて保護者ですよね??
とまて 09-05-16 10:39:37

[10]意見書を出すのでしたら…
>柳下玲優さん
 コピーをばら撒くのがお勧めです(笑)。 一人だと、握りつぶされて終わること有りです。
 私が総会で言ったこと、マイクの不備で出席していた一般会員に殆ど伝わらず、役員会と書記にはコピーしていた発表原稿渡しましたが、レスポンス無し。流石に議事録には残ったでしょうけれども。

 それと、極力その場で回答をもらう。その場で無理なときは、いつなら返事を頂けるのか言質をとることも必要かもです。長年、一般会員から意見を受けることが無かった委員・役員は、返事をすることを忘れている危険性があります。

 保護者の会でしたら、先生は席をはずされるのでしょうか?巻き込みたいですよね、折角ですから…。
とまて 09-05-16 11:05:31

[11]Re:『これをやるから、で人を集め』に賛成です
>誤字の訂正です。

すみません。かなりの『勇希』→『勇気』が正当ですね。

 失礼しました。
柳下玲優 09-05-16 13:43:50

[12]Re:意見書を出すのでしたら…
>とまてさん

ありがとうございます。
そうですね。先生がいらっしゃるところで質問などや改善案を発表するのがいいですね。
 聞いている保護者の皆さんも一緒に考えてくれるかも知れませんね。

コピーを配るは大切ですね。
柳下玲優 09-05-16 13:57:28

[13]現役の方の難しさは理解しているつもりです…
>柳下玲優さん
上首尾を願ってます。でも、どうぞ無理の無い範囲で。「1mm動いたらラッキー」な感じでTryしてみてくださいまし。OB・OGになったら、ご一緒に暴れましょう。
\(◎o◎)/!
とまて 09-05-17 16:01:48

2009/05/13(水)
H20年度もロンドンハーツが『子どもに見せたくない番組』第1位、3.52%もの保護者票を集める!
[PTAからの自由]
皆様、遂にH20年度の『子どもに見せたくない番組』が発表されました。
調査結果報告書
(15) 20年度子どもとメディアに関する意識調査(平成21年3月)
見せたくない番組有効回収数3610人中
1位ロンドンハーツ1273.52%
2位クレヨンしんちゃん1082.99%
3位志村けんのバカ殿様531.47%
今年は、何と!PDFで閲覧できますよ、皆様!!
閲覧しやすさは、去年までの比ではございませんわ!
ありがとう、日本PTA全国協議会さん!!

PTA祭り2009、スタートっ!!

[1]御教導の賜物と拝察します。
見やすくなったのはとまてさんの教育的指導の結果にちがいない! と私は考えております。
そして、所々全体的に頗るアンフェアなあのサイトが一気に公正なものとなることを期待しています(笑)。
FJN 09-05-14 05:35:41

[2](情報)遮断系の社団法人からの変身!?
>FJNさん
次は、定款と決算報告をリクエストしたいですね(にっこり)?
日Pさん、是非に!!
とまて 09-05-14 15:52:19

2009/05/14(木)
PTA祭り2009、第一弾!
[PTAからの自由]
昨日、少し日記に書きました通り、日本PTA全国協議会(日P)から、『子どもに見せたくない番組』ランキングが発表されました。纏めかけなのですが、遅くなりすぎても面白くないので、取り急ぎアップします。未だ、多分書き足すと思うのですが、ご興味ある方は是非、ご覧になってみてください!!
H20年度『子どもに見せたくない番組』
保護者の何パーセントの人がロンドンハーツを『子供に見せたくない番組』って言っているのか?
昨年も今年も3.5%(100人中3〜4人)くらいよ(にっこり)!!

[1]3.5%!
3.5パーセントで大騒ぎできるなら、「PTAはなくなってほしい」と思っている保護者は間違いなくそれくらいはいると思うのですがね(笑)。
「くじやノルマはやめて、できる範囲のことだけをやればいい」なんていうのは、もっと多くなるのでは。

ともあれ、日Pの調査の問題を非常に分かりやすく示していただき、ありがとうございます。
まるお 09-05-14 16:40:37

[2]こんにちわ
とまてさん、こんにちわ(^-^)/

早速、拝見しました!
「ヘキサゴン」も結構上位にありますね…やはり、あの番組だと「物事を知らない方がもてはやされる」と勘違いしてしまう子供たちが増えてしまうからでしょうか?
ニャモ船長 09-05-14 17:48:22

[3]Re:3.5%!
>まるおさん
どうもありがとうございます。全く仰るとおりですね。
昨年度もモニター調査は無しでしょうか?もしそうならば、それは結構救いですが。
文科省の実態調査も気になりますね?
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20080318us41.htm

--------------------------------------------
「多忙」や「理解不足」で不参加

 春になると、文部科学省社会教育課にはPTA活動に関する苦情電話が殺到する。「総会に欠席したら勝手に役員にされた」「学校からとんでもない仕事を押しつけられて困る」といった内容で、学校名を挙げた苦情が大半。役員改選や活動を巡る混乱ぶりが手に取るようにわかるという。

 PTAは戦後、日本の民主化を目指した連合国軍総司令部(GHQ)の指示で生まれた。「先生と父母が平等な立場に立った新しい組織」(1947年文部事務次官通達)と位置づけられ、3年後には小中学校の9割、高校の8割に組織が出来ている。以来、位置付けはずっと任意団体のままだが、組織のありようは今、大きく問われている。

 日本PTA全国協議会が2006年、各都道府県政令市の協議会を通して「参加できない人の理由」を尋ねた調査では、最多は「勤務や家庭内の仕事が忙しい」(81%)。「PTAの重要性についての理解不足」(69%)「会員同士の人間関係の不足」(44%)が続いた。

 05年に文科省が実施した義務教育に関する意識調査では、運動会や学校行事に小学校で9割、中学校で8割が参加する保護者が、PTA活動では小学校で5割、中学校で4割に減っていた。同省はPTAの活性化策を探ろうと、新年度、初の実態調査も行う。

(2008年3月18日 読売新聞)
とまて 09-05-14 19:27:12

[4]Re:こんにちわ
>ニャモ船長さん
『見せたくない番組』の順位だけの発表だと、PTA会員全体の品位が問われそうなのですが、実態は、多くの小・中学校で子供の入学と共に保護者が半強制的に加入しているのが現状です。

『クイズ!ヘキサゴン』は36票で『見せたくない番組』6位ですが、61票で見せたい番組8位をキープしています。
保護者って本当は結構大らかなんですよo(^-^)o

 ニャモ船長さんのように、若い方にもPTAについて関心を持っていただけたら、本当に私もこのページを作った甲斐が有ったというものです。
 もしもお友達と『見せたくない番組』についてお話しする機会が有ったら、“トップの番組でもたった3.5%の意見なのに、スポンサーに要望出したりするらしいですよ!”とご布教くださいまし(*^^)v
とまて 09-05-14 19:42:06

[5]Re:Re:3.5%!
>とまてさん

PTAは活性化しなくていいと思いますがね〜。
 むしろ、しっかり『任意団体』という事を広めることをしてほしいと思います。

 運動会のお手伝いも人を臨時で雇ってもいいようにするなどの対策を考えて欲しいです。

 
 
柳下玲優 09-05-15 00:35:57

[6]活性化って何なんでしょうね?
>柳下玲優さん
私も、そう思います。
『役員改選や活動を巡る混乱ぶりが手に取るようにわかるという。』のに、私たち、今まで見殺しにされていたんですよ、お役人さん達に!!

『活性化』なんて曖昧な言葉を使わずに、教育行政を何処まで手抜きして保護者に無料奉仕させようとしているのか、具体的に言ってみてくれ、と思いますね。現役の保護者以外の国民全体の前でです。
とまて 09-05-15 08:09:40

[7]活性化よりも公正化!
はい、私も「活性化よりも公正化だ!」と考えます。
社会教育も学校教育も、情報の遮断や一方的な提供は、全然フェアじゃないですもの(微笑)。
FJN 09-05-15 11:13:14

[8]Re:活性化よりも公正化!
>FJNさん
“公正化”、“フェア”という単語が気のせいか眩しく見えてしまいます。人としてちょっと良くないかもしれませんね、頑張れ自分、気を確かに保つのダ。
 気合入れます、ありがとうございますっ!
とまて 09-05-15 16:33:06

[9]リンクを張らせていただきたいのですが
PTA祭りに参加したいのですが、自分ではなかなか文章がまとまりません(泣)
でも、とまてさんのPTAに関する記事はとても参考になりますので、リンクを張らせていただけないでしょうか?
T 09-05-15 17:13:49

[10]お役に立てることがありますれば…
>Tさん
どんなリンクでも光栄です。
煮るなり焼くなり、よろしくご料理くださいまし。m(__)m
相互にしても良いですよね(^^ゞ
とまて 09-05-15 18:39:07

[11]よろしくお願いいたします
>とまてさん

では、後ほどリンクを張らせていただきます!
もちろん、当方も大歓迎でございます!
09-05-16 18:21:47

2009/05/24(日)
PTA祭り2009 中間報告
[PTAからの自由]
 僭越ながら、PTA祭り2009へのレスポンスを下さったかたがたをご紹介させてください。
 来年は、時間をかけて、ゆっくり準備したいと思ってます。アンダーグラウンドで起こっている様々なPTAトラブル、無かったことにするなよなっ!
とどくとおもう U」さまTSS_Private」さま
** たぬ子の哲学ノート **」さまとまての実験室」からの出品
ご参加いただいている方がいらっしゃいましたら、自薦・他薦問わずご紹介くださいまし。ま、お祭りですから(笑)!

[1]リンクありがとうございます
とまて様
私は子どもが大きくなるにつれて、だんだん学校がキライになってしまいまして、それが幸いして(?)PTAとも自然とおさらばしてしまいました(保護者会などもサボるようになったので、声をかけられなくなりました)。
親しい友人がPTAで悲惨な目に遭い、その実態を教えてくれたのですが、あらためて調べてみると「黙っていられない!」という気分になります。
とまてさんのような経験談が、悩んでいる人の力になるといいですね!
TSS_P 09-05-25 11:41:50

[2]Re:リンクありがとうございます
>TSS_Pさん
こちらこそ!
当事者(及び経験者)以外の方でも、“PTAって変”と言っていただけると、とても心強いです。
また、隙を見て騒ぎましょうね(にっこり)!
こんな伝統は、早く断ち切りたいですもの。
とまて 09-05-25 18:03:58

2009/05/30(土)
■リセットするのが一番いい 川端裕人氏
[PTAからの自由]
【金曜討論】PTA改革 藤原和博氏、川端裕人氏
ごめんなさい、川端氏のインタビューが始まるページに直リンクです。

藤原和博氏のおっしゃる、“PTAを『保護者の会』に改組して『地域本部』と統合すること”“日本PTA全国協議会(P協)からの脱退”の後半には異議無し!、前半にはちょっと不安な気持ちなのです。
●保護者の会は地域本部と連携する形 
●地域のおじさんやおばさんやお兄さんと子供という『ナナメの関係』
というのは、自然に出来るものならいいのですが、何かに促されてそうなることが、実際に現場にいらっしゃる方々にとって、幸せなのかどうなのか良く分からない。何となく、『大本営発表』な感じも漂う気がしてならないのです。もし、杉並区で本当にうまく行っていたとしても、若い人の発言権が希薄になりがちな、田舎にそのままの形を持ち込むのは止めてね!と強く思ってしまうのですよね。この場合の、若い人って、小・中学生の親世代のことですよ!若さって、相対的なものだからね(笑)。

川端氏の、“リセットするのが一番いい”は、本当に真実が伴う、力のあるメッセージだと感じられる。現場に居た人であり今も現場に居る人が発言するには、勇気が必要なんです。そう思って注意深く読んでいただけたらいいんですけれども。特に、教育行政の人!困っている人が居ても手を差し伸べないというような事案が学校を取り巻く団体の中にあって、子供達が健全に育つのにいい環境だと言えますかぁ!?

私は、気の合う数人とのんびり過ごすのが大好きで、その他はビジネスライクな関係が良いです。

[1]気の合う人とのんびり
 こんばんは。私もとまてさんと同じで気の合う人とのんびりが好きです。あとはビジネスライクで、も同感です。
 子に取り巻く環境のPTAでこれほどストレスを感じるなんて『子にいい影響を与える』はずがないと思います。
 学校と地域との連携なんていったい誰のためなんでしょうか、と日々悶々と考えております。
柳下玲優 09-05-30 22:37:33

[2]Re:気の合う人とのんびり
>柳下玲優さん
 得をするのは、学校から先生を減らし、事務職員を減らし、校務員(元は用務員さん?http://www.ob.aitai.ne.jp/~teammrk/)を減らしている行政ですよね。でも、手抜きをすれば、10年後〜20年後にしっぺ返しが来ると思うのですよ。『米百俵の精神』って、教育にお金をかけよう、っていうことだったはずなのに…。

 実は私は岩竹論文のソーシャル・キャピタルの辺りがあまり読みこなせていないのですが(汗)、分からないながらも、行政側がそれを言うのは何だか胡散臭い…ような気がしてならないのです。
とまて 09-05-31 13:29:20

[3]Re:Re:気の合う人とのんびり
>とまてさん

>実は私は岩竹論文のソーシャル・キャピタルの辺りがあまり読みこなせていないのですが(汗)、分からないながらも、行政側がそれを言うのは何だか胡散臭い…ような気がしてならないのです。(とまてさん)

私も同じです。うさん臭いというのは本当に感じますよね。
柳下玲優 09-05-31 16:52:30

[4]和田中だから出来たこと?
藤原和博氏が校長で民間や報道機関からも注目を浴にているからこそ出来たというのが大きいような。
PTAを廃止して、保護者会にしても、中枢にいて活躍している方々はあまり変わらないのではないか?
でも、消極的で義務感でやらされている人たちへの圧力が軽減されているなら、とても良いことだと思います。
リセットするぐらいでないと変えられないというのは、本部役員経験があって、試行錯誤、悩み抜いた末の意見だと思う。
しかし、相当、破綻したPTAでないと、意見が割れて実現が難しいだろうなぁ。
または、強烈な校長がいるとか・・・。
SHEBA・シーバ 09-05-31 17:13:33

[5]表彰じゃなくて、仕事を…
>柳下玲優さん
内閣府などのサイトを見ると、

ボランティア活動を活性化しよう→ボランティア支援(情報管理&支援)

なんて書いてある文書を見かけるんですよ。
そんな、靴の上からかゆいところを掻くような方法じゃなくて、直接困っている人を助ける仕事、すればいいんじゃないの?と思いますよね。そのために、皆から集めた税金からお給料もらっているんだし。
とまて 09-05-31 17:40:09

[6]Re:和田中だから出来たこと?
>SHEBA・シーバさん
形式はどうあれ、中に居る方が楽になることが一番大切ですよね。
 藤原和博氏や、会長以外のコメントが知りたいのですが、今のところ見つからないので判断がつかずです。

 実は、こちらで、幼・小・中とバラバラに行っていたバザーを、一緒にして、地域の人たちと一緒のお祭りにしよう。などという案が通ってしまいました。結果、保護者世代は地域の方々からアゴで使われることになった、という現実があります。
 『年配者は、問答無用で若い人の意見を一蹴していい』という暗黙の了解がまかり通る地域があるのです。
 年に一回の行事に留まっていますが、これが、年間全てに及んだら…、本当に恐ろしいと思うんです。
とまて 09-05-31 18:02:48

[7]Re:表彰じゃなくて、仕事を…
>とまてさん

ごもっともっです。
 最近特に思う事は、教育委員会の人ってやたら『形』にこだわっていて本当はそんなことより現場の人を助けることを優先した案をもっと出してくれたら、と思うのです。どういうことかと言いますと、『卒業式』や『入学式』で国歌を起立して歌っているか監視に来るんでなくて(ただの挨拶にいらしてるのかも知れませんが)こういった時間があるのならもっと保護者にとって快適な環境とは何かというのをじっくり考えて欲しいのです。『管理や保護者同士の縛り合い』を強化するのではなく。
柳下玲優 09-06-01 05:48:38

[8]人が足りない気がしますよね…
>柳下玲優さん
 子供と先生と保護者の良い環境を整えてることに力を注いで欲しいですよね。先生が現場で悲鳴を上げているなら、先生とそれをサポートする立場のプロを増やして、教育委員会が作っているような雑用(有るのか、無いのかは存じませんが)は減らしていただいて。
 弱い方へ弱い方へと皺寄せが行くので、敏感な先生や、敏感な親がやられ、最後には感受性の強いタイプの子供達にツケが回るのでしょう。
とまて 09-06-01 11:36:57

[9]子どもよりお年寄りが多いから・・・
うちのほうでは学校のPTAや地域班とは別に「育成委員会」というのがありまして、子ども達が健全に育つように、という名目の行事をいっぱいやらなきゃいけません。学校OBの方々がいろいろとやってくださるのは有り難いと思わなきゃいけないのでしょうが、しかし、実際に手足となって働かなきゃいけないのは小学生の母親たちです。お年寄りの方々の接待がセットになった行事は、すごく大変なんです!!(心からの叫び!!)

何かと言うと「自分たちの子どものためなんだから、文句は言わないでがんばりましょう」みたいな掛け声が・・・泣けてきますよ。
藤原さんがPTAを廃止したことは快挙だと思いますが、しかし、「その代わりに」と持ってきた「地域」の話には少々危ういものを感じます。
09-06-01 16:24:08

[10]育成委員会って謎だったのです!
>Tさん
 育成委員会って、ネットで見かけるのですが、謎でした。育成されるのは子供達で、保護者は自動参加なのですか?

 当方ではPTA以外に子供のための行事を行うのは、
●俗に言うおやじの会(女性も参加、むしろ主流かも?)みたいなもの
●青少年指導協議会(だったかな、ちょっとあやふやです)
が有りますが、前者は親子ともども、完全に自由参加で、何の圧力もありません。
後者は、幸い、参加希望者のみで回っているようです。

 で、地域の人が、保護者世代に対して応援モードなのか、使いっ走り扱いなのかで、地域事業本部なるものは、大きく違ってくると思います。
 PTAの保護者同士(大分ばらけているものの、地域よりは狭い年齢幅)でも、これだけ大変なのに…。
とまて 09-06-01 16:50:59

2009/06/11(木)
特報!!PTA問題LINK集、出来!!!
[PTAからの自由]
特報!!PTA問題LINK集、出来!!!
Think! PTA! 素晴らしいPTAと修羅場らしいPTAsince 2009.6.11

是非、遊びに行ってくださいませ。
PTAについて言及したことのあるサイトマスター様は、相互リンクお願いします!
サイトの無い方も、BBSにご参加くださいまし!

 PTA問題というものがこの世に存在することを注意喚起したいがために、LINK集を作ろうという案が出て、無料レンタルサーバ my-sv.netをお借りして、始めました。
 私自身のPTA問題はPTA枝葉剪定委員会で、今後ともマイペースでやって行きますが、それとは別に、千差万別なPTA問題を感じているみなさまの意見の集積所になるといいな、と考えております。

 発起人・管理人は、とまてFJNさん・まるおさん・川端裕人さん

 今日から公開の予定なのですが、公開のお知らせは、各々勝手に書くことになっているので、他の方がどんな紹介文を書かれるのか、楽しみだったりしております(笑)。
私個人にとっては、PTA祭り2009の〆かもね!?

 兎に角、お気軽にご参加くださいね。私とは異なった考え方の方のご意見も、伺ってみたいですし。

[1]おめでとうございます!!
 素晴らしいサイトの開設、おめでとうございます!!
  
タイトルが面白いですね。
柳下玲優 09-06-11 11:39:27

[2]Re:おめでとうございます!!
>柳下玲優さん
ありがとうございます!
是非是非、LINK集へご登録お願い申し上げますm(_ _ )m
あのタイトルのご提案があったときは、ホント、ツボでした。生真面目過ぎず大らかで、素敵ですよね!
とまて 09-06-11 11:46:28

[3]リンク記事
いつも、ありがとうございます。

リンク記事書き込みしました(^。^)y-.。o○
SHEBA・シーバ 09-06-12 00:37:04

[4]ご登録、ありがとうございます!
>SHEBA・シーバさん
盛り上がりつつ、穏やかなPTA問題のサイトになるといいな、と考えています。
とまて 09-06-12 07:13:43

[5]Re:おめでとうございます!!
>柳下玲優さん
柳下さんも、ご登録、ありがとうございます!!
とまて 09-06-12 07:14:25

[6]今後ともよろしくお願いいたします
>とまてさん

ご登録いただいてる皆さんの記事を拝読し、もっと勉強していきたいと思います。

 今後ともよろしくお願いいたします。
柳下玲優 09-06-12 13:47:58

[7]こちらこそ!今後ともよろしくお願いします!!
>柳下玲優さん
どうもありがとうございます!そう仰っていただけると、とても嬉しいです。
柳下さんも、推薦されたい方がいらっしゃったら、ご紹介くださいね!
アクセスした方どなたでも、推薦リンクできるようになっています(^^♪
とまて 09-06-12 18:46:38

2009/06/19(金)
入会の自由より退会の自由が大切かもね!!
[PTAからの自由]
 新サイトがPTA問題について、意見の集積場みたいな感じに成長していくといいな、と考える今日この頃ですが、私自身がPTAについて語るのは、今現在、ちょっと辛んどい気分であったりします(笑)。
私立高校の文化祭で、焼き蕎麦焼かなきゃいけないらしいんですよねぇ…。あぁ、子供を16年以上も育ててきた立派(でもないか?)な成人女性に対して何という仕打ち。もう、そのことを考えると憂鬱で憂鬱で(爆笑)。でも、私立だし高校だし、小・中学校のPTAに対して、「それって義務じゃないよね?」と言うような感じとは少し違う気もするのでした。
 ま、それは置いておいて、公立の小・中学校のPTAの話。

 入退会の自由が確保されていて、少なくとも5%くらいは保護者且つ非会員である人が居る、という状況以外のPTAは、私に言わせれば見えない鉄格子に囲まれたプリズンなわけで、プリズンの中で和気藹々としていられれば、それで良いじゃないか、とおっしゃる方も居るかもしれないけれど、その和気藹々は非常に不安定なものであるのです。偶々数年間、他人を縛ることなく穏やかにやろうよという雰囲気に満ちたいい感じの状態が保たれたとしても、小学校PTAで最長6年間、中学校PTAだったらたったの3年間で人は殆ど入れ替わるのです。そうすると、何処からとも無く出現するよ、非道な牢名主(笑)。

 もともと、“人間とは、他人の痛みなら三年でもガマンできる生きもの”[c)『いのちの女たちへ とり乱しウーマン・リブ論』田中美津(著)]なのです。鉄格子の中で、役員・委員の押し付け合いなんてしていたら、マズイんだってば。今現在、鉄格子の中が緩やかで和気藹々としているPTAだから、鉄格子には手をつけなくてもイイ。酷い牢名主が出てきて阿鼻叫喚になっているPTAから改革すれば?思ってしまいがちだけれど、良く考えてみて。非道な牢名主が現れたときに一番酷い目に合うのは、先ず病人でしょう。自分も当事者だった訳ですが、病人は病気と闘っていれば良いのであって、悪い牢名主と闘う必要はないんですよっ!アタリマエでしょう?

やる気ないPTA役員など、近頃沢山ある相談サイトに行けば、病気なのにPTA役員・委員やらされるっていう話、沢山出てくるから探してみて。そして回答者の言葉を読んでみて。自分が仮に相談者だったら、どんな気分になるだろう!?自分の娘が将来、出産後に運悪く体調を崩したときのことを想像してみて??

 だから、全員がニコニコペースで上手く運営できているPTAが有ったとして。ちゃんと全員が同じ資格で意見を交わせるような状況であったとして。今の内に、鉄格子の鍵を開いてください。囚人から市民に代わった保護者が何人抜けると言い始めるだろうか。それはそれで楽しみでございましょう??
今の時点では英雄的行為。将来自分の娘から誉められますぜ。
 何度でも強調するけど、PTAは先生と保護者の集合に含まれるかもしれないけど、イコールでは無いんです。

 絶対に、退会規定は必要。特に、役員・委員の任期中でも、気兼ねなく退会届が出せる仕組みを作ってください。それに必要なのは、勇気正義知恵だね。あなたに不足するものが有るだろうか?

[1]素晴らしいご意見です
 私の場合は、『自由に退会できるのよ』と言われていたら即退会していたと思います。あと、私がなんとかするから気にしないでなんて太っ腹なこと言ってくれる人がいたらよかったです。

 ああ、でも会長なんてなってしまったから躊躇してしまったか。ほんの一部の人にさんざん嫌な目に遭わされて本当に精神がおかしくなりそうでした。1年で絶対役員は降りたかったのに、クラスから次期役員が出なくてしかたなく続けてやった2年目は本当に辛かったです。納得のいかない書類を何度も作る担当になったのも嫌でたまらなかった理由です。

 何が一番嫌だったかと思いますと、意義が感じられないものなのに誰かがやらないと回っていかないという状態に追い込まれたからでした。

 やってみてからわかるものが多いので『自由退会が出来る仕組みを整えること』はとても重要ですね。
柳下玲優 09-06-20 00:22:17

[2]委員・役員が辞められるようにならないと…
>柳下玲優さん
コメントありがとうございます!
委員・役員が辞められるようにならないと、「活動に参加しない人はズルイ人」系の負のスパイラルが断ち切れませんよね。
私は、それは一切思わなかったですが。
『病気』も『仕事』も『私はそういうの向いてない』も、もちろんPTA活動に不参加の理由になりますよね?
自分に向いている活動なら、強制されなくても参加すると思いますし…。
とまて 09-06-20 07:15:28

[3]自由を!
こんにちは。
ずっと前のことですが、ある証券会社が国債だったか何だったかの金融商品を「いつでも解約できます」とアピールしたら、契約数(販売数と言うのかな?)が飛躍的に伸びた・・・と聞いたことがあります。なるほどなーと思いまして。

それにしても、どうしてPTAって「やりたくない」「やめたい」側が苦労しなきゃいけないんでしょうねえ。。。大抵のことは、やりたい人が積極的に動くもんだと思うのですが、やりたくないほうが声を上げなきゃいけないって、どう考えてもおかしいと思うんですよ。
柳下さんのように、「会長」になっても自由が無いなんて、何て怖い状況なのかしらと。
TSS_P 09-06-20 14:06:04

[4]怖かったですよぉ、ホントに…Y(>_<、)Y
>TSS_Pさん
 先ず、子供が小学校入学直後の最初の懇談会で、それでは皆さん自己紹介を…で、突然、「私は○○の理由で委員・役員を受けられません」大会が始まったのにも驚きました。

 でも、子供が中学1年生のときに体験したPTA役員は、本当に想像を絶する世界でした。
「病気だって言って断って、道を歩いていると、悪口言われるよ」とか。昔の少女マンガに出てくる典型的な意地悪少女の台詞のようです。

 PTAが有ることで得をしている、仕掛け人・総元締めが何処かにいるような気もしているのですが、末端で、他人をコントロールするのが大好きな人々(ザッツ・牢名主!!)の存在も、奇妙な均衡を保つファクターの一つな気もします。あ゛〜、もうっ、責任者はいったい誰なんだぁぁ!!

 川端裕人氏の、『PTA進化論』http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2009/05/post_1d32.htmlを読み返していたら、昨日からなんかテンションが変です(未読でいらしたら、お勧めですっ!)。
とまて 09-06-20 19:14:27

[5]Re:怖かったですよぉ、ホントに…Y(>_<、)Y
「病気だって言って断って、道を歩いていると、悪口言われるよ」
って。。。ああ、牢名主とはなるほどですね〜!
しかし、どういう人生を送ってきたら、そういう発言で人を恫喝するような保護者になれるんでしょうね。フツー、ちょっと思いつかないですよ(怖)

今の私は3人目の子が小学生で、保護者暦が長いのでテキトーに手を抜いてやっているわけですが、やはり最初の子の時って、何をサボっていいのかなんてわかんないんですよね。なので、役員とか委員とか断るなんて思いもよらなかった、って感じです。

今のように図太くなった私から、若いママさんたちに言いたいのは、「牢名主と同レベルで争わない知恵を身につけましょう!」と言うことです^^
TSS_P 09-06-21 13:23:51

[6]お願いします!!
>TSS_Pさん
はい、是非是非!!経験値の低い保護者さんたちに、優しく指導してあげてくださいませ!

実は、一対一の勝負だったら負ける気はしないのです。怖いのは、その人がある程度人望を得ていて、家来を連れて肩で風切って歩いている気配。その様な、発言が容認される世界で、一年間耐えなければならないのか、という所が一番の恐怖でした。知り合い7人で固まっているところに、一人異分子として放り込まれまして…。

PTAトラブルを訴え出る外部組織(労働者に対する労働基準局みたいな感じ?)が欲しい、と言う所以であり、悔し紛れに、PTA脳の恐怖を書いた理由であったり(爆笑)。
とまて 09-06-21 13:48:24

[7]便乗します^^;
お邪魔します。

>「病気だって言って断って、道を歩いていると、悪口言われるよ」とか。
うわっ!本校だけかと思っていたらどこのPTAも
似たり寄ったり???
親近感が湧いた表現だったので本校のケースもちょっと披露します。
うちも過去に診断書を提出して免責が認められた方がいました。ですが、「病気の筈なのに、
あの人、テニスしてるの見かけたのよ!!」「喫茶店でコーヒー飲んでたのよ!!」と憤慨されたそうです。
何や?じゃあ、医療機関で診断書が出る程の症状に悩んでいたとしても、その本人には「テニスをしたり」「喫茶店でコーヒーを飲む事」すら許されないんだね・・・?では何かい?診断書を出したら、家にこもって外に出ちゃいけないのか?
気分転換にこういった治療法をすすめられる病気もあるんだけどなあ。
通りすが子 09-06-23 12:16:20

[8]仰るとおり!
>通りすが子さん
医師でもないのに、PTA活動に参加可能かどうか判断するって、何様なんだ、君達わっ!と思っている次第です(笑)。
 でも、診断書があろうが無かろうが、仕事してようがしていまいが、『参加したくないから参加しない』、が“認められる”というよりも“自然に受け入れられる”組織でないとNGですよね!?
とまて 09-06-23 12:39:06

[9]田中美津!
田中美津ファンとしては、あの言葉をここの御記事で丸C付きで読めたのが痛快でした(笑)。
昨日、田中美津の別の言葉も出てくる現代日本フェミニズム系の論文(シンポ系)を読み、個人的に参考になりました。
もしよかったら御目通しくださいまし(微笑)。
《社会運動としてのフェミニズムを再考する》(2007)
 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007042006
FJN 09-06-26 18:36:18

[10]Re:田中美津!
>FJNさん
コメントありがとうございます!私自身も、人の痛みをリアルに識ることはできないのですし、そのことを出来るだけ自覚していられたらな、と思います。
 昨日、20ページくらい読んだので、今日中には読み終わりそうです。読みおわったら、また、書きにきます!
とまて 09-06-27 07:55:50

2009/06/20(土)
組織率95%以上のPTAの会長経験者に投票しない会:会員番号01024
[PTAからの自由]
 『組織率95%以上のPTAの会長経験者に投票しない会』に入会しました。会員番号は01024番です。
選挙のときに、広報に“○○小学校PTA元会長”などと書いてある人を避けて投票しなければならない、という大変な活動です。

 『任意加入団体なのに95%以上の組織率』に平気で居られる人は、きっと人権問題に鈍感な人に違いない!という偏見から生まれた団体らしいけど、面白いから参加しま〜す!
議員且つPTA会長とか、現PTA会長の皆様は、95%未満の組織率を目指して頑張ってください!組織率95%以上のPTAの会長経験者に投票しない会会員として、超応援します!!あと、元会長であっても、議会でPTA任意入退会を話題にするなどの活動をして、それを公報に書き加えると、投票の対象に返り咲きも可能だそうです。または、公報やポスターなどにPTA会長経験者であることを書かなければ、校区外の会員の投票対象になります。

 この会は入退会自由ですし、名簿も有りませんので、大体5桁くらいの好きな数字を会員番号にすれば良いらしい。PTA会員じゃなくても、有権者じゃなくても、『組織率95%以上のPTAの会長経験者に投票しない会:会員番号XXXXX』(XXXXXは、適当に好きな数字を並べる)、というテキスト(リンクも不要)をブログのエントリや、サイトのなどに貼れば良いらしいです。これなら、小・中学生の皆さんも、気軽に参加できますよね!

2009/06/24:補足ここに書いたのは、現職議員、もしくは議員候補者で、且つPTA会長経験者の方に対しての意見です。PTA会長をやっていたことを有権者に対するアピールに使うなら、保護者の人権についてキチンと目配りしてからにして欲しい。
 一般のPTA会長の方の場合、任意加入にしたくても、様々な要因でそちら方向に動くのは容易でないことは、承知しております。私も、本部役員やっていて、『慣性の法則』[c)元和田中校長・藤原氏]の凄さは身にしみていますから!

[1]大賛成!
…で、今、その会のパワーアップを図ろうと、
↓のようなケイスへの対応を練っています!
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saga/news/20090616-OYT8T00285.htm
FJN 09-06-21 09:12:00

[2]投票無しで決まるなんて
>FJNさん
選挙無しで決まるなんて、どこかの団体の相似形で嫌になってしまいますね!?
せめて、私たちの会の投票対象に返り咲けるように頑張って欲しいものでございます(涙)。
とまて 09-06-21 09:40:04

2009/06/28(日)
"PTAの健全な育成と発展に資することを目的として"
[PTAからの自由]
Googleで"PTAの健全な育成と発展に資することを目的として"で検索すると、605件も出てくるので、おやおやおや?と思ったりするのでございます。
文科省の報道発表PDFによれば、
 文部科学省では、PTAの健全な育成と発展に資することを目的として、毎年、PTA活動に優秀な実績を上げている優良PTAの文部科学大臣表彰を行っている。このたび、標記学校の優良PTAについて、下記表彰基準に基づき、別紙のとおり121団体を被表彰団体として決定した。
 この表彰については、社団法人日本PTA全国協議会が11月20日(木)に行う年次表彰式の際に実施する

で、表彰基準ってば、こんな感じ。
表彰基準:組織、運営及び活動について、次に掲げる用件を満たす団体であること。
(1)組織、運営
  ア 組織が良く整備されていること。
  イ 全員の総意を十分反映して運営が行われていること。
  ウ 保護者と教師との協力が円滑に行われていること。
  エ 予算、経理が適切であること。
  オ 広報活動が活発に行われていること。
(2)活動
  ア 学校教育及び家庭教育に関する学習活動その他成人教育に関する諸活動が活発に行われていること。
  イ 地域の教育環境の改善に効果を上げていること。
  ウ 児童・生徒等の学校外における諸活動の促進や生活指導に関する活動が活発に行われていること。
  エ PTAの諸活動において、学校以外の各種機関・団体と連携・協力を図っていること。

皆様、これで、な〜んとなく、文科省(=行政)が、PTAに何をやらせたいかがぼんやりと見えてまいりますわね!?

突っ込みまShow!!
(1)−イ、ウの判断って、実際には内部にいる平会員にでも分かりにくいんですが、どうやって調べているんですかね? 不都合な意見の封殺って、普通はアンダーグラウンドで行われているのよ!?
(2)ア、あの〜、二、三回読み直すと、学校教育及び家庭教育とは成人活動に含まれるんですか?で、成人に対して学校教育や家庭教育に関する諸活動をするPTAが良いPTAなんですか?(へ〜…)。
(2)イ、それって文科省の仕事じゃないの?
(2)ウ、それって文…(以下略)
(3)エ、絶対嫌!学校とPTAだけでも結構負担なのにっ!やるなら、希望者だけにしといてね!!

ところで、あれ?健全なボランティア団体であるところの要件、組織率95%未満であることって書いてないなぁ。おかしいなぁ…? きっと、当然過ぎることだから、書くまでもないと思っていらっしゃるのね!

[1]読んでいるとムカムカしてきますね!! 
 地域一帯でお互いに監視するシステムを構築しようとしているように思えます。ぞっとします。
 家庭教育なんて他人にとやかく言われたくないです。もし、言うのであれば、その場で気づいた人がその人に直接言えばいいと思います。人によって価値観はそれぞれなのに。まったく文科省はなに考えてるんだか、と思います。
 てまてさんのおっしゃるとおり、(1)のイ、はどうやって調べるんでしょうね。

完全にPTAが希望者のみで会員を集めるのであれば、きっと保護者の中で入会したい人って30%くらいでは、と思います。
 PTAの勧誘なんて学校の敷地内でやらないで入会届けを出す形にして、そして入る入らないの意思決定する時にクラスの他の保護者と話す機会がなければ、もっと入会する人は少ないであろう、と思われます。
柳下玲優 09-06-29 06:24:37

[2]どちらかというと不健全!?
>柳下玲優さん
 ですよねぇ。何処かのPTAで受賞拒否とかしてくれたら痛快なんですけど(笑)。受賞するような状況にあるPTAは喜んで受賞しちゃうような状況なんだろうと思うと、やっぱりドンヨリしっ放しなのかしらん。

 例え役員・委員の任期中であっても、途中退会が気軽にできる状況が、もし作れたら、の前提でです。
 需要曲線と供給曲線みたいなものが上手く働いて、個人個人が「このくらいの負担ならまぁ、いいかな…」と思う負担の総量(個人によって異なるので、一人当たりの負担×人数と考えるのは不可)と、参加人数のバランスが取れる所が有りそうに思うのです。

 全米PTA団体に正式に属しているのはわずか25%(Wikiより)、とのことですので、柳下さんの仰る30%って、正しい予想かもしれませんね!?
とまて 09-06-29 10:01:35

[3]読んでいるとゼーゼーしてきますね
とまてさん、柳下さん、私は息苦しくなってぜーぜーしてきましたよ。。。
自主独立の任意団体と言いつつ、行政の管理下にあるのが明白じゃありませんか。「地域一帯でお互いに監視するシステム」って、本当ですね。息ができなくなる感じ、、、
「PTA=健全」が前提のようになっていますが、PTAって健全になりうるものでしょうか。文科省の言うとおりに運営したら、健全になれますか? むしろ、不健全じゃん・・っていう思うんですが。ちゃんと息できないし。
TSS_P 09-06-29 10:44:48

[4]Re:読んでいるとゼーゼーしてきますね
>TSS_Pさん
 す、済みません。折角検索しにくいようにPDFになっていたのに、態々タイピングしてしまいました(・・。)ゞ これでお見捨てにならずに、よろしかったらまた遊びにいらしてくださいませm(__)m

 仰るように、「PTA=健全」という入り口のイメージはとても危険だと思います。ついうっかり入会しちゃうし、ついうっかり委員や役員引き受けちゃうし、下手するとPTA脳化してしまいますし。

 その昔、山下洋輔氏のエッセーで「使命感に燃えた馬鹿にだけはなりたくない」というような趣旨のことが書かれていましたが、こういう言葉が、いまや“健全化”に役に立っちゃう感じですね。
とまて 09-06-29 11:23:11

[5]読む前からクラクラしてきますね!
…「優秀」な実績を上げている「優良」PTAの…
私の感覚では「優秀」よりも「優良」は「秀」ではないので、くらくらメマイがして脳の皺が一部伸びそうな気がしました(笑)。
FJN 09-06-29 15:05:44

[6]Re:読む前からクラクラしてきますね!
>FJNさん
えぇっ!と、思わずタイプミスをチェックしてしまいました。良かった、合ってました。(あれ、良くないのか!?)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/13/08/010821.htm
平成13年度まで遡れました。文科省はコピペ文化の優良な担い手ですね。流石!!

それにしても、ムカムカ ゼーゼー クラクラ って…、何で皆様そんなにセンスが良いのですか(ドキドキ)。
とまて 09-06-29 15:58:38

2009/07/07(火)
PTAサイトで、アンケートを作る企画発動、その他もろもろ
[PTAからの自由]
 Think! PTA!の、オープンBBSにて、新コンテンツを皆で作ろう…というノリで、アンケートの質問事項を募集しています。皆、この件に関してはどう思っているのかな?なんていうことがある方は、奮ってご参加くださいまし。
 今回は、アンケート作りについてで、アンケートが出来たら、アンケート回答についての募集に移る所存です。セミクローズドBBS内で、何日か練った叩き台が展示してありますので、ご覧になって感想の一つでも書いていただけら大変嬉しいです。
 また、棒グラフ型のものは、既に投票を受け付けられる状態になっております。未だβ版なので、受け付けた投稿をリセットする可能性もゼロでは無いですが、気が向かれた方は、動作チェック方々実際に投票してご覧になって、ご感想いただけたらと思います。


 ところで、暫く振りに、ネットにゆっくりPCを繋いで、数日聞けずにいたポッドキャストなどを聞き始めております。

 タチヨミストの雑誌チェック
●tachiyomist20090707 今日の三ツ星「週刊朝日/120P」『脅かされる「知る権利」/新銀行東京姑息な「口封じ」』
●tachiyomist20090706 今日の三ツ星「週刊ポスト/24P」『国民の生活と安全はどうなる!民主党政権「3か月後のニッポン」大予測』
●tachiyomist20090702 今日の三ツ星「週刊新潮/49P」『「プロ雀師」「修行僧」を気遣う「裁判員選任マニュアル」にズっこけた』
 面白いです。プロ雀師とか修行僧になると、裁判員にならなくても良いんだそうです。

 ウィークエンドシャッフルの、西寺郷太氏のマイケル・ジャクソン語り尽くしも、興味ある方は聴いて見られると良いかと。マイケル・ジャクソンが大好きで、いつかレコードのライナーノーツを書く人になりたいと思って研究に励んで、確か、解説の依頼を受けるまでになられた方です。
 実はこの方の、マイケル・ジャクソン、小沢一郎、ほぼ同一人物説を聴いてから、スリラーのレンタルDVDを探していたのですが、まさか、フジテレビが追悼番組を当日にやっちゃうなんてね。早すぎて、録画出来なかったな…。

 音声コンテンツじゃないですが、あの、ジェンダーフリーQ&Aをまとめられた荻上チキ氏が、バックラッシュ反対派も、駄目ジャン…風なことを書いていらっしゃいます。事実をキチンと把握した上で、対処しないと、それは確かに拙いだろうなぁ。■女性学会レポまとめ&発言要旨
 応用できること、有りそうでしょうか? 取敢えずは、PTAによるTV番組批判に対する批判の方は、『日Pサイト☆ツアーへのお誘い』経由で日Pサイトへお出でになると、突っ込みどころがピンポイントで分かっていただけるかもしれないで〜す(笑)。

2009/07/08(水)
PTA問題と専業主婦、難しいな…
[PTAからの自由]
 最近、PTA問題に言及されているブログなどを拝読していて、コメントを書きかけて送信せずに閉じることが増えました(マジです)。ちょっと長く書くと、一度何処かに書いたことがあることに繋がる感じが気になってしまうのですね。自分のコメント欄にはひとことコメントでも嬉しいので、気にせずご挨拶代わりに書かせていただくことも有りだとも思いつつ…。

 そんな私ですが、これはちょっと未開拓かなと思われる分野が、『PTA問題と専業主婦』。川端裕人氏の『PTA再活用論』で、保育園組・幼稚園組という言葉に触れて、「う〜〜ん、幼稚園組も様々なんですよねぇ」と、実はちょっと思っております。
 また、小学校低学年の保護者が役員・委員に手を挙げる理由について、『子供に手がかからなくなったら、再就職を考えている主婦』の存在は、あまり男性やワーキングマザーの皆さんの視界に入っていないのかしら?と最近、意外に思うこともありました。

 それなら、PTA問題と専業主婦について文章をまとめられるか?というと、これが意外に難しい。
 専業主婦にもいろいろ居るんですよ。だから、ワタクシこそは専業主婦の代表なのです!なんておこがましくて、とても言えません。また、専業主婦について語るとき、ワーキングマザーとの比較はどうしても必要になって来ますが、その際、お互いのあり方を尊重しつつ語るということが案外難しいような気がしております。

 PTA問題を考えるとき、「私は仕事を持っているのだから、仕事の無い、主婦がやればいい」とか、「私は病気なのだから、健康な皆さんでやって欲しい」とか、そういう議論の仕方をしていたら、いつまでも保護者全体の幸せに到達できないと思うんですよ。(やっぱり、自発的意思の尊重が一番肝ですよね!)

 ま、そんなこんなで、とっても難しいのですが、『断る理由』を求められる全員参加原則のPTAにおいて、専業主婦は、非常に分が悪い、ということは、いつかちゃんと考えてまとめて置かないととイケナイかな?と思う今日この頃です。

 最近のコメントスランプの言い訳と、誰も書いてくれないなら、しょうがないからいつか書かなきゃ。でも、誰かが代わりに書いてくれると嬉しいな、というネタの披露でした(笑)。

[1]意義を感じるかどうかで決める
 専業主婦かフルで働いているかに関係なく、PTAの活動に意義を感じる人が入会して活動する事が望ましいと思います。特に小学校は6年間もあるので、保護者主催の催しものはこの年齢層に幅がありすぎてどんなものにするのか、悩むことになります。もっと、小規模の会ならどんなに活動しやすいだろうか、と思いました。いくつもの、またどんな活動に的を絞った会なのか、いろんな有志の会があった方がいいと思いました。なくてもいっこうに構わないとも思います。そこの学校の保護者全体が会員だなんてそもそもおかしいと思います。私は専業主婦ですが、自分でいうのはおかしいと思いますが、ちょっとお人好しなところがあり、『誰もやる人がいないのならやってもいいか』と引き受けましたが、もう、自分の時間を大事にしないといけない年齢だと思い始めています。また、その時期に出来るからという人にも本人が望まない限り役員をやってもらうことはいけないことだと思います。家族や自分自身の時間を犠牲にする必要性は誰にもないと思います。PTAはもうじきなくなるのでは、なんて思ってます。『地域全体で子どもたちを守ろう』という事になるのであれば、保護者である必要性はないのでは、と思います。パトロールも市町村などで警備員など人を雇えばいいのではないかと思います。
柳下玲優 09-07-09 17:37:07

[2]Re:意義を感じるかどうかで決める
>柳下玲優さん
コメントありがとうございます!!

 多くの父親やワーキングマザーと同じく、専業主婦も、学校や地域に奉仕するために『子供を産んで育てている訳では無い』のですよね。PTAアレルギーになる前だったら、「ちょっとだけ学校の手伝い」レベルはOKでしたけどども(小学校の親子清掃なんかも欠かさず出かけておりました)、今はもう、何にもしたくないですね。幸い卒業しておりますが(笑)。

 当方で、PTAの外側に有る『有志の会』、意外に和やかでいい感じなんですよ。体力と時間の余裕が有って、学校関係で活動するのが好きという方々がいらっしゃるのですよね。多分、義務的PTAは無くなっても誰も困らないんじゃないでしょうか?
 日Pは収入が減って困るでしょうが、別に私たち頼んでないですし、意見も収集してもらってないですし。詐欺同然で自動入会させられてましたし…(キリがないのでこの辺で)。
(^_-)-☆
とまて 09-07-09 18:11:26

[3]負担が大きすぎます
専業でも兼業でも、母親でも父親でも、とにかく義務教育中の子を持つ保護者っていうのは忙しくて当たり前だと思うのです。(義務教育を過ぎたって、まだまだ手がかかるというのに・・・)
小中学校に通う子を持つ保護者は、誰だってPTA役員を引き受けるのは大変だと思いますよ。。
TSS_P 09-07-11 10:28:27

[4]Re:負担が大きすぎます
>TSS_Pさん
 そうなんですよね。負担だと思ったら、“私が手伝うのはここまで”と、自分でラインを引くシステムになっていればいいのですが、一度何かを引き受けると、あれもこれも付随してくるので。

 学校特有の価値観で、「今は苦しくてもやり遂げるのが大事なんだ」みたいなノリがあるじゃないですか? 子供の個性によっては、それが有効な場合も在り、でも、別の個性の子供にはマイナスの影響も懸念している指導方法なのですが。

 それを、無邪気に、大人に強要してくる面ってあると思います。私は、そんな体育会系の思考停止型PTAは撲滅したいですぅ。やり方が全く分からないですが(笑)。

 取敢えず、保護者(特に母親)は、自分自身の人権と、同じ学校に子供を通わせている別の保護者の人権に、もう少し敏感になった方が良いと考えています。
とまて 09-07-11 10:49:03

2009/08/03(月)
女性のPTA会長といっしょ!
[PTAからの自由]
以前、『とどくとおもうU』様で、女性PTA会長の比率についての統計を紹介していらっしゃったことがありました。
それで、内閣府の『男女共同参画白書 平成20年版』の『特集 地域における女性の活躍−実践的活動から進化する男女共同参画−』というのを、飛ばし飛ばし読んでみたことが有りました。

そもそも、
人々にとって最も身近な暮らしの場として,地域は家庭とともに重要である。そして,地域の様々な活動に対する女性の意欲は高まっており,地域活動の担い手としての女性に大きな期待が寄せられている(誰から?多分、仕事を減らしたいと思っている行政からですね)。また,実際に,地域を活性化する女性の活躍は全国各地にみられる。その一方,女性が地域のリーダーとして活躍する機会は少なく,女性の力が十分に活かされていないという現状もある。
この序文が充分嘘臭いと思うのですけれども。
「地域が元気になるための活動に参加したいと思うか」
ほらね!「積極的に参加したい・機会があれば参加したい」共に、男性の方が多し。しかも、「余り参加したくない・参加したくない」と言っているのは女性の方が多いし。

しかも、「地域のつながりが弱くなっていると思われる理由」のグラフを見ると、笑っちゃうことに、『男性の地域活動への参加の不足』という項目に対して、『女性の就労増加による地域活動への参加の不足』と書いてあるのがとても不自然。男女共同参画局なのに、バイアスがかかってる。「女性は、就労せずに地域活動へ無料奉仕する」のがデフォルトですか、そうですか。

こんな矛盾だらけの文書作ってお給料もらえるなんて、良い仕事だなぁ、内閣府の男女共同参画局。

突っ込み所が有り過ぎて読破は無理と判断して途中で読むのを止めたのですけれども、取り敢えず知りたいのは、女性がPTA会長をやっている場合で、会計や書記に男性がいらっしゃるPTAの比率です。逆は沢山あるだろうと思うんですけれども。
見たことがある方、是非、ご一報を(笑)!!

『素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA』のオープンBBSで、アンケート項目を募集しているので、応募してみようどうしようか、考え中なのです。

[1]お、おもしろすぎる・・・!!
「地域のつながりが弱く・・・」の図を見てみましたが、とまてさんのおっしゃる通りグラフの選択肢が面白いですね、思わず吹きだしてしましました! あー、でも、私も会社員時代は資料作成で似たようなことをやってました。あからさまでバレバレでも、「皆さん、こっちの意図を読み取ってくれますよね?!」って感じのを。これを作った人もそういう気持ちだったのでしょうか。

ところで、この「2図」って、そもそも選択肢の軸(?)がズレていますよね。「親近感の希薄化」や「他人の関与を歓迎しない」などは、理由(原因)ではなくて結果じゃないでしょうか。

ところで、PTA会長って全国的には男性が多いんですね?! 初めて知りました!
TSS_P 09-08-04 10:41:24

[2]Re:お、おもしろすぎる・・・!!
>TSS_Pさん
図のキャプションを見ると分かるのですが、いろいろな調査から、情報を引っ張り出してヤッツケ仕事っぽいレポートです(笑)。
他にも、突っ込みどころ多数ですよ。ボランティアを活性化するために、表彰のシステムを作ろうとか(爆笑)。

 ところで、PTA会長は、規約化されているかどうかは存じませんが、PTA副会長を女性何名、男性何名と定めておいて、1年間(?)副会長修行を積んだ男性からPTA会長を選ぶようなシステムをとっている地域も有るようです。
http://www.janis.or.jp/users/urasato/14.8.htm

あ、ここで書いた趣旨は、女性会長の比率を高めよう(≒PTAは女性だけに任せよう)にならないのかな?という疑問です。

男性会員は、自分が「女性の立場でくじを引かされたら、どんなに情け無い気分なのか」、想像力を発揮していただいて、『オヤジの会』で焼き鳥焼く元気があったら、PTAの女性総動員問題を何とかするための手助けをして欲しいですよね。
とまて 09-08-04 12:46:38

2009/08/20(木)
『まるおの雑記帳』さんが、今、Coolです!
[PTAからの自由]
仙台市立八木山小学校PTAのPちゃんが、○Q&Aのページにて
Q:保護者でもPTAに入らない人もいるのですか?
A:八木山小学校の児童の保護者は必ずPTA会員となります。八木山小学校PTA会則に定められているんだ。
と、はっきりきっぱり書いてしまっている件。

○奈良市立平城東中学校の平成21年5月18日の『卒業記念贈答に対する取り扱いについて』というレターで、
 これまで、卒業記念品の贈答につきましては、PTAに未加入の方には本部・会計より、各家庭にご連絡させていただき、実費徴収の上、お贈りさせていただいておりましたが、今年度より、未加入の方には本部・会計よりのご連絡はご遠慮させていただきたく存じます。
 ご希望の方は、学校にお問い合わせいただき、個人でご購入いただきますようお願い申し上げます。
PTAに加入・未加入の区別化を図るため、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
という、大変味わい深い変更理由明記されている件(PTA会長名が晒されているのが、ちょっと酷かと思うのでURLは貼りません)。

主に、この2つについて、まるおさんが、文科省にお問い合わせされていて、その経緯を実況して下さっていて興味深いです。PTAや、官僚のロジックなどに興味のある方は是非!
市教委に聞いてみた(証書のホルダー代等の件と、加入率、入会の意思確認の問題)辺りからどうぞ!!

PTA副会長辺りになると、理詰めで話していくと最終兵器「PTAはボランティアです。ボランティアだから約束は守らなくてもいいんです」が投入されて、どうにも面白くない状況に突き当たってしまうのですが、文科省の人は、きっと理で動いてくれるでしょう。ボランティアじゃ無くてお仕事ですし。

よく、「PTAには男性の論理は通じない」とか仰る方がいらっしゃいますが、男性の論理も女性の論理も論理は論理だから、そう違ってないだろうと思うのです。論理自体をシカトできる才能のある、男性や女性がいらっしゃるだけです。

[1]くらくらします
こんにちは。
私も先日来、「まるおの雑記帳」さんを読んでいましたが、実は頭がくらくらして何をどう考えていいのやらと。。。こんなにもひどい状況のまま放置されているということに、本当に愕然とするんですよ。
私は、入り口でちょっと関わったところで、すぐ「やってらんないわ」と引き返した感じなのですが、内部はこんな世界だったとは。。
TSS_P 09-08-21 10:51:01

[2]最近、官僚が怪しいと思うようになってきました(笑)。
>TSS_Pさん
 以前、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 」という本(未読です)が流行したときに、「PTAはなぜ潰れないのか?」という本が有ったら読みたいと思ってました。

 ミクロな部分では『PTA脳の恐怖』に書いたような事は確かに起きているのですが、“NO!”という声がことごとく潰されて行く背景には、何か、PTAを存続させるエネルギーが有るのだろう。それはいったい何だろう?

 で、最近、TBSラジオ(他)に洗脳されつつあるワタクシ、「黒幕はやっぱり官僚なんじゃないかな」なんて思い始めちゃいました(爆笑)。
先週のデイキャッチ・宮台真司お聴きになられました?『省庁有って、国家無し』ですって…。『人事と予算』を、官僚に渡してはイケナイのですが、一度も守られた事が無いのだとか。
http://podcast.tbsradio.jp/dc/files/miyadai20090814.mp3

 でも、選挙には行きますけど(*^^)v
とまて 09-08-21 18:21:57

[3]お金だと思います
>とまてさん

私は単純に「お金」としか思っていません。PTAの会費で食べている人間がいる限り、PTAはなくならないと思います。誰しも、多かれ少なかれ自分の利益の為に動くものだと思います。
なくしたいと思う人は「なくなればいい」と思いますし、「存続させたい」と思う人は、あの手この手で存続のために努力をすると思います。

ただ、私が非常に不思議なのは、自分の利益にはならないのに、イヤイヤPTAを続けようとする人たちです。
TSS_P 09-08-21 19:34:29

[4]Re:お金だと思います
>TSS_Pさん
もちろん、お金も、大きいと思われます。何しろ、日Pトップは1000万円近い年収(H17)が有るらしいですし。
http://www.mext.go.jp/b_menu/koueki/syougai/03/05/09.pdf
国からの補助金3000万円(H17)も美味しいですよね!!
http://www.mext.go.jp/b_menu/koueki/syougai/03/05/midashi.htm
(こんなに極悪非道な団体に、私たちの血税から補助金が…笑)

ただ、私がとても辛かったのは、お金以外の部分が非常に大きかったので(意見を言わせずに、行動を強制される)、単純にお金の問題と思い切ることが出来ないのです(バカの壁)。
(文科省・教育委員会・学校長が?)自由にコントロールできる人間(≒母親達)を確保して置きたいのではないか?という思いも強いです。

ボランティア錯覚http://www.nagaitosiya.com/a/volunteer.html
や、岩竹論文『国家の装置としてのPTA』などを読んだこと、或いは、現在住んでいる場所が田舎で、若い人を当然のようにアゴで使いたがる人々を見ているとそう思います。

PTA会費が無料になったらPTA問題は全て解決かというとそんな事は無くて、「強制只働きがゼロになること」、「先生と対等に話し合える権利を持つこと」などが実現しないと、We can never be satisfied ! な感じがします。

会費が無くなったら、PTA組織、正常化するのでしょうか?自分は、人をコントロールする喜びってよく分からないのですが、PTA役員を部下扱いする校長などを見ていると、やっぱりちょっと不安な気もしているのですが…。
とまて 09-08-21 20:56:39

[5]集団の圧力も
 おはようございます。私もなんでPTAなどについて考えているのだろう、ということには、やはり役員をやった時の人間関係に悩んだせいもあると思い当たります。
 >会費が無くなったら、PTA組織、正常化するのでしょうか?自分は、人をコントロールする喜びってよく分からないのですが、PTA役員を部下扱いする校長などを見ていると、やっぱりちょっと不安な気もしているのですが…。(とまてさん)
 これ、私も感じました。部下とも、また、『子の親も生徒』と勘違いしているのでは、と思いました。相談にいっても
「大変だからやめようでなく、意味のあることならやらなければいけないのではないですか?」と言われたのですが、意味が感じられないので「これってやる必要がありますか?他校でもやっていることなんでしょうか?」等、相談しに行ったのですが。
 「本来、そんなこと保護者にいうことではないだろうに」と思う事を学校は言ってきて驚く事もありました。言いやすい相手に言うのでしょうが。
 「大変でもその大変な事を一生懸命やる姿を見せる事で子にいい影響がある」と内容を考えずに物をやろうとする人にも、役員を引き受けた以上、やってください、と言われましたし。
 学校側は誰か面倒な事を引き受けてくれれば、誰でもいいのだと思います。
 そういった意味で役員は
『生け贄だね』
 と友人がつぶやいた言葉に合点がいきました。
 いろんな事が絡んでいる様に思います。今後は二度と役員はやらないつもりですが。やるまでは分からなかったのが残念です。
柳下玲優 09-08-22 06:56:08

[6]Re:集団の圧力も
>柳下玲優さん
そう、生贄ですよね。私が良く使うのは人身御供。
そして、出入り不自由のPTAはプリズンで、プリズンゆえ、開いた場所では有り得ない人間関係が働き、傍若無人な牢名主さんが時々現れて…。

PTAの上納金システムは何とかしたいですが、(ゼロ円にしてもいいですし、領収の知らせと、細かい会計書類をネットなどでが遍く普通会員が見ることができるようにすることでもいいでしょう)。
それだけでGAME OVERにはならない予感がしています。
とまて 09-08-22 09:33:49

[7]なるほどですね
なるほどなるほどー
私は、行政や学校関係者って、保護者を「集金マシーン」&「タダで使える労働力」と思っているに違いない、「お金が欲しい人たち」と「お金を使いたくない人たち」が合体しているから困る・・・と思っていたのですが、それだけじゃなくて、「都合よくコントロールできる人材」という意味もありますね。

学校関係者にとって、黙って働いてくれる保護者たちは本当に「便利」なのだと思います。なので、彼らが「PTAは必要」と言い張る気持ちはわかるんです。実際に無いと学校の運営ですぐに困るでしょうから。
でも、保護者の側でも、相手の一方的な都合を唯々諾々と受け入れてしまうどころか、他の保護者に対して圧力を加える人までいて、本当に不思議というか困り者だと思います。

デイキャッチの宮台さんの話、後で聴いてみます^^
 
TSS_P 09-08-22 10:44:21

[8]不思議、ですよね…
>TSS_Pさん
 唯々諾々の人にちゃんと質問してみないといけないのですが、比較的ライトにPTAに関わっていらっしゃる方ですと、“PTA活動=いいこと”の等式が、単純に入ってしまっているようです。
 人数的にも、これが主流。
 PTAの駄目な面を説明しても、なかなか分かってくれない(爆笑)。

 ハードに関わっている人の中で、改革したくない派のユニークなご意見は、PTAのルーチンワークだけで忙しいのに、『PTA改革検討委員会』を立ち上げて、更に仕事を増やす輩が居るから、「とまてさん、改革したいなんて言わないでね」(笑)。

 唯々諾々の人々を分類すると面白いかもしれませんね。

 宮台さんの主張は、私と一致することは滅多に無いのですが(!)、先日の、「これからの男の子は、女の子の気持ちが理解できるように育てなければならない」という主張は、笑いながら頷いて聴いておりました。(2009.7.17)
http://podcast.tbsradio.jp/dc/files/miyadai20090717.mp3

 (2009.8.14)のものは、戦争を起こした張本人は、“官僚”。それからずぅっと日本は官僚に支配されているんだ!という風に私は理解しました。
慎吾さんの雑誌チェックにも、「黒幕は政治家じゃなくて官僚だ」という記事の紹介が多いですよね。
とまて 09-08-22 12:01:30

2009/08/31(月)
日P、今年もテレビ局に強く要請―或いは、読解能力に不自由な私の哀しみ。
[PTAからの自由]
今年も日P新聞7月号が出ましたよ〜!!楽しいから、皆さんアクセスしてみてくださいね!

平成21年6月10日
テレビメディアの青少年の健全育成への配慮に関する要請書
社団法人日本PTA全国協議会
会長 曽我邦彦
(テレビ局へ)
 社団法人日本PTA全国協議会は、全国61地方協議会約1千万会員とともに、児童生徒が、家庭や地域での生活や、学校での学習において、十分に大人から配慮された環境でその本文を全うし、次世代を担う成長を願い活動をしております。
そうなんですってよ、皆様!!誰に頼まれたんでしょうか。不偏不党の日Pさんが、文科省の下請けなんかするはずないですし。ところで“本文”を全うするのってどういうことなのでしょうか。読めばいいのかしら?何の本文を?

 経済の成長と技術革新の流れの中で、一台のテレビで家族が集い楽しめた環境から、一家に複数のテレビが置かれ、また、多チャンネル化、文字放送やワンセグ等個人のニーズにより重きを置いた放送サービスがなされてきています。
テレビ局のほうがお詳しいでしょうねぇ、多分

 平成20年度も「子どもとメディアに関する意識調査」を行い、集計結果から、保護者が子どもに見せたい番組、見せたくない番組が別添資料のような結果になりました。
今年も、見せたくない番組第1位はロンドンハーツで、有効回答数の3.5%の保護者に指名されました!

子どもにとって好ましくない番組に関しては、第一義的に家庭の責任であるとの認識は十分に理解した上で、番組制作会社、放送会社に置かれましても人格のある法人として健全な社会を構成する責任は保護者と同じと考えます。
子どもにとって好ましくない番組は家庭の責任なんですね!ちっとも知りませんでした。

人格形成期の児童生徒に関するテレビメディアの及ぼす影響は大きく、今後さらに、携帯等インターネット機能を持つ端末とテレビメディアの境がなくなりつつある中、有害情報に子どもが直接さらされる危機が増え続けることは看破できません。
おぉぉぉっ!看破【見破ること】が出来ないのかぁ。凄いなぁ、日P。それなら、知らぬが仏で超安心ですねv

 自由で豊かな日本であるために、表現の自由を尊重しつつも、現状を鑑みるに児童生徒の健全育成をはかる上で、放送各社、制作会社に左記(原文は縦書き)の事項を強く要請いたします。
以下、見せたくないという保護者が3.5%もあり、見たいという子どもが、0.5%以下である所の、ロンドンハーツという番組などに関して強く要請する内容です。じっくり拝読しましょう。

一、番組の製作及び放映にあたり、テレビメディアの影響力と、テレビ局の社会的責任を充分に認識され、今回の調査の結果を真剣に受け止とめ、今後の番組放送に反映させていただきたい。
ウケトトメ!!いえ、タイプミスは誰にでも有る。子供の漢字テストに目くじら立てたら可哀想よね。あ、でも、私(とまて)のタイプミスや漢字の間違えなどはご教示いただけると助かります。それは、置いておいて、テレビ局の皆さん、特に報道関係の皆さん!数字に注意してちゃんと読んでみると面白いですよ!

一、番組のなかで、児童生徒を消費者としてのみ捉えたり、携帯や有害サイトなどの情報を教育環境の視点から配慮をして放送していただきたい。
児童生徒を消費者としてのみ捉えていただきたいのですねぇ、去年と同じく今年も…。私は、そんな捉え方は余り望まないんですが。それにしても、携帯や有害サイトなどの情報を、放送していただきたいのですが、その際、教育環境の視点から配慮をして欲しい、っていうことなのでしょうか?もう、そういう番組、日Pから文科省に依頼してで作っていただいたら良いのではないでしょうか?MIAUに依頼して作っていただくのがお勧め!メディアに関する意識調査にかかる費用とどっちが安いかなぁ?

一、メディアリテラシーの重要さを認識し、視聴者と双方向を持つ議論を深めていただきたい。
メディアリテラシーって…。広辞苑によると、
リテラシー【literacy】
読み書きの能力。識字。転じて、ある分野に関する知識・能力。「コンピューター‐―」
ということですので、どちらかと言うと、受信側に使うことだと思ってました。メディア側の方に、リテラシー重要なんだぜ!って、東洋ではブッダに経を説くと言うのでは??あ、ひょっとして、メディアリテラシーを視聴者に教えろ、無料で!と仰っているんですか?

〔付言〕日本PTA全国協議会は、児童生徒に多大な影響を及ぼすテレビメディアのみならず、インターネット等広範なメディアに対し、今後も重大な関心を持って臨み、児童生徒の健全育成の観点から好ましくない番組等コンテンツについて関係諸団体に広く呼びかけ、内容改善のための世論形成に努めてまいります。
うわぁ、こういうの、私のリテラシーではほぼ解読不能ですわ。え〜っと、『日Pは、世論形成に努める』んですね。で、その世論とは、3.5%の親が見せたくないという番組等の内容改善のための世論なんですかね?あぁ、番組など「含、インターネットなど広範なメディアのコンテンツ」なのか。成程。日Pは保護者をも教育しようとする団体だから、要請書の原稿にも簡単に読める文章は禁止されているのかもしれませんね。いえ、やっぱり私の読解力が低過ぎるのか…

[1]使い回し?
ひな型の文章を使い回ししているのですかね。
グレードアップぶりが興味深い印象です。
↓では「看過」となっていました。
http://www.nippon-pta.or.jp/cgi-bin/bbs/view.cgi?no=18
…「看過」を「看破」とグレードアップした理由を想像すると寒波襲来感が湧きます(笑)。
FJN 09-09-01 11:05:19

[2]赤井氏の文書をそのまま使うの嫌だったのでしょうか?
>FJNさん
コメントありがとうございます。
私は、曽我邦彦氏の強い意志の表れとウケトトメます!
(面白いレスが思い浮かびません…涙)
とまて 09-09-01 12:16:53

[3]カットした要請先
以下の事実も、理由は不明です。
――昨年の要請先には【番組提供企業】がありました。今年の要請文からはカットされています。
(微苦笑)
FJN 09-09-01 12:52:30

[4]Re:カットした要請先
>FJNさん
H20の要望書には『番組提供企業に』と書かれていますが、記事本文(あ、本文だ!)には、“最後に、各社の代表者に「テレビメディアの青少年の健全育成への配慮に関する要望書を手渡し閉会した。”としか書かれていません。

H17には、
“最後に赤田会長より、各局に対し『テレビメディアの青少年の健全育成への配慮に関する要望書』を提出した。今後として、子ども達に対するメディア・リテラシー<放送内容を読み解く力>教育活動についての話があり、又番組スポンサーに対しての番組改善の要望だけでなく、見せたい番組スポンサーに対しての奨励活動も今後行ってきたいと懇談会をまとめられた。”

H18には
“また、6月上旬には調査結果の中で保護者が見せたくない番組の上位3番組のスポンサーの中から販売商品が子どもたちに関係のある企業6社に同要望書を訪問及び郵送で提出して健全育成への配慮を要請した。”

H19には
“また、今回の調査で保護者が子どもに見せたくない番組の上位二番組のスポンサーの中から、子どもたちに関係のある企業3社に同様の要望書を提出し、青少年の健全育成への配慮を要望した”

H17(要望しなかったもしれない)→H18(要望と明記)→H19(要望と明記)→H20(要望しなかったかもしれない)→H21(要望書自体からカット)

から鑑みるに、日経平均株価が1万5千円超えの年のみ、要望しているのではないかとhttp://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998407.O&ct=z&t=5y&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130&a=
(今一瞬、私はオカルトの世界に一歩踏み込みました…)
とまて 09-09-01 13:47:46

[5]愕然としました
あまりにもひどい内容に、ワタクシ、ただいま怒髪天状態です。
頭が悪すぎる!!
ここまで頭の悪い文章を書くほうも書くほうだし(コピペのようですが)、それを全くチェックできないほうも何なんでしょうね。
日P新聞、他のところも読んでみましたが、最後のページ「あるPTA会長の日記から」も、頭がくらくらします。こういう言い回しって、ホンット、よく聞くのですが、PTAが衰退するのは問題だと言うなら、「そう結論づけるなら具体的な根拠を示してほしい。統計的な裏づけを取ってから言ってほしい」と声を大にして言いたい(=つまり、怒鳴りつけたい!)。
根拠が無い話、薄い話というのは、一般的には「ウソ」とか「ハッタリ」というものなんですけど?!
TSS_P 09-09-01 14:10:57

[6]Re:愕然としました
>TSS_Pさん
う〜〜ん、何なんでしょうね?自称、教育団体なので、ひょっとして、私達に忍耐力の大切さを教えてくださろうとしているのではヽ(*'0'*)ツ

 取敢えず、この要望書が資源ごみに見えた方は、単位PTA退会が難しくても、日Pだけでも退会して、年間6円の会費を払わないぞ運動を繰り広げるとか? 私、1年半前に自動退会してしまっているのでどうにもなりません…。
とまて 09-09-01 19:18:39

[7]ループ記事を書きました
こんばんは!
御記事とループする記事を書きました(笑)。
高覧たまわれば幸いです。
http://todoct.blog85.fc2.com/blog-entry-2130.html
FJN 10-01-12 22:37:17

[8]Re:ループ記事を書きました
>FJNさん
 ありがとうございます!2010年01月05日付けで7月号の内容が書かれているのが、味わい深いですね。
 『不適切な表現や間違った情報等、お気付きの方はお知らせください。事務局(amakusacity-pta@waltz.ocn.ne.jp) 』で、“受け止とめ”のタイプミスをお知らせした方が良いか、“本文”と“看破”をお知らせする方が良いか迷います(にっこり)。

 日Pは、PTA広報の表彰もやっているのですから、懸賞付きで日P広報の感想文も募集するようにすると、熱心な読者が増えて良いと思います!!
とまて 10-01-13 10:01:28

[9]ローカルは?
勉強不足なので大変参考にしております。

スポンサー企業(番宣)へ宛でもあるのですね。知りませんでした。各企業の広報部門や広告代理店社員の方はどのように解釈されるのでしょうか?いずれも日P会員がいらっしゃると思います。

調査や要望をするならば、PTAとして「控えて欲しい表現(描写)」を強調するべきと思いますが、「番組名」が強調されている(一般人に)点が私は残念です。制作サイドのモチベーションが下がらないことを希望します。

それと、地方局のローカル番組が全国波の番組よりもピンク色を感じることがあります。ブロックP等できめ細やかに調査分析された上での恒例調査結果なのか?もしご存知でしたら、教えてください。
元テレビ局社員 11-08-11 10:41:19

[10]Re:ローカルは?
>元テレビ局社員さん
いらっしゃいませ!
私、この統計は突っ込みどころ満載だと思っていて、統計データを調べて長めの文書を書いています。
http://www3.kcn.ne.jp/~tomate/shuho/2008/VIVA_jp_PTA.html
ソースデータは、日Pのサイトでも公開していまして、そちらへのリンクも貼っておりますので、ご覧いただけましたら幸いです。

見せたくない番組No.1のロンドンハーツでも、一番多い年で反対票は4%です。100人中4人の保護者が「見せたくない」と言っている番組のスポンサーに圧力かけることに何の意味があるのでしょう??

という、突っ込みをする人が少なすぎる気がします。

そして、以前、文科省の肝いりで(ひょっとして国税で?)行われていたモニタリング調査では、実際に「クレヨンしんちゃん」をモニタしていただいた結果、「見せたい」と思った人の方が多かった、という記録もあります。

http://ameblo.jp/yodandesu/entry-10332739557.html
日Pさんの、平成21年6月10日の要請文はもっと味わい深いです。メディアの方は、放置なさらずに、日本PTA全国協議会という素敵な団体について、一般社会にご紹介いただけたら良いと思います。
とまて 11-08-11 11:08:25

[11]偽善者ですが・・
このような醜文を見せるために誘いこんだのですか?

確かにこの文章は酷いですな。

しかしこんな文章を書くレベルを責め立て何が面白いか・・・・。

「あ、あと、『非会員が会員の権利を主張する』のところも、詳しくご教示いただけましたら幸いです。
私はPTAを9年間やって卒業しちゃいましたが、家の子はまだ未成年ですし、生まれてこの方ずっと非会員なんです。見渡したところ、同世代のお友達も皆非会員だったみたいです。本当に頭悪くて済みません。」

非会員でも入れてくれるPTAもあるってことですか・・・。
理想はPTAなんていい加減な組織がなくても子どもたちの教育が上手くできる環境ができれば確かにいいことですから。

こんなコメントで満足できます?
偽善者 11-12-17 00:43:17

[12]Re:偽善者ですが・・
>偽善者さん
コメントありがとうございます。本当は、偽悪者でいらっしゃるのでは!?と感じました。

(PTAという)組織がなくても子どもたちの教育が上手くできる環境ができれば確かにいいことですから。

に、深く賛同します。私は、保護者会は必須と思うのですが、“PTA”は無くても大丈夫。プラスアルファの機能に絞ったらいいのではないか、と考えているのです。

残りのことは、http://ameblo.jp/yodandesu/entry-10536592280.htmlの方で書きますね。

本当にありがとうございました。
とまて 11-12-17 10:03:41

2009/09/16(水)
『素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA』に体験談集お目見え…
[PTAからの自由]
 暫く前から、BBSでPTA体験談を募集していましたが、過去ログに入ってしまうと見えにくくなってしまうので、専用のPTA体験談集投稿フォームを作りました。自らの体験だけでなく、知人の体験などでも良いので、投稿していただけたら幸いです。ハンドルネームは捨てハン(一時的なもの)でもOKです。また、未だ小学校に入っていない小さなお子さんの保護者の方は、予備知識を持って頂いた方が良いと思うので、読んでみてくだされば幸いです。
 また、最近文科省が“学校を地域で支える”という方針を出していますので、学齢期のお子さんをお持ちでない方も、何となくPTAと係わりを持たれることがあるかもしれません。そういう方々もPTAの内部事情をお分かりいただけるかと思います。(学校を地域で支えることを、行政から促されること自体に、疑問があったりもするんですけどね)
 尚、PTA体験を募集していらっしゃるサイトさまは他にも有りますので、よろしかったらLINK集からお出かけくださいまし。

 私は、自分が体験しない内に、噂を見聞きして偏見を持つことは良くないと思っていたのです。だがしかしっ!本気でWonder Landでしたので。最悪、日本語が通じないと思えるような世界でしたので、海外旅行前にガイドブックをチェックするレベルで、知って置かれることを強くお勧めです。
 偶々、日本語が通じるようなPTAに入れたら、ラッキーなんですよぉ!

 で、ラッキーだった方も、良いPTAも有るんですよ!という情報を、どうぞお寄せくださいませ。

管理人の中の一人として、宣伝でした!!

2009/09/21(月)
PTAを法律方面から考察すること
[PTAからの自由]
自動参加PTA或いは強制参加PTAを、正常な任意参加のPTAに改革することの難しさにはいろいろな要因があります。

PTAに困っている人はゼロでは無いのですが、困り方にグラデーションがあります。
「これくらいなら我慢すれば何とかなる。一年間のことなのだし」
「物理的に身体が2つ無ければ出席できない、すなわち全部欠席」
「最初は、押し付けられて嫌だったのだけれど、やってみたら意外と楽しかった」

いろいろ居るので、『PTAを実質的に任意加入・任意退会可能な団体に改善しよう』と言うような議論をPTAの内部で盛り上げて行き、決議に至るような道筋をつけるのは容易ではありません。既に、全員参加のものとして毎年毎年次の年度に送られてくるルーチンワークに、さらに“PTA改革のための議論”という一つの仕事が増えるのです。

PTA活動が楽しくて続けている人にとって、“PTA改革のための議論”が面白くないのは勿論ですが、程々に困っている人にとっては、困り度が更にアップしてしまうため、まぁ、黙ってやっておけば何とかなる範囲なので、さっさとやってしまおう…というあきらめの気持ちの方が大きいのでしょう。

近頃、モンスターペアレンツなる言葉が流行って、“学校に対してもの申す保護者”叩きが活発化しています(こういう言い方は、行政がよく使う言葉遣いですね。誤魔化しが含まれている可能性があるので、眉唾必須ですよぉ!!)。また、『学校・家庭・地域が連携して子供達を育てていこう』などという言論が文科省・日P方面から盛んに発信されています("学校・家庭・地域"で検索すると、沢山出てくるので、チェックしてみてくださいね!)。

私には、行政が、先の、PTA改革の難しさを利用して、公教育の学校から教員・事務員・校務員などのプロフェッショナルな人達を減らして、家庭や地域のアマチュアで学校を支えさせようとしているように思えてなりません。

私(病弱な草食系女子)としては(爆笑)、『PTAが本当は入退会自由な、学校とは完全に独立した組織であること』を、知らずに参加している人々が多いと思われるので、先ず、このことを知っている人を、世の中に増やして行きたいと考えています。
あと、日PさんのWebサイトで味わい深いなぁ、と思うことも紹介して行きたいです。(一年以上も、日本PTA全国協議会へのお問い合わせのページが準備中であるのも、味わい深いと思われません??どうしたのかなぁ、日Pさん…)

それとは別に、今のPTAのあり方を、法律に照らして、ダイレクトに文科省に対して改善を求めていく活動をしている方々がいらっしゃいます。
私が存じている、お一方は、“まるおの雑記帳”を書いていらっしゃるまるおさん、もう一方は、2chの“PTAの違法性について”というスレッドで、自らの考えをまとめつつ、日々の活動の報告をなさっている、PTAのあり方とは・・さんです。

あり方さん(勝手に略してしまってすみません)が論点に挙げていらっしゃることは、いくつか在るのですが、その内で私が興味深く思っているのは以下の二点。
但し、私の理解というフィルター付、間違ってたらゴメンネ・ゴメンネです。

1.PTA加入に際して、PTAの会費の使われ方や、PTAに入会したときにどの様な目に合う危険性があるのか(これは、私語に訳しました…笑。訳しすぎ!!)。などなど、詳しく説明をしないで、入会届けを書かせたり、或いは、入会届けすら無いのは、消費者保護法などの観点から、違法なんじゃないだろうか?

2.PTA総会の委任状(白紙委任)は、“ひょっとすると”法的に無効。従って、PTA総会で決められた全てのことは、無根拠になるのではないだろうか?

民主主義が殆ど機能しないPTAの中で、普通に学級PTAや総会で意見を申し述べて改革することは、殆ど不可能なので、

・「物理的に身体が2つ無ければ出席できない、すなわち全部欠席」も含めて、PTAが無きものであるかのように振舞うというのも一つの手かもしれません。
・退会届を出してみるというのもOKかも
・行政の公教育に対する、金銭・及び人的資源投入の節約について反論する(子供手当てよりも、公教育の充実の方が、累進課税的っていうか、収入の低い人にとって篤い行政と言えると思うのですが!?)
・個々のPTAの苦情を行政に訴えていく
等、いろいろと作戦を考えないといけないかもしれません。

PTAを法律方面から考察してみるということについてご紹介したいという思いはあれど、難しいです。自分のものに出来るほど勉強していないし…。
弁護士とか、そういう職業の方で身近に居るPTAで困っている人を助けようとか思う人いらっしゃらないですか?最初から私立へ行かせるとか、そういうのが主流なのかな…。

[1]行政がPTAを当てにしている
こんにちは。
今の私の不安を愚痴らせてくださーい!
うちの子が学童クラブをやめることになって、今は主に「学校開放」で放課後を過ごしているのですが、その「学校開放」を支えているのが「地域」や「PTA」なのですね。そうすると、まさに
「自分の子がお世話になっているのだから、地域やPTAで奉仕するのは当然」
という理屈から逃れられそうにないのです。

今までは行政が運営していた「学童クラブ」があったわけですが「経費削減」で正規職員が減らされ(それでイジメ問題等にろくな対応ができなくなっている)、待機児童が増えても受け入れができず、その対応策が「学校開放事業」らしいのです。

学校開放は確かに助かりますが、それを支えるのが「地域ボランティア」であったり「PTA」であったりということは、結局、行政は「事業は推進するけど金は出せない」ってことなんだろうと思います。

しかし・・・学童クラブへの入会希望が増えているのは働く母親が増えているからだというのに、その当の母親たちを「地域」や「PTA」に更に強力に縛り付けるような事業って何なの・・・と思ってしまいます。こういう形にされたら、確かにPTAで「働いていることは免除の理由にならない」と言われても「おっしゃる通り」と言わざるをえません。

行政のやる事業が、母親たちの奴隷的無償奉仕を最初から当てにしているようで大いに不安で不満でもあります。活動を縮小してほしいのに、逆に増えていく・・・
行政に苦情を言うどころか、行政がPTA総動員体制を強化してくるんです〜!(大泣)
TSS_P 09-09-21 15:08:16

[2]Re:行政がPTAを当てにしている
>TSS_Pさん
私が子供の頃は、働くお母さんの子供は「鍵っ子」と言われており(いつの時代だ!)、鍵をランドセルの脇やら、首に紐でぶら下げていたものでした。娘が学校に入ると同時に、校庭の脇のほうにある、“バンビーホーム”という建物を見て、今は、学童保育というものが存在する、という事を知りました。

それから、リヴァイアさんで、最近の学童の変化について書かれているのを読み、何だかな〜と思ってました。http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2005/11/post_4859.html

当地でも、自宅で教室を開いていたお母さんで、バンビーホームの先輩・後輩の縦の関係などに感受性が豊かというか敏感なところがあるお嬢さんが順応するのは大変だろうと、学童に入れずに、自宅や近所(行ってもいい範囲をしっかりと約束していた)で遊ばせていた方がいらっしゃいます。

2万6千円もらうよりも、学校やこういった施設を充実してくれた方が良いですよね。江戸前落語なんかだと、子供を産んだ女性は、それなりに尊敬されていた感じでしたが、今は子供を産むと、逆に半人前扱いされるので、ザケンナヨとよく思います。

それにしても、学校も学童保育も人材とお金を引き上げて、少子化対策とはこれ如何に。
こういう活動をしている議員さんもいらっしゃるようですが。http://www.kazamayutaka.com/2009/09/post_373.php
TSS-Pさんの方面や奈良の様な田舎でも、子供と母親の福祉に敏感な議員さんたちに頑張って欲しいですね。
とまて 09-09-21 16:32:11

[3]行政に意見を言う事がPTAの仕事
 こんばんは。行政に意見を出して行くのが、本来のPTAの活動だと思うのです。多くのPTAは便利に使われるお手伝いさんになってしまってるようですが。おかしいですよね。とまてさんがおっしゃるように、お金を配るのでなく、公共の施設と、人件費にお金を使ってほしいと思います。
 ご紹介いただいたリヴァイアさんの記事、拝読しました。共働きの人は「お金を出してでも、安全な環境で子どもを預かって欲しい」とのお考え、分かります。たまに預ける人にとっても骨を折るとかされる危険を考えるとお金を取ってもらった方がいいと思うのではないでしょうか。
 それこそ、PTA の会費をつまらない事に使わずにこういった子の安全に使ってもらう事はできないのでしょうか。いろいろ歪んでますよね。
柳下玲優 09-09-21 23:53:16

[4]Re:行政に意見を言う事がPTAの仕事
>柳下玲優さん
はい。私も、PTAが保護者の意思を収集する意志が全く無いところが不思議でなりませんでした。それでも、小学校PTAには、少し学級PTAの懇談会みたいなものが残っていて、各専門委員の報告や、代表委員会に持っていって欲しいことを話す時間があったのですが、中学校PTAは皆無でした。

 学童保育、折角良いものが出来たのに、だんだん改悪されていくのが辛いですね。“受益者負担”という考え方もあるかもしれませんが、将来の女性の自由の確保のために、税金も投入して、雇用の確保のため、専任の方に、ちゃんとした給料を払って責任と誇りのある仕事をして欲しいです。
とまて 09-09-22 08:44:13

[5]Re:Re:行政がPTAを当てにしている
とまてさん
私も、どういう形が一番いいのかは決められないとは思うのですが、川端さんのブログにもあったように、「有料化になってもいいからきちんとした体制で子供を見てほしいと思っているかもしれない」という気持ちはあります。無料なのだから(安いのだから)我慢しろ」じゃ困ります。
本音を言えば、「他の予算を子どもに振り向けてくれれば、保護者の負担を抑えることは可能なはずでしょ?」なのですが。

>公教育の学校から教員・事務員・校務員などのプロフェッショナルな人達を減らして、家庭や地域のアマチュアで学校を支えさせようとしているように思えてなりません。

その通りだと思います・・・(涙)
TSS_P 09-09-22 11:20:58

[6]保育園に準じた形もアリかもしれないですね?
>TSS_Pさん
 受益者負担という考え方を持ち込むにしても、低所得者からは取らないとか、高所得者からは少し多めに頂くとかしていただいて、やっぱり公的な補助金も投入して、保育園とおんなじようなシステムでいいような気がします。

 学童保育とは全く関わったことがないのですが(本当は働きたかったのですが、土地勘も求人も無い地域に引っ越してしまって…笑)、PTAと合わせて、保育園から小学校に上がるときに、働く母親(本当は父親もそうなんですけどっ!)と子供の福祉という観点でギャップが激しいらしいですよね。共働きで両方から税金を納めていただいているのだから、安心して育児と仕事が両立できる環境を作って欲しいものですよね。

 いずれ、ゆっくり強制ボランティア問題について考えてみたいと思っていたのですが、http://www1.cpm.ehime-u.ac.jp/sasa/comment050420.htmに、『ボランティアというよりも、「無償労働契約」っていうんじゃないの?』とあって、成程、労働問題として扱う可能性もあるんだなぁ、と思っているところです。

 とりあえず、仕事も理由になります。なってくれないと、病気を理由にしたい私たちも困ります(*^^)v
とまて 09-09-22 12:27:46

2009/09/23(水)
28国中28番目に子供の教育を大切にする国!?
[PTAからの自由]
大西 宏のマーケティング・エッセンス2009年09月22日を拝読していて、
世界で恥ずかしいぐらい教育投資を怠り、なぜそんなところまで高速道路網をつくってしまったかです。教育投資は票にもならず、利権としても小さい。高速道路で利権をむさぼる人たちがいて、それで票が買えたからです。
のくだりが気になって、検索していたら、『図表でみる教育 OECDインディケータ(2008年版)』(Education at a Glance)の概要についてに辿り着きました。
日本の教育機関に対する公財政支出の対GDP比は前年と比較して0.1パーセント低下。順位も、OECD加盟国の28か国中28位に低下。
で、"その他の私的部門”の意味が今一分からないのですが、日本人は私費を沢山投入して頑張っているというのが数字で出てきているんですね。
諸外国との比較もそうなんですが、時系列的変化も知りたいと思って、探し回ってみたけれど、未だ見つかりません。

子供の教育に、私費も、強制労働(半強制的PTA活動など)も投入させられて、日本の保護者って大変よね(笑)。私塾代なんかも含まれているのかしらん??中学校って、今、受験指導殆どしないのよね。6割くらいの子供が塾へ通っているから、ダブるのを恐れているらしい気配は感じました。でも、4割は通ってないんだよっ!!

2009/09/27(日)
多数決じゃ駄目なこと
[PTAからの自由]
 とある団体とかとある活動について「全員参加が良いかどうか?」というアンケートが有ったとして、99%の人が良いと書いたとしても、1%もしくは一票でも、「反対」と言ったら、“絶対に任意参加でなくてはなければならない”のだということを、しみじみと感じる今日この頃です。
 (99%が賛成するような活動なら、99%で組織すればいいジャン。)

 まして、過半数51%が全員参加を支持しましたというのは…、よくよく考えると噴飯もの。アンケートで、過半数かどうか考えること自体が、実はナンセンスな場合も有るんだなぁと。そういう事って、本当は、小・中学校で身についてなければいけない感覚なんだろうと思うんです。社会に出たときの共通認識になっていれば避けられるトラブルも多いでしょう。でも、習った記憶が無い。小・中学校では、先生が全員参加と言えば、全員参加になるし、先生が任意参加と言えば任意参加になる。任意参加か全員参加かということで、子供達が悩むことが全く無いからなのかもしれません。

 一応民主主義を習ったとき、「少数意見も大切にしなければならない」という言葉は習ったのだけれど、具体例が伴っていなかったので、身についてない。県会議員辺りでもそういう人はゼロでは無い、という事実も、私は知っているのであります。

 私が小学校5年生のとき林間学校は富士山だったんですが、体調を崩して半分は宿舎で寝てたので、次のバス遠足は両親と話しをつけてエスケープした。その頃、私にとってバス旅行なんて、ちっとも快適じゃなくて難行苦行だったんですもの。でも、修学旅行は何とか参加。担任に喜ばれたりした。まぁ、そんなものだろうとも思うけど、複雑な気もする。

[1]参加したい人だけでやる事に賛成です
>とある団体とかとある活動について「全員参加が良いかどうか?」というアンケートが有ったとして、99%の人が良いと書いたとしても、1%もしくは一票でも、「反対」と言ったら、“絶対に任意参加でなくてはなければならない”のだということを、しみじみと感じる今日この頃です。
 (99%が賛成するような活動なら、99%で組織すればいいジャン。)
 賛成です。なぜにとある団体は全員参加が望ましいと言われているのか、分かりません。会費を払う会でありながら、入会の意思が確認されないなんて、とある団体だけではないでしょうか。
 もし、少数意見をきちんと取り入れる会で健全な組織であるなら、「規約に入退会の自由も明確にしてあるはず」ですよね。
柳下玲優 09-10-01 20:39:08

[2]Re:参加したい人だけでやる事に賛成です
>柳下玲優さん
コメントありがとうございます。
“望ましい”という言葉を読むと、先ず“誰にとって?”と思ってしまいますよね!
望んでいない人は絶対にゼロじゃないです。少なくとも、私は望んでいません(にっこり)。

 最近、小・中学校の頃、安易に決を採っていたなぁ…と考えてしまうのです。
 先生方は、民主主義の深い部分まで教えることが出来るんでしょうか?PTAの自動加入などを平気で放っておき、しかも、欠席裁判のくじ引きを手伝うような先生に、そんな指導が出来るのか疑問に思います。

 では、保護者の方はどうなのか?PTAの自動加入に私は違和感を持つことができませんでした。規約では巧妙に隠されていましたし…。委員・役員の選出方法については違和感がかなり。で、実際に役員をやってみて、違和感なんてすっ飛ばして、これは絶対駄目だよぉっ!と。
 我ながら鈍かったです。

 多数決で、全員参加を決めるということは、“数の力で少数派に無理強いする”ということなんですよね。突き詰めて行くと、病気の人や仕事で忙しい人にも。その組織の有り方に賛同できない人にも。
とまて 09-10-01 21:09:19

2009/10/06(火)
母親委員会と男性副会長
[PTAからの自由]
単位PTAとかP連関係のサイトを見ていると、偶に見かけるんですけど。何で男女分ける必要が有るんですかね?
男性副会長が次の年の会長になるとか書かれていて、理由分かりません。誰か、面白い説明してください!
とおおぎり風に問いかけてみても、こんな閑散としたブログにお返事が来ることは無いのだった。
でも、一応、座布団を5枚ほど準備しておこう(笑)。

あなたは、どの色の座布団がお好きですか!?

[1]う〜〜〜ん・・・
全く面白いこと思い浮かびません(涙)

でも、うちは、男性副会長不在です。
いてもいなくても、全く支障ありません(笑)
父母教師会だから、どこかに、父が入ってないといけないから、「一応いれちゃう?」みたいな感覚なのかも・・・
たさり 09-10-07 09:24:44

[2]Re:う〜〜〜ん・・・
>たさりさん
わぁ、レスありがとうございます!!
 こちらでは、会長が男性だったり女性だったりで、副会長や書記・会計に男性が居るのを見かけたことが無いです。いっしょに、銀行へのパシリやろうぜぃ、男性保護者の皆さん(爆笑)。
 男性でも女性でも、祖母・祖父その他もろもろ保護者で有り得るので、別になりたい人がなれば良いですよね。
ご不要かもしれませんが、座布団■を、どうぞ(^^ゞ
とまて 09-10-07 10:06:14

[3]■ 座布団ありがとうございます♪
そうですよね〜。おじいちゃんとか、おばあちゃんでもいいですよね〜!
時間がある、お年寄りの方でもいいんですよね!
そのほうが、よっぽど、充実したPTA活動ができるかも!!!
あああ!なんか、目から鱗です♪
PTA活動の時は、おじいちゃんやおばあちゃんもありだな〜と思っていたのですが、確かに、委員になってもらっても構わないですよね〜〜!
提案してみよう♪
たさり 09-10-11 15:38:05

[4]Re:■ 座布団ありがとうございます♪
>たさりさん
リアルに、普段、保護者会に出てくる祖母の方で、専門部の副委員長に立候補された方いらっしゃいましたよ(笑)。
母親委員会って、何なんだろう?と不思議に思うんですよね。
とまて 09-10-11 15:51:00

2009/10/21(水)
推定有罪で対処しよう
[PTAからの自由]
 早いところでは、もう、来年度のPTA役員選出などが始まっているらしいですね?私が所属していたPTAでは、12月ごろ役員選考委員会が組織されて活動が始まるので、10月に次の4月からの事を決めてしまうというのはビックリです。
 互選会という言葉を始めて聞いたのもPTAででしたが、そこに至るまでに根回しがある場合があります。で、私の経験から、PTA役員をやりたくない人に申し上げたいのは、以下の3点。

 1.アポイントメント無しで突然訪問してくるPTA選考委員は、宗教の勧誘や訪問販売の人と同じように扱って構わない。
 2.気心の知れないPTA役員やPTA選考委員に、一人で対峙しない。
 3.推薦人の名前を教えてくれなければ、絶対にお断りすると言う。

 PTAとは、巷の噂によると『教育団体』を自称しているらしいのですが、会則(規約)に、入退会規定が無い単位PTAの場合、それだけで推定有罪として対処した方がいいと思います。私はPTA選考委員とPTA副会長が嘘をつくことを想定していなかったので大失敗、迂闊でした(笑)。
 また、自分をPTA役員に推薦した相手が誰だか分からないのも不気味ですし、後々まで禍根を残します。それから、総会までは未定なので、誰にも言うなと言われる。そんな条件呑んじゃいけません。被推薦者だけが不利益な一方的な契約ではありませんか?
 役員選考委員の仕事は、誰かに押し付けるまで終わりません。そう思って同情したりすると悲しいしっぺ返しが…(涙)。だから、推定有罪でもしょうがない。たとえ、その人個人がどんなにいい人そうに見えても。

 そして、私のように、子供が入学前に来られた場合は、「入会しないかもしれない…」と言ってみるのも手かもしれません。一回入会してから退会するよりも、最初から入会しない方が楽そうです。規約を見せてもらって、『入退会規定が無いような会には入会しません』もよろしいのではないかと…。
 うっかり引き受けてしまうと、事実上一年間はどうしても抜けにくい状況になってしまいます。一般の会社を退職するのよりも難しいですよ(笑)!特に病気や仕事でどうしても役員をやるのが難しい場合、非入会の可能性をちらつかせるのも良いのでは?
 以前、柳下玲優  日記「・当たり障りのない質問で確かめる」を拝読していて、入学時のみ使える良い技だなぁと思いました。入会してからですと、そんな会を構成してしまっている自分…という矛盾を抱えることになりますが、入会前なら何の遠慮も要りませんもの!!

 今、PTA現役の皆さんで、PTA役員に推薦されて困っていらっしゃる方、知り合い(親戚ででもOK)に、1〜3のことを忠告されたので…とおっしゃって、断る口実にご利用くださいまし(爆笑)。

[1]ご紹介ありがとうございます
>役員選考委員の仕事は、誰かに押し付けるまで終わりません。

こういう役員選考委員なるものがあること自体この団体の不気味さがわかりますね。宗教の勧誘委員のようです。人に押し付けるまで仕事が終わらないなんてこんな委員になったら、大変ですね。それこそ、存続のために一番一生懸命でいて報酬をしっかりもらっている人にやっていただいたらいいのに、と思ってしまいます。
 おっしゃる通り、PTAの会員になる前にじっくりいろいろ聞く事が一番ですよね。納得できるまで。「様子見の為に最初の一年間は入りません」でもいいかも知れません。その間にいろいろ出来る限り調べる。入ってから抜けるよりいいと思います。
柳下玲優 09-10-21 16:26:56

[2]Re:ご紹介ありがとうございます
>柳下玲優さん
 ご紹介の件、御赦し下さってありがとうございます!
 はい、本当におっしゃる通りです。私は当時、PTAに入会するとか退会するという概念が無くて、そういう方法を思い付けなかったのですよね。
 実質的には、全員加入になっているのかもしれませんが、杉並区みたいに『入会届』がある地域は未だマシだと思えるのですが。
 また、せめて、規約に『この会の会員になれるのは…』と書いてくださると良いのですが。
文科省や教育委員会が、『任意団体だから指導をするのが簡単でない』と言うことであれば、可及的速やかにPTA被害者を減らすために、一般保護者向けに『PTAへの入退会は任意である旨』アナウンスして欲しいですね。これだけなら、事実を伝えるだけなので、簡単なのではないでしょうか?
(*^^)v
とまて 09-10-21 17:00:36

[3]大賛成です
>とまてさん
>文科省や教育委員会が、『任意団体だから指導をするのが簡単でない』と言うことであれば、可及的速やかにPTA被害者を減らすために、一般保護者向けに『PTAへの入退会は任意である旨』アナウンスして欲しいですね。これだけなら、事実を伝えるだけなので、簡単なのではないでしょうか?
(*^^)v
おっしゃる通りです!!
 できることから、少しづつ。そうしていただけるととってもに助かりますね。事実を伝えるだけなのでホント、すぐ出来ますね。
柳下玲優 09-10-22 16:56:48

[4]ありがとうございます(^^♪
文科省のホームページに、お知らせとして1行書いていただけば、皆でリンクしますよね?
出来れば、携帯で読めるサイズの文科省のロゴ+簡潔なタグでお願いしたいですね!お友達に紹介しやすいですから!!
とまて 09-10-22 18:48:02

[5]リンクしますとも!
>文科省のホームページに、お知らせとして1行書いていただけば、皆でリンクしますよね?

>一般保護者向けに『PTAへの入退会は任意である旨』アナウンス

見つけ次第、リンクしますとも!
おっしゃるとおりです。このお墨付きは、大きいと思います。
欲張るなら、それにさらにプラスして、「PTA会員・非会員の子、および親は、PTA非会員であることによっていかなる差別も会員から受けてはならない」と書いて欲しいです。「会費もはらっていないのに、運動会の景品や卒業証書入れの筒を、PTA非会員の子どもに配るのはしゃくだわ」といらぬトラブルのもとになりますから。できれば、そういうものは、全部公費から出すルールにして欲しいです。
民主党の公約通り、文教予算を増やして欲しいです。
猫紫紺 09-10-22 23:36:41

[6]Re:リンクしますとも!
>猫紫紺さん
おっしゃる通りです。任意加入の原則を隠されたまま、何となく義務と思い込まされている人って多いと思うんですよね。そして、これが原因で、末端では困っている人に対する優しさが全く欠けた環境になりがちですもの。

 1.困っている人が抜ける。
 2.困っている人が役をやらないことに腹が立つという人も抜ける。
 3.全体をスリム化
 4.スリム化して、それ位ならやっても良いかな、と思う方々が戻ってくる。

こんな感じで最適化が計れたら、良い感じになりそうな感じがします。もちろん、3.が一番先に来れば、3.→1.で、ソフトランディングできそうに思います。

 非会員と会員が、仲良く共存できる形も、もちろん必要ですね。ボランティアをやらない人を攻撃するボランティアサークルなんて、想像できないですし、もしもそんなものが存在してたら“カルト”めいていて、皆が全力で逃げると思います。
とまて 09-10-23 08:22:59

2009/10/24(土)
ベルマーク川柳
[PTAからの自由]
FJNさんのブログで、ベルマーク川柳が始まりました。他作も含めて千句集められるそうですので、応募すると、採用されるかもしれないですよ!?

ワタクシ、http://todoct.blog85.fc2.com/blog-entry-566.htmlを拝読して、ついつい、それ程興味も無いのに、ベルマーク財団の掲示板を覗いてしまったのです。

■4517  Re: ベルマーク確認の計算について 

□投稿者/ 財団職員 -(2009/10/01(Thu) 11:44:37) [ID:RQ7rzEjB]

なべちゃんさん、点数計算に関するご質問にお答えします。
財団での検収作業は、各学校のデータ入力こそパソコンを使っていますが、チェックはすべて手作業です。常に女性職員13〜4人が、全国から送られてくるベルマークの山と向き合っています。昨年度で合計4億5千万点弱のマークが送って来られている訳ですが、皆さん方が仕分けをして、それぞれ点数を計算して送ってくださるからこそ、この人数で処理できているのです。それでも、年度末は到着するマークが1日400個を超えることもあり、検収作業は送っていただいた日から2〜3カ月かかっています。このため、財団ではできるだけ時期を早めくして送っていただくようにお願いもしています。
 送付団体が一度計算する意味は?ということですが、前述のような検収作業をスムーズにすることもそうですが、何より、ベルマークは1点が1円の一種の金券です。従って、念には念を入れる必要があります。さらに、団体、財団、協賛企業の3者がそれぞれの責任を果たすことで、このシステムは成り立っています。ご理解ください。

 岩竹論文を拝読した際にベルマーク活動の流れについての挿絵で“作業をしている絵は女性だけ”という突っ込みがありましたが、やっぱり、どこまで行ってもベルマークに直接触るのは女性と決まっているんですね。まさか、ベルマークは不浄なものだから、直接触るのは女性に任せようとか思ってないでしょうね(爆笑)!?

笑った勢いで、私もちょっと やってみよう…
ルマーク “女性”手作業 ボク管理
刑地か!? 創意工夫の 余地は無し
ちがえず 数えてここに 送ってね
んな作業 挟まず直接 寄付すれば?
ずになる 粘着テープと この台紙

嗚呼…駄句…。

一つ、推薦したいのは、
『(ベルマーク) 行きつくところは 思考拒否』千葉文子氏、出典『PTA研究』、202号、1990年。
カッコ内は、私が補いました。気になっているのですが未読の論文のタイトルです。

[1]ベルマーク運動の謎
とまてさんの川柳、わはは、お上手!
実は、私がPTAの問題を考えるようになったきっかけは、友人がベルマーク運動のばかばかしさを嘆いていたことがきっかけでした。以前ブログにも書いたのですが↓
http://kobatari.cocolog-nifty.com/cats/2008/06/post_1605.html
ベルマークのついた商品は買わないように注意しています!!
TSS_P 09-10-25 13:15:44

[2]Re:ベルマーク運動の謎
>TSS_Pさん
 おっしゃる通り、『奉仕の心』とか言っても、冷静に考えれば作業の結果できたものはゴミなんですよね。同じような作業でも、使用済み切手やテレフォンカードを集めて海外の収集家に売る、とかいうことであれば未だマシな気がするのですが。

 岩竹論文のベルマークの部分について、『リヴァイアさん、日々のわざ』さまでまとめていらっしゃるページはこちら。http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2009/01/post_4fad.html

 時給計算(94円/人・h)されているブログは、こちらです。http://sciencecopywriter.blogspot.com/2008/10/blog-post_31.html

 それでも、ベルマーク運動が好きな人だけで組織してくれるなら良いような気もします。但し、各クラスでベルマーク委員○名決めてください、とか、1人1役みたいな形での人員召集は困ったものですよね。
とまて 09-10-25 16:13:01

[3]好きでもやってほしくないです
岩竹論文、もっともっと多くの人に読んでほしいですね!!
私はこんな、ベルマーク運動みたいなものは「好きな人だけで」やるというのも、反対なのです。学校でやるのは絶対反対、断固反対! 馬鹿を再生産するだけです!(もう、鼻息が荒くなりますが!)
時給94円というのも泣けてきますが、更に、その陰で日本全国の保護者の有形無形の逸失利益だって発生しているんですよね。
TSS_P 09-10-25 18:47:26

[4]Re:好きでもやってほしくないです
>TSS_Pさん
う〜ん、そうですか。その勢いで、一句、如何でしょう(*^^)v
 私が参加したPTAでは、小学校は低学年のうちにベルマーク運動廃止、中学校は最初から無しでしたので、未体験です。

 実際に参加した作業系の活動は、図書修理でした。古くなってしまった図書室の本に、ビニールカバーを着けて補強したりするものです。この方が、ダイレクトに役に立つ活動と言えますよね。

 また、PTA活動の補助で、住所録をパソコンに入力することを手伝いました。全部を役員がやるのではなくて、得意な人に手伝って貰うというのも良いですよね。イラストの得意な人など、頼まれても良いよ…という人は登録しておくシステムでした。

 ベルマークって、企業の社会貢献っていうには、無駄な工程が有り過ぎますし、PTA側がする作業の結果も単に点数集めた証拠作りでしかありませんし、財団自体も天下り団体っぽいかんじですし(幹部の人たち、手弁当でやってるんですかね?)。三位一体で何だか妙なシステムですよね。

 ちなみに、ベルマーク廃止に関わった方からお聞きしたのですが、ベルマークは“学校への寄付”関連でグレーゾーンらしく、以前から続けてる団体は続けられるのですが、一旦辞めてしまうと再開は出来ないらしいということでした。

コメントありがとうございました!
とまて 09-10-25 19:43:50

[5]ご紹介させていただきました
 ベルマーク、私も疑問があります。御記事ご紹介させていただきました。
 ベルマーク財団には、企業からの広告料も活動資金になっているようですね。
柳下玲優 09-10-26 00:00:15

[6]Re:ご紹介させていただきました
>柳下玲優さん
ご紹介ありがとうございますm(_ _ )m
また、凄い資料を発見されましたね(@_@)
http://ameblo.jp/wasabiabo/entry-10373343713.html#main
後で、グラフ作って遊んでみよう…(笑)。
実は『粘着テープと台紙』の句は、柳下さんのブログを参考にさせていただいたのです。後出しで済みませんm(_ _ )m
とまて 09-10-26 08:23:03

2009/10/29(木)
ベルマーク財団の正味財産増減計算書
[PTAからの自由]
ここのエントリを書いた内容は、ベルマーク預金への振込みなど、経常収益・費用に記載されない部分についての計算が抜けていたため、円グラフの読み方に過失があったようですので、お詫び申し上げます。削除してください、とのご依頼をいただいたので、取敢えず、いただいた文章を本文に転載させていただきます。また、最終的な私の計算と意見はhttp://www3.kcn.ne.jp/~tomate/shuho/2009/20091205.htmlに置いてありまして、そちらのチェックを逆にご依頼申し上げたく、どうぞよろしくお願いします。

16 ■事実誤認です。削除してください

昨日、あるツイッターからこのブログを見つけましたが、内容に重大な事実誤認と名誉毀損になりかねない部分があります。削除を求めます。まず助成比率14%とありますが、ベルマークの仕組みではPTAが集めた点数1点(1円)は、そのままPTAの預金=教育設備購入費になるので、これは教育設備助成費になります。また財団運営費は、この1点につき0・25円を別途、協賛会社が支払い、PTAから財団に寄付されます。従って、ここでいう助成比率は80%で、これは不変です。また正味財産計算書などに出てくる「援助」はすべて寄付によるもので、すべて援助に使われています。また正味財産計算書に出てくる「へき地援助収益」は、PTAがベルマーク預金で買い物をすると、その1割が購入先の協力会社から割り戻され、へき地援助の資金になるというベルマーク運動の基本的な仕組みがおわかりなら、こんな間違いはしないでしょう。もっと勉強するなり、疑問を持てば取材したうえで、批判するべきです。同じ間違いで「おわびと訂正」がありましたので、その例を。
http://www.bellmark.or.jp/news/information/175/807.html
ツイッターでの件は、訂正してもらいました。この項目の削除を強く求めます。(ベルマーク教育助成財団)

ベルマーク教育助成財団 2010-12-22 10:15:56 >>このコメントに返信


ベルマーク財団の正味財産増減計算書 2008年(H20)より、経常収益と経常費用を、額面の大きい順に並べ替えて円グラフにしてみました!
経常収益の部は、もちろん企業からの寄付であって、集めたベルマークを額縁に入れてインテリアにする為に購入してくれる人がいるわけではありません(笑)。でも、項目の名称がイカツイので、正直意味が良く分かりませぬ。
$とまて日記/ミラー-経常収入
例えば、へき地校助成収益って何だろう?助成したのに何で収益が入ってくるの?

それは、さて置き、分かりやすいのは経常支出の部
$とまて日記/ミラー-経常支出
赤い部分が、実際に(設備助成費、ソフト助成費、盲学校、ろう学校、養護学校、海外援助費、災害校援助、その他援助)など、“子供たちの為に!”ダイレクトに役に立っている部分です。

人件費は2つの項目に分かれていますが、青い方は事業費に含まれる人件費(但し、ベルマーク新聞経費に含まれているものを除く)、黄色い方は管理費に含まれている人件費です。
“子供たちの為に!”ダイレクトに役に立っている部分が14%っていうのが渋いですわね。ちなみに、ベルマーク作業を時給換算してみられた方の、94[円/人・時間]を、14%で割ってみると、671円。奈良県の最低賃金679円と似たようなもんですわね(笑)。

こういう資料をしっかり読んで、ベルマークの意味を学ぶのも、社会人として意義深いことと思われます!?
例によって、グラフを書くためにデータをエクセルに写しました(お疲れ!自分…笑)。折角なので、後日、テキスト化したものをサイトに載せようと思います。エクセルでグラフが書ける方は検証してみてくださいませ!!

2009/10/30追記:つまり、まとめるとこういう事になります。
●企業がベルマーク財団に100万円渡すと、子供たちの為に使われる金額は14万円。
●ベルマークの集計作業の為に100万円分のマンパワーを使うと、その学校に寄付される物品は14万円。
但し、両方が14%なのは偶然です、多分:(*^^)v



2009/12/06追記:週報『ベルマークについて考える』をまとめました。“子供達のために!”つかわれるお金の比率を求めるのに、
1.経常費用全体に対する割合ではなくて、経常収入の内で寄付金に当るものに対する比率を求め直して16.3%
2.『正味財産増減計算書』に入っていない、ベルマークの点数に応じたベルマーク預金への振込みを強引にグラフに追加すると62.6%
3.集計作業に使われる無償ボランティアの時間から無理やり最低賃金法で定められた賃金を寄付と看做して更にグラフに追加すると、14%
その他、1960年からのベルマーク点数の推移のグラフなども作ってみましたので、よろしかったら見にいらしてくださいね!

[1]すごい!!
とまてさん・・・すごいです。

企業の100万円の寄付金を、そのまま、学校に寄付してもらったほうが、ずいぶんいいような・・・

でも、ベルマークがついてるから!!と言って買うご家庭もあるんですよね〜。そこで、企業には利益がもたらされるんでしょうか・・・
むずかしいな〜。
たさり 09-10-30 09:12:15

[2]Re:すごい!!
>たさりさん
 他にも、ユニセフなど、寄付を募る団体はありますよね?団体の維持・宣伝・人件費などを抜くと、幾らくらいが、目的地に到達するんだろう?という疑問が起きますよね。比率は高い方なのか、低い方なのか…。

 ベルマーク集計のマンパワーも出資と考えると、効率は半分の7%に落ち込みますよね。しかも、マンパワー分は、ベルマーク財団の維持・宣伝・人件費にすら貢献していないんですよね。

 やっぱりモッタイナイですよね。仕事を持っている人が休んでベルマーク作業をするのも何だかな、ですし、専業主婦も、生産性のある活動した方が良さそうです。
とまて 09-10-30 11:05:50

[3]寄付金の二割は人件費系
14%の析出。
またまたすごい「発見」ですね!

『中央公論』の11月号の鼎談の中で、勝間和代さんが、
寄付金がNPO等の職員の給料に使われることを嫌がる寄付主がいるが、世界的に寄付金の約二割は人件費系に使うというのが相場だ。
その点は寄付主もわきまえないと。(要約)
ということを述べていました。

「寄付金」と同列に論じられないかもしれませんが、14%しか目的のために使われないなんて、一体どうなっているのでしようかね?
まるお 09-10-31 14:35:07

[4]Re:寄付金の二割は人件費系
>まるおさん
寄付金の人件費の相場は、2割なんですか?
う〜ん、経常収益の内容をもうちょっとちゃんと理解しないとはっきりしたことは言えないですが(収入は基本的に全部寄付金と考えても良さそうに思うのですが、ひょっとすると、受取協力金のみを寄付金と計上しているのかもしれず…)、事業費とベルマーク新聞と管理費に含まれる人件費の合計が1億4749万円(経常費用4億2970万円中34%)は、多い気もします。

財団側でベルマークの検収作業は13〜14名(女性…笑)だそうですので、集計作業のマンパワーは、充分機能していると思えますし…。

やっぱりユニセフなどと比較してみたいですね。
コメントありがとうございました!!
とまて 09-10-31 20:34:01

[5]目を見張りました!
とまてさん、すごいです!!

項目がイカツクテ、金額の意味するところが
いまいち把握出来なかったのですが、
>●企業がベルマーク財団に100万円渡すと、子供たちの為に使われる金額は14万円。
>●ベルマークの集計作業の為に100万円分のマンパワーを使うと、その学校に寄付される物品は14万円。
最後のまとめで、すっと腑に落ちました(苦笑)
ベルマーク、もうちょっとマトモな運動だと思ってました・・。
拙ブログで紹介させていただいてもいいでしょうか?
猫紫紺 09-11-01 21:42:09

[6]Re:目を見張りました!
>猫紫紺さん
コメントありがとうございます!
ざっくりと計算するとそういう事になると思うのですが、何分、シロートなので見落としがあるかもしれません(笑)。
ご紹介いただければ幸いです。ミスがあったとしても、多くの方にベルマークの背景を考えていただく切欠にしていただければ…。
 今週か来週の週報にするため、PDFの表をHTML化し終わり、どう処理しようか考え中です
(^^♪
とまて 09-11-01 22:31:40

[7]遅まきながら
拙ブログにて、紹介させて頂きました(*^_^*)
ご報告申し上げます<(_ _)>
猫紫紺 09-11-06 17:06:27

[8]週報をゆるゆると準備中です…。
>猫紫紺さん
ご紹介ありがとうございます!
PTAに関しては、自分の体験を通しているので、『現在のPTAにはNGな部分が有る!』と、声高に言っても差し支えない気持ちなのです。

ところが、ベルマークに関しては、自分は集計作業したことが無いですし、とても近しい人(ぶっちゃけ仲良しの血縁関係)にベルマークやインクカートリッジを楽しそうに収集している人が居たりするので、逆に、難しいです。
猫紫紺さんと一緒で、取り敢えず態度保留で…(笑)。
(但し、PTAの一人一役制とかポイント制とかにベルマーク運動が含まれている場合は、やっぱりNGですが。)

個人個人が知識を持った上で、ベルマークとのお付き合いを決めたらいいのではないかというスタンスで、週報にしようかな、と考え中です。

数字を弄繰り回して、いくつか気づいたことが有るんです。例えば『人件費の合計は、1億4千万円。実際に、子供たちの為に使われる費用は5千7百万円』…に、ちょっと唸ります。っていうか、検算しないと怖くて俄かには信じがたいので、週報までにちゃんと計算し直します(汗)。もしも、間違っていたら、このエントリにコメント追加します(汗)。

それと、もうちょっと背景を知って置きたいので『ベルマークのひみつ』も、図書館に予約入れました(涙)。
とまて 09-11-06 19:21:18

[9]ベルマーク体験談
 ムスメが幼稚園のときのベルマークは、とってもゆるいものでした。
 集まる点数がそれほど多くなく、1クラス2名のベルマーク委員が学期に1〜2度、2クラスずつ集まって、1回あたり4名で2時間という決められた枠内でのご奉仕でした。幼稚園に出向いても、作業するベルマークがほとんどなかったときには、おしゃべり中心作業半分で小一時間で終了した覚えがあります。
 だから、体験では楽しかった覚えしかなく、2年続けてベルマーク委員をやったほどです(笑)

 これが、ノルマで点数縛りなんかになると、とたんに嫌になるんでしょうね、わたし(爆)
猫紫紺 09-11-06 20:50:59

[10]Re:ベルマーク体験談
>猫紫紺さん
体験談ありがとうございます!
幼稚園時代に学期に1〜2度は、確かにそれ程負担に感じないかもしれないですね。半ドンの日なんか11時に子供は帰宅ですし…。

私、ベルマークではないんですが、私立幼稚園の子供の教材作りのグループに属していて、色画用紙を1.5cm幅にカッターで切っていく作業を手伝ってました(超、地味)。
幼稚園の先生たち、子供が帰宅した後も何時間も働いているので、少しでも負担を減らして、子供に対して大らかに接する余裕が出来るように願ってました。

自分で“これくらいなら”と思う範囲かどうかは大きいですね。逆に、許容範囲が大きい人が、くじ引きで当たっちゃった役を終えられて、「最初は嫌だと思ったけど、やってみたら意外に楽しかった」などという感想をおっしゃると、許容範囲が狭い人への圧迫に繋がるので困るという面も有ったりして。
やっぱり、最終的には、『希望者が居なければその活動は無し』という形が一番ですよね♪
とまて 09-11-06 22:14:48

[11]無題
リサイクル詐欺(エコキャップ)
http://openblog.meblog.biz/article/1242008.html

>あなたが詐欺をするとする。「途上国に援助しますよ」と言って、人々から百万円を集める。そのうちの百分の1(1万円)だけを援助に回して、残りの 99万円を自分のポケットに入れる。ただしその名称は「事務費」「人件費」である。……こうして、あなたは「途上国援助」という名目で、詐欺をすることができる。

初めまして。
一ヶ月以上経ってからコメントするのも気がひけるのですが…。
これを読んだ時、とまてさんのベルマーク財団の円グラフを思い浮かべてしまったので
ご紹介してみようかと思いました。
こういう見方をしてしまうと気持ちがモヤモヤしてしまいます。(苦笑)
朝顔 09-12-02 05:58:59

[12]Re:無題
>朝顔さん
おはようございます。初めまして!
ベルマークについて、土曜日の夜の家には週報にアップしようと思い、準備中です。

こちらの円グラフには、ベルマーク点数分のお金の動きが入っていないのですが、それを含めると“子供たちの為に!”率は62%くらいにUPするようです。
それなら良いのかどうか、というと、やっぱり1時間に100点くらいしか集計できない今の方式ではNGだろうなぁと考えております。

「暮らしの手帖」第2世紀 35号 P182-183[1975年]『ベルマークよ、こんにちは』で、和田 斉 教育設備助成会専務理事は、
--------------------------------
 「義務教育は、これを無償とする」と、憲法第二十六条はうたっております。これを実現するよう政府に迫ることは、意義があります。わたくしどもも、ベルマークを必要としない時期が早く来るよう願っていますが、今はまだその時期ではないと思います。国の文部省予算は年々増額しています。しかし、国家予算が毎年膨脹している割合に、文部省予算が増えているわけではありません。歳出予算のなかで、文部省予算の占める割合は、助成会創立の昭和三十五年が一二・六%でしたが、以後比率が下がり、四十八年度は九・九%となりました。五十年度予算では一一・三%とようやく落ち込みを回復した程度。義務教育の面で、新しい教育機器の開発も考え合わせると、決して「学校設備の基本的なものはととのった」といえるほどではありません。(もっとも、基本的なものとは何か、で議論が分かれましょうけれど……)
 学校には地域差が非常にあります。都会と農村、とくにへき地と、その差は大きく、また大都市周辺でも新設校の悩みは深刻です。赤字財政の地方自治体は、新増設の場合、容れものを造るだけで精一ぱい。中味までは手が回らず、PTAが自然に応援せざるをえません。政治が悪いのだとするばかりでは、済ませないのが実情です。
--------------------------------
と書いています。昨年度、へき地援助などに使われている助成金は6000万円以下。34年前から“ベルマークを必要としない時期が早く来るよう願って”いたのですから、そろそろ、潮時かな?という感じがしなくも無いですよね!!

もしも、お気が向かれましたら、日曜日以降に週報を見にいらしてくださったら幸いですm(__)m
とまて 09-12-02 08:09:14

[13]無題
とまてさん、お返事ありがとうございます。
週報、是非拝見したく思っています。
なるほど、62%ですか。少しでも率があがるのは嬉しいです。
私の周囲にはベルマーク集めが好きな方が結構いるんです。
あの面倒な作業も人によれば楽しいんですねぇ。
是非はともかく、少しでもベルマークにかけた労力(?)を有効に生かしてもらいたいです。
今のところ、ベルマーク好きの皆さんにとっては、
単純作業をしながらお喋りをする場としてベルマーク作業が利用されている気がするので
なかなか改善していかない気がします。
もし、ベルマークが無くなっても他の何かを集めるんじゃないでしょうか。
現に中学ではプルタブ集めもしているんです。
他校ですがエコキャップもやりたがっている中学もありまして、あれこれ調べてみている次第です。
とにかく集めたいんですよ、きっと。(笑)
朝顔 09-12-04 05:53:16

[14]Re:無題
>朝顔さん
ありがとうございます。土曜日中にはなんとか!頑張ります(*^^)v
(と言いつつ、今日もバイトなんですが…笑)。

 単純作業をしながら、お喋り…が楽しい、という感覚は分かる気がします。私もどちらかと言うとデスクワーク派ですし。難しいですよね、いろいろと。
とまて 09-12-04 08:20:34

[15]事実誤認です。削除してください
昨日、あるツイッターからこのブログを見つけましたが、内容に重大な事実誤認と名誉毀損になりかねない部分があります。削除を求めます。まず助成比率14%とありますが、ベルマークの仕組みではPTAが集めた点数1点(1円)は、そのままPTAの預金=教育設備購入費になるので、これは教育設備助成費になります。また財団運営費は、この1点につき0・25円を別途、協賛会社が支払い、PTAから財団に寄付されます。従って、ここでいう助成比率は80%で、これは不変です。また正味財産計算書などに出てくる「援助」はすべて寄付によるもので、すべて援助に使われています。また正味財産計算書に出てくる「へき地援助収益」は、PTAがベルマーク預金で買い物をすると、その1割が購入先の協力会社から割り戻され、へき地援助の資金になるというベルマーク運動の基本的な仕組みがおわかりなら、こんな間違いはしないでしょう。もっと勉強するなり、疑問を持てば取材したうえで、批判するべきです。同じ間違いで「おわびと訂正」がありましたので、その例を。
http://www.bellmark.or.jp/news/information/175/807.html
ツイッターでの件は、訂正してもらいました。この項目の削除を強く求めます。(ベルマーク教育助成財団)
ベルマーク教育助成財団 10-12-22 10:15:56

[16]Re:事実誤認です。削除してください
>ベルマーク教育助成財団さん
これを書いた時点で、勉強不足の点は否めませんのね、確かに。ただ、削除してしまうと、ログが残りませんので、文頭に、貴コメントを載せさせていただくという方法はいかがでしょうか?

それと、もしよろしければ、http://www3.kcn.ne.jp/~tomate/shuho/2009/20091205.htmlの内容にお目を通していただいて、事実誤認の点がありましたら、お知らせいただけないでしょうか?
とまて 10-12-22 11:04:01

[17]Re:Re:事実誤認です。削除してください
>とまてさん
問題ありませんとまでは言えませんが、よく勉強していただいたようだし、そのように処理してください。ただ、一言言わせていただくと、財団はあくまでもPTAのベルマーク活動を手伝っているのであって、活動を強制している訳ではありません。参加も脱退も自由です。またその活動を労働時間だけで判断するのもやや乱暴で、学校や子どもたちへの思いやりなどの気持ちは、お金でははかれないと思うのですが・・・。
ベルマーク教育助成財団 10-12-22 14:26:51

[18]Re:Re:Re:事実誤認です。削除してください
>ベルマーク教育助成財団さん
寛大なご判断に感謝いたします。
はい、私にも、ベルマーク活動を楽しんでいる親類のものがおりますし、参加したい人で構成したグループで楽しく継続なら、それもまた良いのではないかと思います。
“無理なく、無駄なく、根気良く”のスローガンは支持させていただきます、ありがとうございました。

とまて 10-12-22 14:36:16

[19]母親の思惑
とまてさん、今年はお世話になりました。

私の住まいする地域では、ベルマーク組織の方々が掲げる思惑と別で母親間の角質になっていました。残念ながら、同調圧力でPTA関係OBの下に対するイジメ状態でした。

子供の為に必死でベルマークを集める母親、提出の数の少ない親、ここで角質も生まれます。これでは、ベルマークのついている製品を優先して買う事にも繋がります。

組織の掲げる思想と別に、枚数を集める事に必死る母親。ベルマークの付いてる商品でなければ購入できない等、違和感を感じるのは私だけなのでしょうか。
OT 10-12-27 09:05:44

[20]Re:母親の思惑
>OTさん
暮らしの手帳に、『ベルマークよさようなら』が書かれた35年前から、問題は温存されているわけですよね?
ベルマークを名前入りの封筒で集めるような野蛮な行為は、教育の現場にふさわしくありません。

どうしても、ベルマークが大好きな人が、「もしも気が向いたら協力してください」的なスタンスでやるぶんには、ギリギリ許容範囲かと思いますが。

でも、PTAと一緒で、暴走するリスクって有るんですよね?財団が注意していると言っても、沢山集めている団体を表彰なんかしているようではダメだと思います。

暴走注意校として、N市A小学校、とか頭文字で取り上げるくらいの方法で発表した方が良いと思います!!

コメントありがとうございましたm(__)m
とまて 10-12-27 17:55:13

[21]確執でした。
すみません、訂正します。確執ですね^^
PCを2台立ち上げて、別な事をしながら打っていたので、誤字申し訳ないです。

年末あわてて、移動するものでは無いですね^^
ベルマーク財団の方に
突っ込まれませんように!!

とりあえず、よいお年を!!
OT 10-12-28 13:51:18

[22]Re:確執でした。
>OTさん
いえいえ、良くある変換ですもの。
ありがとうございます!
OTさんも、ご家族も、ご健勝で、良い年になりますように、願っております!!
とまて 10-12-28 17:22:55

2009/11/01(日)
これが、教育?ボランティア?
[PTAからの自由]
以前、自分が現役のPTA会員だった頃は、PTA周辺の理不尽な話題に怒りを感じていたのですが、最近は、むしろ精神的に萎えるというかなんというか(涙)。

 ベルマーク運動が余りにも加熱すると、ヤバイ事になるらしいというのをちょっと調べていたら、ベルマーク財団のサイトに体験報告が載っていて、溜息が出ました。

 仲間内で熱くなるだけなら良いんですが(怖いけど)、赤ちゃん連れでベルマーク集計をするのが楽しいのなら良いんですが(ストレス解消になるならね。核家族の母親って、偶に大人同士の会話に飢えてたりすることも有るので、一概には言えません。)、本当に本人の意思で活動しているんなら良いんですが。子供を巻き込むのはヤメローッ!
毎月の収集日の1週間前に、担任の先生からベルマーク袋とベルマークだよりを配ってもらいます。児童は袋を教室のベルマーク缶に入れます。クラスによっては時間割表の連絡欄に書いてあったり、忘れ物にカウントされたりするので、保護者への働きかけができ、全員で参加しようという意識付けができました。
なんで、こんな負担を先生や子供たちに?
 それに、毎月一つ以上のベルマーク商品を購入しろっていうことでしょう?安くて、JISとかJASとかが付いている製品を購入すればいいんですよ、私たち消費者は。と思うんですが…。

 ベルマークを月に一度提出できずに、忘れ物としてカウントされた子供は、生涯に渡って、絶対ボランティアなんてやるもんか、と思うかもしれないよね。ベルマーク財団も、日Pと同じく、全員参加推奨ですか?そうですか…(溜息)。

2009/11/14(土)
『暮らしの手帖 第2世紀 34号・35号』
[PTAからの自由]
 2009/11/09に書いた『ベルマークのひみつ』高井ジロル(著)で、“「暮らしの手帖」がベルマークを激しく糾弾したことがあった?”という章で、暮らしの手帖34号で“ベルマーク運動の持つマイナス面だけを強調してみせたなかなか刺激的な内容”の記事が載り、教育設備助成会(現・ベルマーク教育助成財団)の“和田斉専務理事と上田正二事務局長が花森編集長に面会を申し入れ、理解不足による一方的な取り扱いであることと、一部事実に反する内容があることを訴えた結果、同誌内にページを割いて助成会の見解をのせることになった”(翌35号)ことが書かれていて、詳しく知りたいと思い、県立図書館まで行って、コピーして来ました。

 詳しいことは、ベルマークについての週報に書きたいのですが、当時の読者(暮らしの手帖を購読している人たちですから、日ごろから消費者の正しいあり方について私などよりも遥かに深く考えている人たちなのでしょう)のアンケートを元に組み立てられた記事で、ベルマークで購入するものなどに時代を感じるものの、“ベルマーク運動の持つマイナス面”については、今現在と全く変わらず、色あせない問題提起だと感じられました。

 私自身は、ベルマーク活動に殆ど参加していませんし、ベルマークの集計作業を全く経験していません。だから、PTA問題よりは距離があります。でも、ベルマーク財団で、体験談を読むと、背筋が寒くなるような例が載っているんだな。PTA運動が過熱してしまっているところは、子供を巻き込んでしまうため、むしろPTA問題よりももっと凶悪に思えるのです。

 頼むから、ベルマーク集めのために子供を競わせたりするのは止めてくれ…。と思ったのだけれど、34年も前から同じことが指摘されていて、イヤ〜な気分になったんですよ。ベルマーク委員を、小中学生にやらせるのも私は反対。ベルマーク運動は、どうしてもやりたい大人だけでやってください。子供や、ベルマークに興味の無い先生を巻き込むのは止めてください。保護者による陶芸教室とか合唱団の練習を学校の敷地内でやってもいいかどうか?というのと同じレベルで、論じても良いような問題だと思っています。

 こう書くと、合唱団の方からも、ベルマーク委員会からも、「一緒にしないで」と言われそうですけれども…。財団についても言ってみたい事はあり、週報に書きたいと思ってます。書けるかどうかは分からないですが(笑)。

[1]楽しみにしております
 ベルマークに対しての情報、世の中に足りないと感じてました。週報、楽しみにしております。
 『教育財政が苦しいのだから』『子どもが喜ぶものをベルマークで買えるのだから』と安易にベルマークを賞賛している人がいる反面、この運動におかしさを感じていながら、なかなか言い出す勇気がない人も多く存在しているのでは、と思っております。
 私は役員をやっていた頃に企業別の仕分けから、企業ごとの点数の仕分け、切り貼り、集計までやった上で感じた事ですが、こんなおかしい運動が34年も続いていることに脅威さえ感じております。日本はこの先、大丈夫なのか?と思います。私も子どもにこんな運動をさせるのは反対です。こんな運動をいいことのように教えるのは犯罪ではないかとさえ、思っております。お金を自分で稼いだ事もない子どもに価値判断はできないと思うので、大人がこんなことやらせる事は本当にいけない事だと思います。
柳下玲優 09-11-15 06:35:59

[2]Re:楽しみにしております
>柳下玲優さん
コメントありがとうございます!
私が参加したPTAは余りベルマーク運動に熱心で無かった(しかも途中で廃止)ので、ベルマーク収集日の前日に、家の中にたまたま有るベルマークを探して切り取って行くだけでしたが、生徒の記名入りのベルマーク袋を提出させる学校では、子供が買い物の際にベルマークの付いているものを買いたがったりする事があるようで、これは消費者教育に於いて問題だろうと思っていました。『暮らしの手帖』だけあって、当然そういう視点での議論も展開されていて、流石と思いました。
 また、『ベルマークのひみつ』には、“他人の消費生活が垣間見えて面白い”ということが、ベルマーク委員の座談会で語られています。それ、メリットなの?と悲しく思いました。

 ベルマーク運動、これだけ長く続いているので突っ込みづらい側面は確かに有るんですよね。でも元々の目的だった“へき地校等の支援”で言えば、昨年度実績でたったの6000万円弱なんです。ベルマーク財団の人件費は1億円以上かかっているのに!!6000万円って国の予算付けられるでしょ?幾らなんでも!?と思うんですよね。
 1年間にベルマークの点数も4億5000万円分。それも“一応子供たちのために使われた”と考えたとしても合わせて5億1000万円…。

朝日新聞は、ベルマークの維持発展のための宣伝をするよりも、『教育行政にお金をかけることが、この国に必要なのだ』という論陣を張った方が社会貢献になると思うんですが。このシステムを維持したい動機は誰にあるんだろう、利権はどこかにあるんだろう、としか思えないんですが。
とまて 09-11-15 10:32:44

2009/12/13(日)
PTA問題の苦情は、ダイレクトに行政へ!?
[PTAからの自由]
『まるおの雑記帳』のまるおさんの仰ることには、文科省は、PTA問題(PTAによる束縛が横行している問題)に関して、重要な問題とは認識していないご様子だそう。
教育ルネサンス 2008年3月18日 読売新聞より
「多忙」や「理解不足」で不参加

 春になると、文部科学省社会教育課にはPTA活動に関する苦情電話が殺到する。「総会に欠席したら勝手に役員にされた」「学校からとんでもない仕事を押しつけられて困る」といった内容で、学校名を挙げた苦情が大半。役員改選や活動を巡る混乱ぶりが手に取るようにわかるという。

 PTAは戦後、日本の民主化を目指した連合国軍総司令部(GHQ)の指示で生まれた。「先生と父母が平等な立場に立った新しい組織」(1947年文部事務次官通達)と位置づけられ、3年後には小中学校の9割、高校の8割に組織が出来ている。以来、位置付けはずっと任意団体のままだが、組織のありようは今、大きく問われている。

 日本PTA全国協議会が2006年、各都道府県政令市の協議会を通して「参加できない人の理由」を尋ねた調査では、最多は「勤務や家庭内の仕事が忙しい」(81%)。「PTAの重要性についての理解不足」(69%)「会員同士の人間関係の不足」(44%)が続いた。

 05年に文科省が実施した義務教育に関する意識調査では、運動会や学校行事に小学校で9割、中学校で8割が参加する保護者が、PTA活動では小学校で5割、中学校で4割に減っていた。同省はPTAの活性化策を探ろうと、新年度、初の実態調査も行う。

 これを読んだときに、手に取るように分かっているのに私たちは見殺しにされているのか?と疑問に思ったのですが、実際には、それほど殺到していないらしくて(笑)、文科省は(日Pと一緒に??)、暢気にも全員参加のPTAを優良PTAの文部科学大臣表彰の対象としているそう。そもそも、文科省に言わなければ解決しないPTA問題ってどうなの?という疑問を持っていたのですが、文科省も個別対応しかしない構えだと言うなら、困っている人皆で個別対応を依頼して、これならPTA全体に働きかけた方がマシ、と思っていただけるように頑張るしか無いのかも。本当は役人よりも私たちの方が立場が上の筈なんですけど。国民主権なんで、そこんとこヨロシク〜ぅ!

[1]ご紹介ありがとうございます
7日の御記事に続き、拙ブログをご紹介いただき、ありがとうございます!

>困っている人皆で個別対応を依頼して、これならPTA全体に働きかけた方がマシ、と思っていただけるように頑張るしか無いのかも。

ことばが通じないのなら、「実力行使」しかないということになってしまいますよね。

6/28の御記事("PTAの健全な育成と発展に資することを目的として")中のとまてさんの突っ込み、皆様のスパイシーなコメントを改めて読ませていただき、勉強になりました。
(以前読ませていただいたときにも強い示唆と刺激を受けていたのに、いつも新鮮な私です(涙)。)

「表彰要綱」中の文言よりもさらに”えげつない”「被表彰候補団体調査表」中の文言、紹介しようと思いつつ延び延びになっていましたが、拙ブログにてご紹介いたしますね。
まるお 09-12-13 20:11:41

[2]Re:ご紹介ありがとうございます
>まるおさん
お忙しい中、ありがとうございます。
【「被表彰候補団体調査票」中にある具体的な”参考質問”と回答にあたっての”ガイド”】編集中のところを拝読させていただいて、苦笑いというかなんというか…。
後ほど、ご完成の際には、また拝読させていただきますね。
→http://ameblo.jp/maruo-jp/entry-10410467299.html
とまて 09-12-14 11:12:48

2009/12/26(土)
PTAへの違和感を表現しよう!ちょっとでいいから…
[PTAからの自由]
 そろそろ、PTA祭り2009の看板を下ろしてまとめをしたいのですが、その為に使える時間がなくなっちゃいました。取り合えず、今日中に看板だけ下ろして、まとめは来年初頭にしたいです。まとめって、2009年にブログや週報に書き散らしたPTA問題についての文章にインデックスをつけたりして、PTA枝葉剪定委員会にまとめるだけなんですが。

 最近、つくづく思うことは、“PTAやベルマークなどに対する違和感をきちんと表明することが大切だ”ということです。

 『まるおの雑記帳』のまるおさんの文科省に対するアプローチなどにより明らかになったことは、PTAが自動加入であることを、加入者が納得している(という建前な)のだから、(たとえどんなに困った人が存在しようとも)文科省や教育委員会としては放って置くしかない。と言っているらしく。

 学校の先生(の一部)とPTA本部(の一部)は、なるべく多くのPTA会員を使役するのが大好き…なので、PTAは任意加入の団体なのだということは知っていても故意に隠蔽している。有り得ない事には、保護者を教育する手段だとか言ってたりする。(何で、そんなに偉そうなの??)

 情報弱者である一般のPTA会員は、“PTAは任意加入の団体であって、保護者の義務なんかではない”という概念自体を持っていない。

 取敢えず、“PTAは任意加入の団体であって、保護者の義務なんかではない”という認識を、全員が持っていないと、PTA役員・委員はくじ引きで全員に割り振る、なんていう野蛮な状況は改善されない。困ったことに『最初は嫌だと思ったのだけれど、やってみると案外楽しかった…』というような素朴な感想文が、情報の隠蔽の論拠に使われているのです。やってみると楽しいとか勉強になったとか言う人がいるのだから、任意加入の件は伏せておいて、全員に均等に参加の機会を!な〜〜んて、本気で思い込んじゃうのがPTA脳なのだ。

 私が、PTA活動に参加してみたら、あり得ないほど酷い目にあっちゃったぜぃ!と表明しているのは、『最初は嫌だと思ったのだけれど、やってみると案外楽しかった…』の不足分を補いたいからです。本当は『最初は嫌だと思ったのだけれど、やってみると案外楽しかった…』というような感想は、『…楽しかったけれど、強制は良くない』という考察と共に語られなければならない。と考えます。
 もしも、我が子が大人になり子供を持ったとき、何かの事情でPTA活動に参加する余裕を持っていなかったら??『最初は嫌だと思ったのだけれど、やってみると案外楽しかった…』発言は、将来の我が子の首を絞める原因の一部になってしまう危険性を秘めています。

 そんな将来のことまで考えたくない…と思われるかもしれませんが、病気で体調が常に不安定なのにPTA役員を割り当てられた私は、先ず、母の世代がしっかり考えなかったから自分がこういう立場に置かれたのだ!と考えました。そして、娘たちの世代に、こんな非道な組織は残したくない!と考えています。

 2010年も、PTA祭り!自分から発信が難しいときは、PTAに対して意見してくれている人を応援したい。PTAは、プリズンや兵役や奴隷制度なんかに似ている、と、時々思うのです。

[1]私も子どもの代まで残したくないです
 PTAは保護者が会員になるのは当然のことなのかな、とあまり深く役員をやるまでは考えておりませんでした。役員を引き受ける時の前期役員の説明でも、『私たちは普通の主婦なんですから無理せず家庭第一に』というお話でした。しかし、私が想像していたものより、役員の仕事はかなり大変なものでした。引き受ける前にもっと具体的な話を聞いておくべきだったと思いましたが、引き継ぐ側にも『情報の隠蔽』があったと思います。
 まず、はっきりと任意で加入すべきものだという事を学校説明会や入学式などできっちりと説明して欲しいです。子の代まで『クラスから何人という形での役員選出のある』現状のPTAや保護者の会は残しておきたくないと私も思います。
柳下玲優 09-12-27 22:19:27

[2]Re:私も子どもの代まで残したくないです
>柳下玲優さん
 おっしゃるとおり。子供の代に引き継ぎたくないです。
 ベルマークもそうなんですが、PTAも変に歴史が積みあがってしまっているため、良いものであるかのような錯覚に捕らわれている方が多い気がするんですね。情報を隠蔽しなければ維持できないものなら、壊してしまえばいいのですよね。
とまて 09-12-27 23:18:17

[3]啓蒙活動は大事ですね
PTAの狡猾さ陰湿さについて言い出せばきりがない。 現在、オリジナル退会届を作成中です。
退会、なんて念頭にもなさそうな人に提出するので一応理由もたっぷりつけることにしました。長がつく人たちも任意団体という認識は持っていない可能性があるし、冷静な頭があれば、PTAの問題点も少しは理解してくれるかも、と期待して。
扇動活動家にはなれないけど、小さな声でもあげていったほうが絶対いいと思うこのごろです。
よきぷー 10-01-13 10:37:28

[4]Re:啓蒙活動は大事ですね
>よきぷーさん
ようこそ。コメントありがとうございます!
よきぷーさんが投じられる一石が、良い波紋として広がってくれるよう、心から願ってます。
PTAと一言で言ってみても、単位PTAごと年度ごとに状況がどんどん変化するので難しいですよね?

私も参加しているサイトのオープンBBSにて、非入会の意思の伝え方について研究中です。
http://pta.my-sv.net/cgi-bin/o_bbs/read.cgi?bordn=&list=topic&no=121&mode=all
もしよろしかったら、ご意見いただけたら幸いです。捨てハン可です!!
とまて 10-01-13 11:50:22