INREAL とは

Inter Reactive Learning and Communication の略で

「相互に反応しあうことで、学習とコミュニケーションを促進する」

の意味があります。日本INREAL研究会では、

言語やコミュニケーションに障害がある子どもたちとの

よりよきコミュニケーションを求めて、

実践や研究を行っています。






−11月公開講座−
   
 竹田契一先生  講演の様子
   
  講演の様子   講演の様子


2018年度の活動

・4月14日(土)
 
2018年度総会および講演会を開催しました
 ・総会−会則の改定、2017年度事業報告・決算報告、2018年度事業計画・予算案
 ・講演:インリアル・アプローチ −発達段階や障害特性に配慮した実践−」
・6月9日(土)
 6月例会を開催しました
 ・初級コース−初級講座@
 ・分析コース
  ミニ講座:ダウン症児へのインリアル・アプローチ
  分析A:3歳、ASD児  分析B:4歳、ことばの遅れ
・7月14日(土)
 7月例会を開催しました
 ・初級コース−初級講座A
 ・分析コース
  ミニ講座:重度心身障害児について
  分析A:5歳、ASD児  分析B:2歳、ことばの遅れ
・8月25日(土)・26日(日)
 初級ワークショップを開催しました(33名参加)
・10月13日(土)
 10月例会を開催しました
 ・初級コース−初級講座@
 ・分析コース
  ミニ講座:ことばの遅れをもつ子どもへのかかわり
  分析A:4歳、ことばの遅れ  分析B:5歳、ASD児
・11月10日(土)
 公開講座を開催しました(100名参加)
 「大人の発達障害について−自閉スペクトラム症への関わり−」
  日本INREAL研究会名誉会長 竹田契一先生


入会申し込み

・入会の申し込み、お問い合わせはこちらまで
 日本INREAL研究会メールアドレス
 入会申し込みフォーム
退会届フォーム