INREAL とは

Inter Reactive Learning and Communication の略で

「相互に反応しあうことで、学習とコミュニケーションを促進する」

の意味があります。日本INREAL研究会では、

言語やコミュニケーションに障害がある子どもたちとの

よりよきコミュニケーションを求めて、

実践や研究を行っています。



お知らせ

−Web講演会のご案内−


「INREAL 豊かなコミュニケーションを目指して」

講師:日本INREAL研究会 名誉会長 竹田 契一先生

配信期間:2020年11月14日(土)〜11月21日(土)

講演時間:約1時間×3本(計3時間)

内容

1.前言語期言語発達 乳児は天才
2.INREALが生まれた背景 INREALの歴史
3.INREALの実際

配信希望の方は、参加チケット(\3000)が必要です
同一施設で複数人の視聴は可能ですが、
人以上の視聴の場合チケット2枚を購入してください。
申込み
URL http://ptix.at/K1M6ku
初めてPeatixを使う方はアカウントの作成が必要です
「この講演会に関する質問は、申込ページの
「主催者へ連絡」というボタンをクリックすると、
メールが送信できます。研究会へのメールではなく、
Peatixの申し込みページから問い合わせをお願いします。」

申し込み手順・諸注意

*会員以外の方も視聴できます 
INREALに興味のある方ぜひご視聴ください



−2月例会−
     
 初級コース  分析コースA  分析コースB
     
  初級コース  分析コースA   分析コースB


2019年度の活動

・4月13日(土)
 2019年度総会および講演会を開催しました
 ・総会−2018年度事業報告・決算報告、2019年度事業計画・予算案
 ・講演:「重度重複障害児へのインリアル・アプローチ−共同注意を促し、やりとりを促す−」
       日本INREAL研究会 会長 河内清美
・6月8日(土)
 6月例会を開催しました
 ・初級コース−初級講座@
 ・分析コース
  ・ミニ講座「共同注意をいかしたコミュニケーション支援@」
  ・ビデオ分析A・B:3歳 自閉スペクトラム症児へのかかわり
・7月13日(土)
 7月例会を開催しました
 ・初級コース−初級講座A
 ・分析コース
  ・ミニ講座「共同注意をいかしたコミュニケーション支援A」
  ・ビデオ分析A・B:2歳 言語発達遅滞児へのかかわり
・8月17日・18日(土日)
 初級・中級ワークショップを開催しました
 ・初級ワークショップ−27名参加
 ・中級ワークショップ−分析1名参加
・9月7日(土)
 インリアル公開講座を開催しました(100名参加)
 「最近の脳研究と発達障害について」 日本INREAL研究会名誉会長 竹田契一先生
・11月2日(土)
 11月例会を開催しました
 ・初級コース−初級講座@
 ・分析コース
  ・ビデオ分析A:「会話期における子どもの分析」
  ・ビデオ分析B:「7歳 知的障害児へのかかわり」
・12月14日(土)
 12月例会を開催しました
 ・初級コース−初級講座A
 ・分析コース
  ・ビデオ分析A:「技法の分析・ことばかけのワーク」
  ・ビデオ分析B:「3歳 言語発達の遅れの子どもへのかかわり」
           「4歳 ダウン症児へのかかわり」
・2月8日(土)
 2月例会を開催しました
 ・初級コース−初級講座受講者フォロ-アップ
 ・分析コース
  ・ビデオ分析A:実践報告会のまとめ方講座
           事例分析「5歳 ASD児へのかかわり」
  ・ビデオ分析B:事例分析「3歳 ことばかけと対人関係に課題をもつ子どもへのアプローチ」


入会申し込み

・入会の申し込み、お問い合わせはこちらまで
 日本INREAL研究会メールアドレス
 入会申し込みフォーム