本文へスキップ

東條地区農業活性化協議会

since 2005.9

東條てんこもり

2019年4月

 TPP-11、欧州EPAと貿易の自由化が本格的に始まり、輸入農産物がさらに増加していきそうで自給率の悪化に歯止めがかかりません。関税撤廃で物が安くなるというメリットだけが強調されていますが、撤廃されるのは関税だけではなく国内の色々な規制が流通の障害になると理由で緩和され食の安全が脅かされます。物が安いというメリットと安全・安心が保てないと言うデメリットが同時にやってきます。
 どこの国の人も食の安全・安心には、厳しい視線を向けています。原発事故による日本の農林水産物の輸入を規制している国は、まだたくさんあります。日々口の中に入れる物は安全でありたいと願うのは日本人も同じでしょう。貿易自由化の中にあって日本の農業を残せるか、消費者の方々の行動にかかっていると思われます。

 

更新記事お知らせ

観光農園

サバーファームの苺狩りは5月下旬までの予定です。高齢化にって苺栽培農家も減ってきました。活性化に向けて大阪府とJA大阪南が「苺の楽園プロジェクト」に取り組み苺農家を育成しています。お楽しみに!


直売所

山菜の美味しい季節となりますが、今年の筍は不作と予報されています。冬野菜は本当に安かったのですが、めげずに春夏野菜に期待を込めて農作物を育てています。


ほんわか米

米は麦と同じく炭水化物です。糖分に変化して生きるエネルギーとなります。米を食べると太ると言われますが、1日に食べた糖分の総量が多すぎるのが原因で米だけのせいではありません。安心・安全の「大阪エコ農産物」として8月まで販売の予定です。


体験農園・貸農園

農作物は、いつ植えても育つものではありません。一つ一つ育つ気候が違います。最初が一番大切。種を播いたり、小苗を植える時は、育つ温度になっているか十分注意してください。





てんこもりニュースお知らせ

2015年1月1日
「東條てんこもり」ホームページリニューアル。

2014年9月16日より富田林市農業公園サバーファームの農産物直売所「にこにこ市場」は、年中無休(年末年始は除く)になりました。
店舗写真

information店舗情報

東條てんこもり
→アクセス