Nara City Museum of calligraphy in honour of Kason Sugioka

 展覧会
 ■展覧会予定
 ■開催中の展覧会
 ■過去の展覧会


 講演会・講座
 ■講演会・講座予定
 ■過去の講演会・講座

 杉岡華邨・かな書
 ■杉岡華邨氏について
 ■かな書について

施設案内
 ■開館日・観覧料金
 ■交通アクセス
 ■美術館について【準備中】

 ミュージアムショップ
 ■図録等紹介

 奈良市杉岡華邨書道美術館
 一般財団法人奈良市総合財団
 〒630-8337 奈良市脇戸町3番地
 TEL 0742-24-4111
 FAX 0742-20-6677

 http://www3.kcn.ne.jp/~shodou/
 E‐mail shodou@m3.kcn.ne.jp

facebook
公式facebookからも最新情報を発信しております。

一般財団法人 奈良市総合財団
奈良市杉岡華邨書道美術館の指定管理は一般財団法人奈良市総合財団が行っています。





近現代かな書の流れB

現代かな書の成立




 平成30年10月13日(土)
〜平成31年1月14日(月・祝)

明治時代にかな書を芸術として復興させた第1期「上代様からの再出発」、続く大字かなの時代を切り開いた第2期「大字かなの先覚者」を経て、かな書のさまざまな表現を模索し現代のかな芸術を育て上げた作家を紹介。
独自の書法を確立して日本芸術院会員となった鈴木翠軒、書道史、古筆研究でも活躍し戦後書壇の復興に尽力した飯島春敬、尾上柴舟に師事しいち早く大字かなの研究を行った仲田光成、女流書家で初の日本芸術院賞を受賞した大石隆子のほか、現代かな書壇に続くさまざまなかな表現に挑戦した深山龍洞・西谷卯木・森田竹華・今関脩竹・杉岡華邨・平田華邑・伊藤鳳雲の作品を一堂に集める。