Nara City Museum of calligraphy in honour of Kason Sugioka

 展覧会
 ■展覧会予定
 ■開催中の展覧会
 ■過去の展覧会


 講演会・講座
 ■講演会・講座予定
 ■過去の講演会・講座

 杉岡華邨・かな書
 ■杉岡華邨氏について
 ■かな書について

施設案内
 ■開館日・観覧料金
 ■交通アクセス
 ■美術館について【準備中】

 ミュージアムショップ
 ■図録等紹介

 奈良市杉岡華邨書道美術館
 一般財団法人奈良市総合財団
 〒630-8337 奈良市脇戸町3番地
 TEL 0742-24-4111
 FAX 0742-20-6677

 http://www3.kcn.ne.jp/~shodou/
 E‐mail shodou@m3.kcn.ne.jp

facebook
公式facebookからも最新情報を発信しております。

一般財団法人奈良市総合財団
奈良市杉岡華邨書道美術館の指定管理は一般財団法人奈良市総合財団が行っています。
   平成29年4月22日(土)〜7月17日(祝・月)
  かな作家のさまざま
  平成28年秋に「東アジア文化都市2016奈良」に協賛し開催した「中国書法から影響を受けた日本の漢字書家―碑学派、帖学派とその周辺―」展に引き続き「かな作家のさまざま」展を開催いたしました。
本展では、現代書壇を代表する物故かな作家の作品を一堂に集め紹介します。日本独自の文化であるかな書においても、王羲之を中心とした中国書法から影響について検証することで、東アジアの書文化の振興と文化交流の一助となれば幸いです。

   平成29年1月21日(土)〜平成29年4月16日(日)
  冬から春へ

―華邨が書くよろこびの歌―


  本展では、奈良市杉岡華邨書道美術館の収蔵作品より冬から春の季節の変化と迎春、春のよろこびをテーマとした杉岡華邨作品を紹介しました。厳しい冬をのりこえ春の到来を感じた万葉人の歌、「春日の山」(平成6年)や、若山牧水が冬の雄大な富士山の姿を詠んだ「富士の白雪」(昭和49年)など日展出品の代表作をはじめ、冬から春への季節の変化を書いた華邨の作品を一堂にお楽しみいただきました。

   平成28年9月3日(土)〜平成29年1月15日(日)
  中国書法から影響を受けた
日本の漢字書家
―碑学派、帖学派とその周辺―


前 期  9月3日(土)〜11月6日(日)
後 期  11月12日(土)〜1月15日(日)
  「東アジア文化都市2016奈良市」に協賛し、「中国書法から影響を受けた日本の漢字書家」展を開催いたしました。日本の書文化は文字伝来の時代から、常に中国書法の影響を受け発達してきました。本展では、中国書法の影響を受けた現代書壇を代表する物故漢字作家の作品を一堂に集め紹介します。帖学や碑学と言った立場の違いはあっても、書の源流を中国書法の求め、多大な影響を受けている日本の書を再認識することで、東アジアの書文化の振興と文化交流の一助となれば幸いに存じます。

   平成28年7月23日(土)〜8月28日(日)
  華邨が書く茂吉の歌
  本展では、奈良市杉岡華邨書道美術館の収蔵作品より斎藤茂吉の歌を書いた杉岡華邨作品を紹介。
華邨は故郷への想いを込めて詠んだ茂吉の歌に感動し作品制作のきっかけとしました。代表作である「最上川」は、中路融人画伯との合作で、ゆったりと流れる散らしが最上川の豊かな流れと絶妙の調和をみせる、華邨の本領が発揮された作品です。また、華邨の故郷に近い伯母峰峠を詠んだ「伯母峰」(平成10年)など、華邨の多彩な作品をお楽しみください。

   平成28年4月23日(土)〜7月18日(祝・月)
  謙慎の書B 青山杉雨の門流―

樽本樹邨と轟友会選抜展


 
関東を中心に活躍する謙慎書道会について紹介するシリーズの第3回展で、一作一面貌と評される多様な作品により書のモダニズムを現出させた文化勲章受章者の青山杉雨の門流に注目します。青山杉雨を師とする日本芸術院賞受賞者の樽本樹邨氏と、氏が会長を務める轟友会の19人の作家の作品を一堂に紹介。

   平成28年1月23日(土)〜4月17日(日)
  杉岡華邨の世界
―様式の完成と書美開花の時代―


  当館収蔵の杉岡華邨作品より昭和37年から平成元年を中心に展示します。これは華邨が49歳から76歳までの期間で、2度の日展特選を受賞した後、自らが求める美を積極的に模索し始めた華邨が、独自の造形理論の原型を作り上げ、生涯を代表する多くの作品を制作し、日本芸術院会員に就任するまでの時代です。日展文部大臣賞受賞作「酒徳」(昭和53年)をはじめ、師の日比野五鳳からも激賞された「呼子鳥」(昭和57年)など、華邨が作家として最も成長し、充実した活動を行った時代の作品を一堂に紹介。

   平成27年10月10日(土)〜平成28年1月17日(日)
  近現代かな書の流れA

大字かなの先覚者


前期 10月10日(土)〜11月23日(祝・月)
後期 11月25日(水)〜1月17日(日)   
  近現代かな書の流れを検証するシリーズの第2回展。大字かなを全国に普及させるために活躍した七人の作家、いわゆる「大字かな運動の七人の侍」を紹介します。

出展作家
安東聖空・田中塊堂・内田鶴雲・桑田笹舟・日比野五鳳・
谷辺橘南・宮本竹逕 (敬称略・生年順)

  平成27年7月18日(土)〜10月4日(日)
  開館15周年記念特別展

杉岡華邨の全貌

―公募による代表作展示と書斎の特別公開―

  本年8月4日に奈良市杉岡華邨書道美術館は開館15周年記念となりました。本展では、書道愛好者および一般の方々からのアンケートにより選ばれた華邨作品を一堂に展示します。また、杉岡華邨の書斎の一部を公開(期間7/18〜8/16)い、ご覧いただきました。

<書斎特別公開>
平成27年7月18日(土)〜8月16日(日)

  平成27年4月18日(土)〜平成27年7月12日(日)
  謙慎の書A青山杉雨の門流−

梅原清山と寄鶴文社選抜展

  関東を中心に活躍する謙慎書道会について紹介するシリーズの第2回目で、一作一面貌と評される多様な作品により書のモダニズムを現出させた文化勲章受章者の青山杉雨の門流に注目します。青山杉雨を師とする日本芸術院賞受賞者の梅原清山氏と、氏が顧問を務める寄鶴文社の21人の作家の作品を一堂に紹介しました。


    平成27年1月17日(土)〜平成27年4月12日(日)
春を寿(ことほ)

-杉岡華邨の書-

新春から春の和歌や俳句を題材にした杉岡華邨作品を紹介しました。艶やかな線が美しい日展初入選作「はるの田」、かな書を蝋結染で着物のデザインに生かした「春光」、良寛の純粋な歌を大らかに書いた「春を喜ぶ」など、華邨のかな書の世界を紹介しました。


   平成26年10月4日(土)〜平成27年1月12日(月・祝)
  秋季企画展展

入江泰吉と杉岡華邨

-写真と書で綴る會津八一の世界-

  奈良・大和路を撮影したことで知られる写真家・入江泰N(明治38年−平成4年)と、かな書の第一人者・杉岡華邨(大正2年-平成24年)による初の合同展。奈良を愛した歌人・會津八一の詩歌を題材に、入江泰Mが撮影した写真と杉岡華邨が書いた書を一堂に紹介。同時に、奈良市写真美術館で万葉集を主題とした「写真と書で綴る万葉の世界」展を開催。


 平成26年7月19日(土)〜平成26年9月28日(日)
夏季館蔵品展

夏によせて

-杉岡華邨の書-

本展では、夏の和歌や俳句を題材とした杉岡華邨作品を中心に紹介。出展作品はアララギ派の歌人、ホトトギスの俳人によるものをはじめ多岐にわたり、蝉の声や夕顔の花、入道雲など日本の夏の自然を彷彿とさせる情景を、杉岡華邨の書を通して感じて頂ければ幸いです。


 平成26年4月19日(土)〜平成26年7月13日(日)

近現代かな書の流れ@
上代様からの再出発

≪ 特別公開 ≫
田中親美・久能寺経複本
4/19〜29
明治から平成にかけてのかな書の変遷を数回に分けて検証するシリーズの第1回展。ながらく御家流を筆頭とする流派書道が中心だったかな書が、明治維新を経て明治中期になり、伝統的日本文化が見直される中、平安中期に完成した「上代様かな」を範とする新たな動きが始まります。本展では、上代様を復活さえ、古筆学の研究と古筆資料の普及し世に広めた先駆者たちを紹介。


 平成26年1月25日(土)〜平成26年4月13日(日)


華邨の書

-現代書道二十人展出品作より-
杉岡華邨は昭和61年から平成12年の15年間、現代書道二十人展に出展していました。それは華邨が自らの書風を開花し円熟させていった時代であり、書壇を代表する巨匠作家から大いに刺激を受けると共に、自らの書的地盤の豊かさと作風の多様性を自由に示すことが出来る格好の場でした。本展では、華邨が現代書道二十人展で発表した作品の数々をご紹介。




  平成25年10月19日(土)〜平成26年1月19日(日)  
 

謙慎の書@ 西川寧の門流

新井光風と猗園文会選抜展

  関東を中心に活動され全国最大規模を誇る謙慎書道会より、書家として初の文化勲章を受章された昭和を代表する書の巨人・西川寧の門流に注目し、新井光風を中心に猗園文会から選抜された先生方の作品を紹介。




平成25年7〜9月
「かな書の美-杉岡華邨の世界-」展
奈良市杉岡華邨書道美術館の収蔵庫棟増築工事に伴う臨時休館期間に、なら工藝館にて杉岡華邨作品展を開催します。華邨が多くの作品で用いた万葉集や良寛、会津八一の歌に注目し、3期にわたって紹介する展覧会。

  第1期 万葉を書く
     平成25年7月10日(水)〜19日(金)
  第2期 良寛を書く
     平成25年8月14日(水)〜25日(日)
  第3期 会津八一を書く
     平成25年9月11日(水)〜23日(祝・月)
会  場
 
 なら工藝館ギャラリー阿字万字(あぜまめ)
  奈良市阿字万字町1番地の1 


平成25年4月20日(土)〜平成25年6月30日(日)
追悼 生誕100年

杉岡華邨展 選抜展
平成25年2月、3月に東京・大阪で開催された「追悼 生誕100年 杉岡華邨展」より選抜した作品を、華邨が生まれ育ち、作品制作の場とした奈良でご紹介。文化功労者で日本画家の中路融人先生との合作6点や着物に書かれた作品が一堂に展観される大変貴重な展覧会。

平成25年1月19日(土)〜平成25年4月14日(日)
新収蔵作品特別展

華邨の書-晩年の作品を中心に-
本展では、今回新たにご遺族から奈良市へ寄贈された51点の杉岡華邨作品と、開館記念特別展(平成1214年開催)以降に収蔵された作品を合わせた112点の中から、華邨晩年の作品を中心に選びご紹介します。華邨最晩年の作品は一見平明でありながら、緻密に組み立てたてられた造型理論に基づき、全身全霊を込めて書かれた線はますます深みを増していきました。生涯現役を貫き通した華邨の命の宿る書を紹介。

平成24年10月6日(土)〜平成25年1月14日(祝・月)
杉岡華邨追悼 華邨と同時代の作家展
華邨が自身の書風を開花させ円熟純化させていった時代に当たる、現代書道二十人展に出展した昭和61年から平成12年の15年間に焦点を当て、華邨と共に同展で作品を発表していた作家を紹介します。華邨が作家として最も活躍した時期の日本書壇を総覧し、現代書壇の礎を築き牽引してきた書家たちの偉業を顕彰しその時代性を振り返り紹介。

平成24年7月21日(土)〜平成24年9月30日(日)
杉岡華邨追悼 私が選ぶ代表作品展
書だけでなく美術芸術分野の第一線で活躍されている研究者、評論家の先生方に、それぞれの視点でお選びいただいた杉岡華邨の代表作を中心に紹介。

【作品選定者】
  島谷弘幸先生(東京国立博物館副館長)
  西嶋慎一先生(書道文化研究家)
  小野寺啓治先生(美術評論家)
  田宮文平先生(美術評論家)


平成24年4月21日(土)〜平成24年7月16日(月・祝)
古谷蒼韻と興朋会選抜展
現代書壇を代表する漢字作家で、文化功労者であり日本芸術院会員の古谷蒼韻氏と、氏が会長を務める興朋会の代表的な作家の作品を紹介。

平成24年1月21日(土)〜平成24年4月15日(日)

親しみやすいかな
―杉岡華邨の書の世界―



奈良市杉岡華邨書道美術館収蔵の杉岡華邨作品の中から、変体がなや連綿が少なく読みやすい作品や、近代、現代の歌や言葉を題材にした作品など、かな書をより身近に感じて頂ける作品を中心に紹介。


平成23年10月8日(土)〜平成24年1月15日(日)

杉岡華邨と門人展



杉岡華邨は大正2年奈良県吉野郡下北山村に生まれ、平成25年3月には生誕百年を迎える現在もなお、新たな作品を生み出し続けています。
新たに寄贈された杉岡華邨作品と、華邨の意思を継承しながらも独自の書風を開拓し一層の進化発展を目指す20名の門人の作品を紹介。


平成23年7月23日(土)〜平成23年10月2日(日)

華邨の横形式-年代を追って変遷を見る-



奈良市杉岡華邨書道美術館収蔵の杉岡華邨より、横長形式の作品に焦点を当て、その作風や構成方法の変化を年代を追って紹介。


平成23年4月23日(土)〜平成23年7月18日(月・祝)

尾崎邑鵬と門人展



大正13年京都府宮津市に生まれ、広津雲仙、辻本史邑に師事し、日本芸術院賞を受賞されるなど、現代書壇を代表する巨匠としてご活躍中の尾崎邑鵬氏の作品に加え、その意思を継承しながらも独自の書風を開拓し一層の進化発展を担う30名の門人の方々の作品を一堂に紹介。


平成23年1月8日(土)〜平成23年4月17日(日)

奈良市杉岡華邨書道美術館
開館10周年記念

「華邨の書」展


奈良市杉岡華邨書道美術館開館10周年を記念し、平成12年8月から同14年3月まで開催した5期にわたる開館記念特別展を振り返る。
各展覧会より選りすぐりの作品を選抜し、杉岡華邨の代表作を一望する展覧会です。


平成22年10月16日(土)〜平成22年12月25日(土)

平城遷都1300年記念

日本代表書作家展

<第3期 関東の漢字・調和体・篆刻作家>

「日本代表書作家展」の奈良市杉岡華邨書道美術館での公開の第3期として、関東を中心に活躍する漢字・調和体・篆刻の作品を紹介。

平成22年7月31日(土)〜平成22年10月11日(月・祝)

平城遷都1300年記念

日本代表書作家展

<第2期 かな作家>

「日本代表書作家展」の奈良市杉岡華邨書道美術館での公開の第2期として、かな作家の作品を中心に紹介。

平成22年5月22日(土)〜平成22年7月25日(日)

平城遷都1300年記念

日本代表書作家展

<第1期 関西の漢字篆刻作家>

「日本代表書作家展」の奈良市杉岡華邨書道美術館での公開の第1期として、関西の漢字篆刻作家の作品を中心に紹介。

平成22年5月8日(土)〜平成22年5月16日(日)

平城遷都1300年記念

日本代表書作家展

平城遷都1300年を記念して、現代書壇を代表する102名の書家による、奈良・平城京を素材に新たに制作した作品を一堂に紹介。

  奈良市美術館(イトーヨーカドー奈良店5階)にて開催



平成22年1月23日(土)〜平成22年5月16日(日)

平城遷都1300年記念

華邨が書く 奈良・万葉のうた
平城遷都1300年を記念して、当館収蔵の杉岡華邨作品より、奈良や万葉集にちなんだ詩歌を題材として書かれたものを集めて紹介。


平成21年10月10日(土)〜平成22年1月17日(日)

個人蔵による杉岡華邨の書の世界


普段見ることができない個人が所蔵されている杉岡華邨作品を一堂に集め紹介。


平成21年7月18日(土)〜平成21年10月4日(日)


華邨が書く 俳句の散らし


当館収蔵の杉岡華邨作品から、俳句を書いた作品を中心として展示。
俳句を題材とした場合の散らしの方法を通して、杉岡華邨の散らし理論を紹介。




平成21年4月18日(土)〜平成21年7月12日(日)


甫田鵄川と門人展


奈良にゆかりのある著名な書家を紹介するとともに、その意思を継承し活躍する門人の作品を同時に展観するシリーズの第2回。
奈良県在住で日本芸術院賞受賞者の甫田鵄川先生とその門人の先生方の作品を一堂に紹介。



平成21年1月24日(土)〜平成21年4月12日(日)


「成田山書道美術館 杉岡華邨展」

帰郷展


平成20年4月から6月にかけて、千葉県の成田山書道美術館で開催された「成田山新勝寺開基一〇七〇年祭記念 杉岡華邨展」出展作品より精選した37点を紹介。杉岡華邨の60年にわたる書業から珠玉の代表作を展示。

平成20年10月11日(土)〜平成21年1月18日(日)


関西のかなC
 奈良のかな


現代かな書の中心的な潮流を築いた関西のかなを紹介するシリーズの4回目。奈良を中心に活躍する作家の作品を一堂に展示。

平成20年7月19日(土)〜平成20年10月5日(日)


日展作品にみる 華邨の書A


当館収蔵の杉岡華邨作品から、日展作品を年代順に紹介するシリーズの第2回で、昭和52年から平成11年までの作品14点を展示。

平成20年4月19日(土)〜平成20年7月13日(日)



今井凌雪と門人展


現代書壇を代表する奈良在住の書家・今井凌雪と、その意思を継承し活躍する門人の作品を紹介。

平成20年1月19日(土)〜平成20年4月13日(日)



迎春と祝賀の歌


杉岡華邨作品の中から、新年や春の訪れを祝う歌を中心に紹介。

平成19年10月6日(土)〜平成20年1月14日(月・祝)


関西のかなB
 大阪のかな


現代かな書の中心的な潮流を築いた関西のかなを紹介するシリーズの3回目。大阪を中心に活躍する作家の作品を一堂に展示。


平成19年7月14日(土)〜9月30日(日)
 


日展作品に見る 華邨の書@


当館収蔵の杉岡華邨作品から、日展作品を年代順に紹介するシリーズの第1回で、昭和52年までの作品を展示。

平成19年4月21日(土)〜7月8日(日)


南都諸大寺名僧墨蹟展A


奈良を代表する諸寺(元興寺・興福寺・西大寺・大安寺・唐招提寺・東大寺・法隆寺・薬師寺(五十音順))で、現在ご活躍中の高僧の書を展示。


平成19年1月20日(土)〜4月15日(日)


華邨の帖・巻子に見る
細字の世界

帖・巻子・冊子など机上作品を通して杉岡華邨の初期細字作品を一望する展覧会。

平成18年10月7日(土)〜平成19年1月14日(日)

関西のかなA  
神戸のかな

現代かな書の中心的な潮流を作った関西のかな、その中から神戸を中心に活躍した作家の作品を紹介。

出品作家
 安東聖空 池内艸舟 石井梅僊 井茂圭洞
 岩永栖邨 内田鶴雲 榎倉香邨 大西きくゑ
 岡田秋翠 岡田直樹 小沢神魚 勝瀬景流
 黒田賢一 桑田笹舟 桑田三舟 小林章郎
 小山素洞 高木聖鶴 田頭一舟 坪井正庵
 出口草露 寺岡棠舟 中村龍石 中室水穂
 西谷卯木 畑林畊陽 林 春月 舟尾圭碩
 法元康州 光宗道子 宮重小蘭 深山龍洞
 村上俄山 森川星葉 山口南艸 山下荻舟
 山根亙清 山本御舟 横山煌平(50音順・敬称略)

平成18年7月29日(土)〜平成18年10月1日(日)


華邨の半切
−年代を追って変遷を見る−

 杉岡華邨作品の中から半切縦作品を集め、年代順に展示することにより、時と共に完成、純化していく杉岡華邨の大字かな作品をお楽しみ頂きます。


平成18年4月22日(土)〜平成18年7月23日(日)


日本芸術院賞受賞作品展

 芸術家に対する国内最高の賞である日本芸術院賞受賞作品の中から現在活躍されている書家の作品を集め展覧しました。



平成18年1月21日(土)〜平成18年4月16日(日)

華邨の書
−古筆の散らしに学ぶ−

杉岡華邨が分類した寸松庵色紙の散らしの形式、高低式、逓下式、混合式の3つの基本形と、左右分裂式、対角線分裂式、上下分裂式、虚実分裂式の4つの応用形と、継色紙における逆形式を加えた8つの分類、この分類にそって杉岡華邨作品を展示しました。

平成17年10月8日(土)〜平成18年1月15日(日)

関西のかな@ 近現代の京都のかな

併催
華邨の大字-年代を追って変遷を見る-
京都を代表する近・現代のかな書家の作品を一堂に紹介しました。

【出品作家】
山本行範・吉沢義則・出雲路敬通・中野越南・日比野五鳳・谷邊橘南・玉城紅竹・上嶋茂堂・浅井素堂・川島鳳村・後藤西香・堤 雅鳳・島田雨城・日比野光鳳・ 池田桂鳳・秋田素鳳・土橋靖子・日比野 実 (生年順・敬称略)

平成17年4月16日(月)〜10月2日(日)

まちに眠る名品展@
-松井茂雄コレクション-

第1期 漢字・かな   4月16日(土)〜5月29日(日)
第2期 漢字1      6月 3日(金)〜7月10日(日)
併  催
華邨の細字―年代を追って変遷を見る―
第3期 漢字2    7月15日(金)〜8月21日(日)
第4期 かな     8月26日(金)〜10月2日(日)
併  催
華邨の中字―年代を追って変遷を見る―
 古来より墨や筆など書関係の産業が盛んな奈良市内には、個人所蔵の貴重な書作品が多数あります。
 シリーズの第1回目となる企画展「まちに眠る名品展@−松井茂雄コレクション−」では、奈良の製墨会社竃n運堂様にご協力をいただき開催致します。先代の取締役社長の松井茂雄氏は書家との親交が厚く、数多くの書作品を収集されました。そのコレクションの中から、一部を紹介しました。




平成17年1月22日(土)〜4月10日(日)

生活を彩る書美

-着物や屏風を中心に-
生活の中の書に焦点を当て、着物や屏風などの作品を多数公開しました。

平成16年10月9日(土)〜平成17年1月16日(日)

関東女流かな五人展

併催
杉岡華邨の書業
-細字を中心として-

関東かな書壇を代表してきた女流作家、熊谷恒子・大石隆子・堀桂琴・森田竹華・筒井敬玉(生年順)の作品を集めた展覧会。

平成16年7月24日(土)〜10月3日(日)

新収蔵作品を中心とした華邨展
開館5年目を迎え、新たにご寄附頂いた収蔵作品や当館では未公開の作品を中心に、過去の代表作とともに紹介する杉岡華邨作品展。

平成16年4月17日(土)〜7月19日(月)

南都諸大寺名僧墨蹟展

併催 
華邨が書く 八一と大和のうた
元興寺(極楽坊・塔跡)・興福寺・西大寺・大安寺・唐招提寺・東大寺・法隆寺・薬師寺(五十音順)の近・現代の著名な僧侶の書を集め紹介します。

平成16年1月24日(土)〜4月11日(日)

華邨の書の歩み(3)

−円熟純化の時代−

杉岡華邨作品の変遷を3期にわたって紹介する第3回目。平成元年(76歳)から現在までの作品を紹介します。

平成15年10月12日(日)〜平成16年1月18日(日)
柴舟・五鳳・華邨 かな三人展

併催
華邨の書の歩み(2)
表現開花の時代
一時代を作ったかなの巨匠、尾上柴舟・日比野五鳳、二人から教えを受けた杉岡華邨。この三人の作品を一堂に集める。

平成15年7月26日(土)〜10月5日(日)
華邨の書の歩み(1)

―初期作品から様式の完成まで―
杉岡華邨作品の変遷を3期にわたって紹介する第1回目。
日展初入選作「はるの田」を始め、日展特選作「香具山」「鹿」、初期の頂点を示す「大和三山」「みほとけ」など、63歳に至る50点余りを展示。

平成15年4月20日(日)〜7月21日(祝)


奈良県実力作家展

併催館蔵品展 「華邨が書く 春から夏へ」
 奈良県代表作家展に続き、奈良県在住で昭和生まれの、現在活躍著しい書家の作品を一堂に集めた展覧会。

 出品作家
天野靜代 佐伯華水 杉山玉翠 中川裕晧 中野南風 中村象谷 西橋香峰 新谷泰鵬 藤岡都逕 豊 散山  松塚玲糸 三岡天邑 宮崎葵光 森嶋隆鳳 森田彦七 安原山遥 山本高邨 吉川美恵子
         (五十音順・順不同)


平成15年1月7日(火)〜4月13日(日)
華邨が書く  冬から春へ
 杉岡華邨作品から冬から春にかけて、季節を感じさせる作品を集めた展覧会。

平成14年10月5日(土)〜12月23日(月)

奈良県代表作家展

併催館蔵品展
「杉岡華邨 秋を書く」


奈良にゆかりの深い大正から平成の書家から活躍著しい方々の作品を一堂に集めた展覧会。 

平成14年6月29日(土)〜9月29日(日)

良寛に魅せられて

−華邨が書く良寛の詩歌−
 禅僧にして歌人であった良寛は、その慈愛に満ちた詩歌や書により、多くの人を魅了し続ており、杉岡華邨もまた良寛を思慕する者の一人である。
 杉岡華邨作品より良寛の詩歌を題材としたものを集めた展覧会。



平成14年4月3日(水)〜6月23日(日)

文化勲章受章作家展
新しい書美を開拓した五人の書家


併催館蔵品展
「杉岡華邨 春を書く」

書の分野で文化勲章を受章された五人の作家、西川寧・金子鴎亭・青山杉雨・村上三島・杉岡華邨の作品を一堂に集めた展覧会。

(注) 金子鴎亭先生の「鴎」は「メ」ではなく「品」が正しい文字ですが、インターネット上では再現できませんので、略字体の「鴎」で記載させていただきます。

平成13年12月1日(土)〜平成14年3月24日(日)
心の書
―華邨の中字大字―
 書家・杉岡華邨が長年にわたり築き上げてきた、人間としての思想性を託した中字・大字の作品を中心とした展覧会。

平成13年8月4日(土)〜11月25日(日)
かなの雅
−華邨の細字−
 かな書の中でも流麗にして繊細な筆致が特徴である細字。その中でも特に優美で雅趣に富むと評される、杉岡華邨先生の細字作品を中心とした展覧会。

平成13年4月3日(火)〜7月29日(日)
大和のうた 万葉の歌
 万葉集や会津八一など、奈良・大和に関わる古今の歌を題材とした作品を集めた展覧会。

平成12年12月1日(金)〜平成13年3月25日(日)
かな書の美・散らしの世界
 かな書の独特な空間美を演出する「散らし」。様々な散らしの作品を集め、その美しさに注目した展覧会。

平成12年8月4日(土)〜11月26日(日)

代表作に見る
華邨六十年の歩み


 杉岡華邨先生の六十年にわたる書作家としての業績を網羅した、各時代ごとの代表作を集めた展覧会。